排便時に血が出たら切れ痔かも。痛くてつらい、切れ痔の原因とは?

排便時にお尻から血が出るとドキッとしてしまいますよね。血といっても分かりやすく便が真っ赤になるわけではありません。トイレットペーパーに付着したり、トイレの水が赤くなるくらい出血があったりと症状は色々です。

今回は、切れ痔が原因でお尻から血が出たときの症状について説明をします。
※この情報は、2017年12月時点のものです。

※この記事を読んでいただいている皆様へ

処方せんネット予約サービスの普及の為に皆様から利用したいと思う薬局をお答えいただいております。
60秒ほどのアンケートにお答えいただき、ご協力いただいた方には 全員に500円分のAmazonギフト券を必ずプレゼントさせていただいております。
(2017/12/25現在、224,000人にの方にご回答をいただいております。)
ぜひアンケートにご協力ください。

今すぐアンケートに答える>

株式会社フリービットEPARKヘルスケア一同

1.排便時にトイレットペーパーに血が付く・・・これは切れ痔?

1-1. 切れ痔の症状・特徴

切れ痔とは肛門付近の皮膚(肛門上皮)が裂けた状態のことを指します。直腸の粘膜は痛覚神経がなく、たとえ傷ついたとしても痛みはありません。しかし肛門上皮には痛覚神経が存在するため、痛みを感じることが特徴です。

 

切れ痔は肛門上皮が裂けているために排便時に出血をします。しかし出血はごく少量で、便にはあまり付着しないため見た目ではわかりません。一方でお尻を拭いたトイレットペーパーには付着するため、確認することができます。

 

肛門上皮には痛覚神経が通っているため、切れ痔の場合、排便時に痛みを感じます。排便時だけではなくその後もしばらく続きます。基本的に大なり小なり痛みを感じることがほとんどですが、稀に痛みを感じない人もいます。

 

1-2. 女性に切れ痔が多い理由は便秘が原因?!

切れ痔は20代から40代の女性に多い痔です。便秘した状態になると便の中の水分がどんどん少なくなり、硬い状態になります。硬い便を排便すると肛門上皮が裂傷を起こして、切れ痔が起こります。下痢により勢いよく排便するときも、肛門上皮に裂傷が生じることがあります。

 

若い女性は便秘になることが多いため、切れ痔は男性に比べて女性に好発します。女性に便秘の多い原因は以下のような理由があります。

 

①ダイエット

ダイエットにより食事制限を行うと、食物繊維などが不足し便のかさが減少します。便はある程度の大きさがないとなかなか排泄されず、腸内に留まります。そうなると水分が少なくなっていき、どんどん硬い便となります。

 

②筋力不足

女性は男性と比べ筋力が弱く、排便をする際に力むための腹筋の力が弱いです。排泄する力自体が弱く、ダイエットなどによる便のかさの減少などが合わさるとどんどん便秘になりやすくなります。

 

③プロゲステロンの影響

女性は排卵後、再び生理が始まるまでの間、プロゲステロンというホルモンの影響が強くなります。プロゲステロンは子宮内膜などに働きかけ、妊娠の準備をするためのホルモンですが、同時に腸のぜん動運動の働きを抑制します。ぜん動運動とは便を肛門のほうに押し出す腸の運動のことで、この働きが弱いと便が腸の中に留まりやすくなります。

 

これらの理由により女性は便秘になりやすく、結果として便が硬くなり切れ痔になりやすくなります。

 

1-3. 切れ痔の原因となる便秘の予防策

このような理由による便秘を防ぐために有効なものをいくつか紹介します。

 

①発酵食品の摂取

発酵食品は腸内環境を改善させます。腸内環境がよい状態になると、ぜん動運動が活発になり便を排泄しやすくなります。

 

②オリゴ糖の摂取

オリゴ糖は腸内に生息する善玉菌を増やす作用があります。善玉菌は酢酸や乳酸などの酸を作り出し、腸壁を刺激することでぜん動運動を活発にする働きがあります。

 

③水分の摂取

便は硬くなればなるほど排泄しづらくなり、切れ痔の原因にもなりやすくなります。水分をしっかり摂ることで便をある程度柔らかくし、排泄しやすくする効果が望めます。1日に1.5Lほどを目安にこまめに水分補給しましょう。

 

④ウォーキング

背筋をピッと立ててウォーキングをすると腹筋の強化に繋がります。同時に上下の振動により便を肛門のほうへ押し出す働きもあるので、便秘の解消に効果的です。

 

便秘と切れ痔は密接な関係があります。便秘で悩んでいる人は切れ痔にもなりやすいため、意識して便秘を改善させるようにしましょう。

 

※便通改善には、以下のサプリがおすすめです。
 快腸サポート

3.切れ痔ではどんな治療が行われる?

