「非常に長い歴史を持つ解熱鎮痛剤カロナールについてまとめます」

ぺんぎん薬剤師

※この記事を読んでいただいている皆様へ

現在、「くすりの窓口」にて、処方せんネット予約サービスの普及の為に、皆様から利用したいと思う薬局をお答えいただいております。
60秒ほどのアンケートにお答えいただき、ご協力いただいた方には全員に500円分のAmazonギフトコードを必ずプレゼントさせていただいております。(2017/09/30現在、190,000人にの方にご回答をいただいております。)

ぜひアンケートにご協力ください。

今すぐアンケートに答える>

くすりの相談室運営事務局

頭が痛い・・・、熱が出てしんどい・・・。そんなときに病院でもらった解熱鎮痛剤を使用することも多いのではないのでしょうか?
病院でもらう解熱鎮痛剤には色んな種類があります。よく効くものとして知られているのはボルタレンやロキソニンかもしれませんが、カロナールという薬ももらったことがある人が多いと思います。カロナールも非常によく使われる解熱鎮痛剤なのですが、ロキソニン等とはちょっと違った特性を持っています。

今回はカロナールについてまとめてみます。
※この情報は、2017年9月時点のものです。

1.カロナール(アセトアミノフェン)の作用

1-1. カロナールはどんなときに使う?

カロナールの成分であるアセトアミノフェンは解熱鎮痛剤と呼ばれる薬の一種です。その名前の通り、熱を冷まし、痛みを緩和する効果があります。カロナールの添付文書を見てみると、医療保険上認められている効果は以下の通りです。

 

①下記の疾患並びに症状の鎮痛
頭痛,耳痛,症候性神経痛,腰痛症,筋肉痛,打撲痛,捻挫痛,月経痛,分娩後痛,がんによる疼痛,歯痛,歯科治療後の疼痛,変形性関節症

②下記疾患の解熱・鎮痛
急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)

③小児科領域における解熱・鎮痛

大きく3つに分けられていますが、簡単にまとめると、

①一般的な痛み

② 急性上気道炎による痛みや熱
小児の痛みや熱

ということになりますね。

1-2. アセトアミノフェンの働き

熱冷まし・痛み止めといえばどんな薬を思い出しますか?医療用で言えば、「ロキソニン」や「ボルタレン」。市販薬で言えば、「バファリン」や「イブ」といったところではないでしょうか?

今あげた薬は全てNSAIDs(非ステロイド性抗炎症:Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs)と呼ばれる消炎解熱鎮痛剤で、痛みの原因となる物質が作られるのを邪魔することで痛みや熱や炎症を抑える薬ですが、カロナール(アセトアミノフェン)はこれらとは異なる作用により効果を発揮します。

NSAIDsは炎症部位で痛みの元になる物質を作るCOXという酵素を阻害することで効果を発揮しますが、消化管内で粘膜を作る働きを持つCOXも阻害してしまうことで胃腸障害の原因になってしまいます。

また、ウイルス性疾患にかかっている子供にNSAIDsを使用すると脳症を起こす危険がありますが、カロナールの場合、安心して使用することが可能です。

カロナールが解熱鎮痛剤として働く仕組みですが、実はまだ詳細が解明されていません。脳内に作用することで痛みや熱が緩和される方向に働くことはわかっています。詳細が解明されていない薬というと怖いと感じる人も少なくないかもしれませんが、カロナールの成分であるアセトアミノフェンは古くから使用され続けている薬で非常に長い歴史を持ちます。
その結果、解熱鎮痛剤の中でも安心して使用できるものとして知られています。

2.カロナールの種類と使用方法

ここまでカロナールの作用について説明してきました。ここからはカロナールはどんな種類のものが販売されているか、またそれぞれの飲み方はどうなっているか、ジェネリック医薬品は存在するのかということについて解説していきます。

2-1. どんな剤型がある?

カロナールは様々な剤型で発売されています。剤型によって使える年齢が異なります。

「大人から子供まで使用できる剤型」
まず、小児から成人まで使用できる剤型として、錠剤、粉薬(細粒、原末)があります。
錠剤は「カロナール錠200」、「カロナール錠300」、「カロナール錠500」の3種類があります。
粉薬には「カロナール細粒20%」、「カロナール細粒50%」に加えて、成分であるアセトアミノフェンをそのまま粉にしたカロナール原末があります。アセトアミノフェンは苦いので薄めてある細粒は飲みやすいようオレンジ風味にしています。ですが、やはり後味に苦味を感じます。

「子供用の剤型」
さらに、小児用の剤型としてシロップと座薬があります。
シロップは「カロナールシロップ2%」。これも飲みやすいようにオレンジ風味をつけていますが苦味があります。
座薬には「カロナール坐剤小児用50」、「カロナール坐剤100」、「カロナール坐剤200」、「カロナール坐剤400」の4種類があります。

2-2. カロナールの使用量

カロナールの使用量は医療保険上、目的とする効果によって異なります。いずれの場合も空腹時は避けて何か食べてから飲む方が良いとされています。

①一般的な痛みに使う場合
成人の場合、「アセトアミノフェンとして1回300~1000mgを飲む」ようになっています。続けて飲む場合、間隔を4~6時間以上開ける必要があります。1日合計4000mgを限度として使用します。

②急性上気道炎による痛みや熱
成人の場合、「アセトアミノフェンとして1回300~500mgを飲む」ようになっています。ただ、基本的に1日2回までの使用となっており、1日合計1500mgを限度とします。

③小児の痛みや熱
乳児や小児には、「アセトアミノフェンとして体重1kgあたり1回10〜15mgの量を飲む」ようになっています。続けて飲む場合、間隔を4~6時間以上開ける必要があります。1日合計60mg/kgを限度とします。

2-3. カロナールはジェネリックなの?

