【医師監修】子供にも安心!市販の咳止め3選

かかりつけの小児科がお休みの日や診療していない時間(夜)になると、子供がゴホゴホと風邪を引いていることに気がつくことありませんか?

咳き込んで辛そうにしている子供を見ると「すぐに咳を止めてあげたい」と誰でも思うでしょう。
そこでドラッグストアなどで購入できる市販薬の中から、お子さんでも安心して服用できるものを紹介します。

そのまえに、市販の咳止めにも幾つかの種類があることを知っていますか?
※この情報は、2017年4月時点のものです。

※この記事を読んでいただいている皆様へ

処方せんネット予約サービスの普及の為に皆様から利用したいと思う薬局をお答えいただいております。
60秒ほどのアンケートにお答えいただき、ご協力いただいた方には 全員に500円分のAmazonギフト券を必ずプレゼントさせていただいております。
(2017/12/25現在、224,000人にの方にご回答をいただいております。)
ぜひアンケートにご協力ください。

今すぐアンケートに答える>

株式会社フリービットEPARKヘルスケア一同

1.市販の咳止めの種類:子供に飲ませるべき薬とは?

①コデインを含むもの(リン酸ジヒドロコデイン、リン酸コデイン)

脳の中枢に作用することで咳を鎮めるお薬です。
咳を止める作用は咳止めの中でもかなり強い部類に入ります。

ひどい咳を確実の止めたいときに短期間に使用される咳止めで、コンコンと乾いた痰のからみの少ない咳に効果的だと言われています。

 

医療用でもコデインを含むお薬は存在しますが、その添付文書(能書)には「連用により薬物依存を生じることがあるので、観察を十分に行い、慎重に投与すること。」と記載されています。

また呼吸を抑制することがあるので注意が必要なお薬です。勿論、市販の咳止め薬を長い間飲ませるわけではないものの、小さいお子さんに飲ませるには強すぎるお薬だと私は考えます。

 

②コデインを含まないもの(デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物)

脳の中枢に作用することで咳を鎮めるお薬です。

 

コデインを含むものよりも作用はマイルドでバランスが良いと言えます。コデイン同様にコンコンと乾いた痰のからみの少ない咳に効果的と言われています。
服用により眠気を感じることがあるので注意が必要です。デキストロメトルファンは病院でも処方されることがあるお薬で「メジコン」という商品名等で販売されています。

③植物エキス系

「キキョウエキス」や「ナンテンジツエキス」といったように「○○エキス」という名前で他の咳止めに配合されていたり、植物のエキスだけ複数配合されたシロップ剤もあります。3種類の中では一番マイルドで安心して飲めますが、成分によっては苦みを感じるものもあります。

 

※※

コデイン系の咳止めは他の咳止めと比べてよく効きますが、先ほど説明した通り小さいお子さんに飲ませるにはちょっと強すぎると言えます。
だからこそ、小さいお子さんに咳止めとして飲ませるのであれば、コデインを含まない商品の中から選んであげてほしいのです。

 

市販の咳止め薬によく含まれているその他の成分

1章で説明した3種類の咳止め以外にも咳止め薬に含まれている成分があります。

直接的に咳を止めるというよりも、痰の絡みをとることで痰を出そうとして咳き込む咳を出にくくしたり、気管支を広げることで咳をしている時の息苦しさを改善するような補助的なお薬です。

 

以下の3つの成分は比較的どの咳止めにも含まれており、昔から使われているので安心して服用できます。

 

dl-メチルエフェドリン塩酸塩
交感神経を刺激することによって気道をひろげてくれます。

咳き込みが続くと息苦しさを感じることがあるかと思いますが、そういった息苦しさを楽にしてくれます。子供のかぜを含め、咳の治療に広く使用されています(医学的妥当性については諸説あります)。弱いながら抗アレルギー作用があるので、蕁麻疹や湿疹の症状も抑えます。

 

グアイフェネシン
気道分泌物の量を増加させることで痰を薄め、痰の粘度(ネバネバする度合い)を下げ出しやすくします。副作用はほとんどないと言っていいほど安全なお薬です。

 