切れ痔の治療はそのほとんどが軟膏を用いた薬物治療です。軟便剤を使用することもあります。処方されるのは強力ポステリザン軟膏というものが多く、切れ痔部分に細菌が感染するのを防いだり、炎症を抑えたりする働きがあります。

切れ痔を放置してしまい、イボやポリープができてしまったり肛門狭窄が起きた場合は手術をする必要があることもあります。肛門拡張術や皮膚移植術のような外科的手術が必要になることがありますが、1時間もしないうちに終了するため日帰りで治療を受けることができます。

 

 

4.切れ痔以外に注意すべき病気の原因・症状

4-1. 排便時に真っ赤な出血が・・・これはどんな病気?

排便時に真っ赤な出血がある場合、いぼ痔(内痔核)の可能性が高いです。出血の程度は症状の度合いによって様々ですが、驚くほど大量に出血することもあります。

いぼ痔は、肛門の中にできる痔で、粘膜にできるため痛みはありません。ただし、症状が進むと肛門内のいぼ痔が肛門外に出てきて痛みを感じることもあります。

 

排便時に力を入れすぎることで負荷がかかり、いぼ痔が発生します。いぼ痔が肛門外に出てこない出血だけの初期段階のうちに医療機関で診察を受け、症状が進行しないように早めに治してしまうとよいでしょう。

 

いぼ痔自体は命の危険のあるものではありませんが、排便時の出血はいぼ痔だけではなくほかの病気の可能性もあります。中には致命的な病気の可能性もあるので、排便時の出血を確認したらすぐに医療機関に行くようにしてください。

 

4-2. 便の色が黒い・・・これはどんな病気?

便の色が黒い場合、胃や十二指腸などの消化器から出血が生じている場合はあります。胃潰瘍や十二指腸潰瘍ならばともかく、最悪の場合胃がんなどの可能性もあります。例えばイカスミやワインなどを食べすぎたとき、飲みすぎたときには便が黒くなることもあります。しかし黒い便が続くときは消化器からの出血の可能性が高いため、早急に医療機関に行くようにしましょう。

 

最悪の可能性はがんですが、現在ではほとんどのがんで早期発見できれば予後が非常に良好となっています。早期発見・早期治療をするために重要なことは、いかに自分で異常に気づけるか、そしてきちんと定期的に健診を受けているかです。

 

特に便が黒い状態は異常として顕著なため気づきやすいです。1年に1回受ける健康診断とともに、毎日の便のチェックも重要視してきちんと行うようにしましょう。

 

5.まとめ

切れ痔は女性に多い痔です。便秘などにより便が硬くなると、排便時に肛門上皮に負担が掛かり裂傷が生じます。これが切れ痔の原因です。便秘と切れ痔は密接な関係があるため、便秘に悩んでいる人は切れ痔にならないように便秘の改善をしましょう。

切れ痔の出血がトイレットペーパーに軽く付着する程度なのに対して、しっかりと目視できるくらいに便とともに出血が起きるのはいぼ痔の可能性が高くなります。いぼ痔は肛門の内側に痔が発生し、排便時に出血が生じます。症状が進行すると、肛門内部のいぼが肛門外に出てくるので、なるべく早めに治療しましょう。

便が黒い場合は胃や十二指腸で出血が起こっている可能性があります。胃潰瘍、十二指腸潰瘍などのほか、がんの可能性もあるため、早急に医療機関で診察を受けるようにしましょう。毎日の排便のチェックは思っている以上に重要です。ぜひ習慣化してください。

 

医師執筆

お尻から出血がみられたら切れ痔かも。切れ痔の症状と原因を解説

医師:大見貴秀
2017.12.26
病気

 

※便通改善には、以下のサプリがおすすめです。
 快腸サポート
執筆
医師:大見貴秀
この執筆者の記事をもっと見る