いぼ痔は自然治癒する?病院に行くべきかどうかの判断基準を解説

いぼ痔は日本人の中で一番多い痔です。痔はやはり人にいうのが恥ずかしいですよね。放っておいて治せるものなら治してしまいたいものです。

いぼ痔は放っておいても自然治癒するものなのでしょうか?それとも病院で診察を受けたほうがよいものなのでしょうか?

今回は、どの程度のいぼ痔はセルフケアで対処できて、どの程度からのいぼ痔は病院での治療が必要になるかについて詳しく解説していきます。
※この情報は、2018年1月時点のものです。

※この記事を読んでいただいている皆様へ

処方せんネット予約サービスの普及の為に皆様から利用したいと思う薬局をお答えいただいております。
60秒ほどのアンケートにお答えいただき、ご協力いただいた方には 全員に300円分のAmazonギフト券を必ずプレゼントさせていただいております。
(2017/12/25現在、224,000人にの方にご回答をいただいております。)
ぜひアンケートにご協力ください。

今すぐアンケートに答える>

株式会社フリービットEPARKヘルスケア一同

1.いぼ痔の症状とは

いぼ痔は肛門にいぼのようなものができた状態です。このいぼのことを「痔核」といいます。いぼ痔は日本人の中で最も多い痔で、密かに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。直腸の粘膜と肛門の皮膚の境目のことを歯状線と言います。この歯状線の内側(直腸粘膜部)にできるか、外側(肛門の皮膚)にできるかでいぼ痔の名称は異なります。

 

内側にできるいぼ痔は「内痔核」と呼びます。粘膜に痔核が生じますが、粘膜には痛みを感じる神経がないため、痛みを生じないことが特徴です。ただし内痔核は出血量が比較的多くなります。排便時に出血を生じ、軽くトイレットペーパーに付着する程度から便器が真っ赤になってしまうくらいまで出血することもあります。粘膜に生じた痔核が排便時に肛門の外まで出てくることもあり、症状が進むと出たままにもなります。

 

外側にできるいぼ痔は「外痔核」と呼びます。肛門の皮膚に痔核が生じます。肛門の皮膚には痛みを感じる神経があるため、痛みを生じます。一方で内痔核とは異なり、出血することはあまりありません。

 

内痔核、外痔核ともに肛門に負担が生じることで発生します。排便時にいきんだり、便秘や下痢気味だったり、アルコールを多く摂取したり、野菜をあまり食べなかったり、このような理由により肛門に負担が生じるとうっ血し腫れが生じることで痔核となります。

 

 

※便通改善には、以下のサプリがおすすめです。
快腸サポート

 

2.軽度のいぼ痔ならば市販薬でも対処可能

外痔核は肛門の外側にあるため、症状の進行は痔核が大きくなることと、それに伴う痛みや出血の増大です。比較的治療をしやすい、いぼ痔でもあります。内痔核は肛門の内側にあるため、治療がしづらく、症状の進行に応じていくつかのステージに分かれています。

 

内痔核のステージ① 1度

排便時に多少の出血が生じます。痛みはほとんどありません。

 

内痔核のステージ② 2度

内痔核が排便時に肛門の外に出てしまいます。時間がたてば元通りになります。

 

内痔核のステージ③ 3度

内痔核が排便時に肛門の外に出てしまい、時間経過で元に戻りません。元に戻すには指で押し込む必要があります。

 

内痔核のステージ④ 4度

内痔核が常に肛門の外に出てしまっています。

 

外痔核ならば小さめのもの、内痔核ならばステージ2度まではセルフケアでも治療することができます。肛門に負担をかけないような生活習慣を送ることはもちろん、市販薬も有効です。

 

軟膏や座薬などいぼ痔の治療のための市販薬はさまざまなものが販売されています。ほとんどは血流を改善しうっ血を解消し、痔核を治療するものです。中には痛みを止めたり炎症を抑えたりする成分が含まれているものもあります。

 

座薬は内痔核の治療に用いられ、軟膏は外痔核の治療に用いられます。

 

3.放置するといぼ痔が進行してしまうことも

いぼ痔は内痔核、外痔核ともに小さかったり気にならなかったりするからといって放置すると症状が進行することがあります。外痔核は一概には言えませんが、内痔核で言えばできるだけステージ1度、もしくは2度の段階で治療してしまいたいものです。

 

この段階ならば生活習慣の改善と市販薬によるセルフケアで治療することができます。しかし放置してしまった結果、外痔核が大きくなりすぎたり内痔核が3度や4度になってしまったりすると医療機関での治療が必要となります。

 

4.いぼ痔で病院に行く目安

内痔核ならばステージ3度、つまり排便時に出てきた痔核が自然に元に戻らなくなったなら、外痔核ならばセルフケアをしているのになかなか治らなかったり、痔核によりおしりに不快感が生じたりしたら病院で診察を受ける目安となります。

 

4-1. 何科を受診すべきか?

病院で行ういぼ痔の治療は、切除によるものが一般的です。例えば、糸で縛り切除する痔核結紮術(じかくけっさつじゅつ)などがあります。

切除によるいぼ痔治療は内痔核、外痔核どちらにも適用することができます。また近年では内痔核の治療にALTA療法というものが一般的になっています。ジオンという自覚を小さくする薬剤を直接注射することにより、治療するものです。

 

切開する必要がないため、身体への負担が少ないことが特徴です。ただしこの治療法は外痔核の治療には用いられません。

 

※便通改善には、以下のサプリがおすすめです。
快腸サポート

5.まとめ

いぼ痔は病院に行けばしっかりと治すことができます。しかし病院に行かなければいけないほど症状が進行する前に、セルフケアで治療をしてしまいたいものです。もともと肛門への負担の大きさからいぼ痔が生じてしまうため、肛門に負担をかけない生活をすることも重要です。

肛門に負担をかけないためには下痢や便秘を防ぎ、排便時に必要以上にいきまず、きちんと入浴をしておしりの血流を高めることが重要です。

 

医師執筆

【排便時に出血が・・・】いぼ痔?それともほかの病気?血便の原因を解説

医師:大見貴秀
2018.01.29
病気
医師執筆

【いぼ痔の症状を解説】便に血が混じっていたらいぼ痔の可能性あり

医師:大見貴秀
2018.01.31
病気
執筆
医師:大見貴秀
この執筆者の記事をもっと見る