クロルフェニラミンマレイン酸塩
アレルギー性の咳を鎮めるほか、くしゃみや鼻汁などの鼻炎症状、皮膚のかゆみや目の炎症などアレルギー症状全般を抑える目的で市販薬に含まれます。咳止め薬だけでなく鼻炎薬や風邪薬に幅広く含まれる成分です。また、中枢や内耳の自律神経の作用を抑え作用もあるので乗り物酔い防止として使われることもあります。中枢に作用するために眠気や注意力の低下が起こることがあるので注意が必要です。

スマホえんきん

2.小さなお子さんに安心して飲ませることが出来る咳止め3選

咳止め(シロップ・液)のうち「3か月以上で服用可能」「コデインを含まない(コデインフリー)」もので、かつ飲みやすさに工夫がされているお薬をご紹介します。

①宇津こどもせきどめシロップA(第2類医薬品)

発売元:宇津救命丸
特徴:のみやすいイチゴ味のせきどめ
ノンシュガー・ノンカフェイン・ノンコデイン

【有効成分】
デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物
dl-メチルエフェドリン塩酸塩
グアイフェネシン
d-クロルフェニラミンマレイン酸塩
ナンテンジツエキス (原生薬換算量) 109mg(600mg) せきをしずめる生薬成分です
キキョウエキス (原生薬換算量) 40mg(400mg) せきをしずめ、たんを出しやすくする生薬成分です

3ヵ月未満:服用できません

②キッズバファリンせきどめシロップS いちご味120mL (第2類医薬品)

販売元:ライオン

特徴:いちご味のシロップです。鎮咳剤(せきをしずめる)、去痰剤(たんのきれをよくする)の有効成分と自然の生薬がせきやたんを緩和します。お子さまの大切な眠りをさまたげない、ノンカフェイン処方です。コデイン(麻薬成分)を含んでいません。

【有効成分】
デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物
dl-メチルエフェドリン塩酸塩
グアイフェネシン
キキョウ流エキス(原生薬換算量660mg) 0.66ml
セネガ流エキス(原生薬換算量660mg) 0.66ml
ジフェンヒドラミン塩酸塩 30mg アレルギーによるせきをしずめます

3ヵ月未満:服用できません

③小児エフストリンシロップ120mL (第2類医薬品)

製造販売元 大昭製薬
特徴:せき、たんに効く小児用シロップ剤で子供にのみやすいイチゴ風味のシロップ剤です。

【有効成分】· デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物
グアイフェネシン
dl-メチルエフェドリン塩酸塩
クロルフェニラミンマレイン酸塩

3ヵ月未満:服用できません

3.子供に咳止めを飲ませるときの注意点

咳は気道内の分泌物や異物などを外に出すための生体の防御反応のひとつですので、むやみに強い咳止め薬で咳を止めればいいというわけではありません。

気管支喘息の発作の時には咳止めよりも気管支拡張薬や去痰薬など他のお薬を優先して使うケース、細菌の感染がある場合には咳止めだけでなく抗生剤の併用が必要なケースもあります。

だからこそ、市販の咳止めは病院を受診するまでの一時的なお薬だと思って飲ませ、出来るだけ早く小児科などのかかりつけの先生に診てもらうようにしましょう。

4.まとめ

市販の咳止めは、どうしても医療機関を受診することが出来ない時にのみ飲ませるお薬です。
お子様には、できればコデインの含まれていない咳止めシロップを選んであげてください。
年齢によって飲めないお薬もありますので、シロップを購入する際には必ず年齢・月齢を伝えてから購入するようにしましょう。

 

スマホえんきん

 

5.参考

エスエス製薬: 薬の成分ディクショナリー
南江堂:今日の治療薬2017
コデインリン酸塩散1%「タケダ」添付文書
ジヒドロコデインリン酸塩酸1%「タケダ」添付文書

 

医師監修

咳止めシロップは子どもが飲んでも安心?咳止め成分の効果や注意点を解説

医師:子煩悩神経内科医
2018.05.18
くすり
執筆
薬剤師:薬剤師 ときどき父
この執筆者の記事をもっと見る