カロナールをジェネリックにしたいって言われることがあるんですが、実は、カロナールの多くはすでにジェネリック医薬品なんです。

「錠剤・細粒・シロップには先発・後発の区別がない」
アセトアミノフェンを成分とする医療用医薬品の代表と言えるカロナールですが、実は錠剤、細粒、シロップはジェネリック医薬品なんです。じゃあ、先発医薬品は何なの?って話になるのですが、カロナール錠・細粒・シロップには先発医薬品は存在しません。

カロナールの成分であるアセトアミノフェンの歴史はかなり古く、1949年ごろから解熱鎮痛剤として使用されています。(発見自体はさらに古いです)カロナール(最初は錠剤)が発売されたのは1996年ですが、古くから使用されている医薬品であるため、先発・後発の区別がなくなっていました。そのため、医薬品の規制上、カロナールは後発医薬品として登録されているということになります。
以下にカロナール錠・細粒・シロップのジェネリック医薬品の一覧をまとめます。薬の値段は2年ごとに変更になりますが、これは平成28年4月1日〜平成30年3月31日のものです。

カロナール錠


カロナール細粒


カロナールシロップ

「カロナール原末・坐剤にはジェネリックがあるけど・・・」
同じカロナールでも原末と坐剤は規制上の先発医薬品になっています。が、その全てに後発医薬品があるわけでもありません。一部、ジェネリックが存在しますが、元々、値段が安いのでそこまでの差はありません。

カロナール原末


カロナール坐剤

 

3.カロナールの副作用や注意点

カロナールの成分であるアセトアミノフェンは非常に長い歴史を持ち、解熱鎮痛剤の中でも安心して使用できると紹介しましたが、やはり注意点は存在します。

3-1. 肝臓の悪い人は注意

カロナールの添付文書には次のような警告が記載されています。

 

本剤により重篤な肝障害が発現するおそれがあることに注意し,1日総量1500mgを超す高用量で長期投与する場合には,定期的に肝機能等を確認するなど慎重に投与すること。

1500mgとなると500mg錠を1日3回の量ですから、強い痛みが慢性的に続く場合などが該当する可能性があります。風邪等での発熱で該当することは少ないかと思います。

実は、アセトアミノフェンは肝臓に対する毒性は持っていませんが、アセトアミノフェンが肝臓で代謝を受けることで作られるN-アセチルパラベンゾキノニミンという物質が肝臓に対する毒性を持っているのです。通常、少々のN-アセチルパラベンゾキノニミンが作られても、肝臓で代謝され無毒化されるため問題ありません。
ですが、その量が増えてしまうと肝臓での代謝が間に合わず、肝臓に対する毒性が出てしまうというわけです。

また、アセトアミノフェンをN-アセチルパラベンゾキノニミンに代謝する酵素はアルコールの代謝に関わっている酵素と同じです。この酵素はアルコール摂取により増えていくので、普段からアルコールと摂取する人はアセトアミノフェンをN-アセチルパラベンゾキノニミンに代謝しやすく、肝障害が発生しやすくなってしまうことがあります。

まとめると、カロナールを大量に服用し続けている方は肝臓に注意が必要で、さらに普段からお酒を飲む人はそのリスクが少し上昇するということになります。

3-2. あの薬にもアセトアミノフェンが?

カロナールの添付文書には次のような警告も記載されています。
本剤とアセトアミノフェンを含む他の薬剤(一般用医薬品を含む)との併用により,アセトアミノフェンの過量投与による重篤な肝障害が発現するおそれがあることから,これらの薬剤との併用を避けること。
カロナールの成分であるアセトアミノフェンは様々な医薬品に使用されています。カロナールとその類薬については上にまとめた通りですが、医療用医薬品だけを見ても以下のような医薬品が挙げられます。

 ・PL配合顆粒
 ・ピーエイ配合錠
 ・ペレックス配合顆粒
 ・SG配合顆粒
 ・カフコデN配合錠
 ・トラムセット配合錠 など

また、市販の風邪薬(総合感冒薬)や解熱鎮痛剤にはアセトアミノフェンを含んでいるものが多く存在します。それだけ、アセトアミノフェンの安全性が高いということではあるのですが、だからこそ、知らないうちに重複して飲んでしまう可能性が高くなります。
上にも書いたように、アセトアミノフェンの摂取量が多くなると肝障害が起こるリスクが高まります。こういった重複が起こらないように、お薬手帳を活用するなどして飲みあわせのチェックをしてもらうようにしていきましょう。

4.まとめ

今回は解熱鎮痛剤として広く使用されているカロナールについてまとめました。解熱剤や小児の痛み止めとしての印象が強かったカロナールですが、最近はその効果や安全性が見直され、高用量での使用が可能になっています。
通常の痛み止めでは効果が不十分なケースなどカロナールを使用する機会が増えてきています。

 

参考資料


・カロナール錠200/カロナール錠300/カロナール錠500 添付文書 あゆみ製薬株式会社
・カロナール細粒20%/カロナール細粒50% 添付文書 あゆみ製薬株式会社
・カロナール原末 添付文書 あゆみ製薬株式会社
・カロナールシロップ2% 添付文書 あゆみ製薬株式会社
・カロナール坐剤小児用50添付文書 あゆみ製薬株式会社
・カロナール坐剤100/カロナール坐剤200添付文書 あゆみ製薬株式会社

薬剤師・その他医療機関関係者の方へ
正確な医療情報を発信するために、医師、薬剤師監修のもと、誤りがないよう万全を期しておりますが、もし誤りとお考えになる情報があった場合には、ご指摘いただけますと幸いです。
医療情報に関するご指摘お問い合わせ
その他記事へのお問い合わせ