【薬剤師が解説!】抗菌薬『セフゾン』の副作用・ジェネリック、妊娠中の服用について

子供の風邪・中耳炎から大人の膀胱炎や肺炎など、幅広い症状に使用される抗菌薬に『セフゾン』があります。

抗菌薬の中でも、比較的安全性の高いセフゾンですが、使用方法や飲み合わせに注意しなければ、副作用のリスクが高くなったり、十分な効果が得られないことも。また、妊娠・授乳中などの服用について不安に思われている方もいるかもしれません

今回は、セフゾンの効果や作用、副作用について詳しく解説すると共に、飲み合わせやジェネリック医薬品、妊娠中の安全性、服用時の注意点などについてもお伝えします!
※この情報は、2018年6月時点のものです。

※この記事を読んでいただいている皆様へ

処方せんネット予約サービスの普及の為に皆様から利用したいと思う薬局をお答えいただいております。
60秒ほどのアンケートにお答えいただき、ご協力いただいた方には 全員に500円分のAmazonギフト券を必ずプレゼントさせていただいております。
(2017/12/25現在、224,000人にの方にご回答をいただいております。)
ぜひアンケートにご協力ください。

今すぐアンケートに答える>

株式会社フリービットEPARKヘルスケア一同

1.セフゾンについて

1-1. 有効成分と作用

有効成分

セフゾンの有効成分は、「セフジニル」という抗生物質です。

 

作用の仕方

多くの細菌には、細胞の最も外側に「細胞壁」という細胞を守るための分厚い構造が存在しています。

セフジニルは、この細胞壁の合成を阻害する事で抗菌作用を発揮します。細胞壁を持つ細菌は、細胞壁に穴が開くと細胞の構造が維持できなくなり死滅してしまいます。

 

 

1-2. どんな症状に使われる?

セフゾンは、細菌の感染が引き起こす以下のような疾患・症状に使用されます。

 

・皮膚感染症

・リンパ節炎

・喉頭炎

・扁桃炎

・急性気管支炎

・肺炎

・膀胱炎

・腎炎

・尿道炎

・子宮内感染

・外耳炎

・中耳炎

・副鼻腔炎

・歯周組織炎

・顎炎

 

 

1-3. セフゾンの剤形

セフゾンには、以下の医薬品が処方薬として発売されています。

 

・セフゾンカプセル50mg/100mg

・セフゾン細粒小児用10%

 

次にも記載していますが、ジェネリック医薬品では錠剤も発売されています。

 

 

1-4. ジェネリック医薬品はある?

セフゾンには以下のジェネリック医薬品が発売されています。

※〇〇は製薬メーカーの屋号「サワイ」「トーワ」「日医工」など

 

・セフジニル錠50mg「〇〇」

・セフジニル錠100mg「〇〇」

・セフジニルカプセル50mg「〇〇」

・セフジニルカプセル100mg「〇〇」

・セフジニル細粒10%小児用「〇〇」

・セフジニル細粒小児用10%「〇〇」

 

ジェネリック医薬品は後発品とも呼ばれ、価格の安い医薬品のことです。

 

新しく薬を発売する際には、莫大な研究・開発費がかかりますが、ジェネリックでは特許が切れた有効成分で薬をつくるため、研究・開発費がかかっていない分、価格が抑えられています。

 

また、先発品と同じ有効成分ですので、有効性と安全性は先発品と同等とされています。

ジェネリックのご希望がある方は、医師・薬剤師にご相談ください(※処方医の意向で、ジェネリックに変更できない場合もあります)。

 

 

セフゾン細粒の飲ませ方

 

「セフゾン細粒小児用10%」はストロベリー味で、甘く飲みやすい粉薬です。ほとんどのお子さんがそのまま服用することができます。

そのままでは服用しづらい場合は、水や牛乳、アイス、プリン、お茶、ヨーグルト、乳酸菌飲料、果汁ジュース、スポーツドリンクなど何と一緒に服用しても大丈夫です。

飲みにくくなる食べ物・飲み物は特にありません。何かに混ぜる場合は、服用する直前に混ぜるようにしましょう。

アイスには混ぜるのではなく、薬をアイスで挟むようにすると服用しやすいでしょう。

 

お子さんへの上手な服用の仕方はコチラ↓

薬剤師執筆

薬剤師が伝授!薬を嫌がる赤ちゃん・子供への薬の飲ませ方

薬剤師:篠ケ瀬 蒼惟
2018.06.06
くすり

 

2.セフェム系抗生物質について

2-1. 抗生物質の分類

抗生物質は主に以下の7つに分類され、それぞれ作用の仕方や得意な症状が異なります。

 

抗生物質の分類

 ・ペニシリン系抗生物質

 ・セフェム系抗生物質

 ・カルバペネム系抗生物質

 ・マクロライド系抗生物質

  ・テトラサイクリン系抗生物質

 ・アミノグリコシド系抗生物質

 ・ニューキノロン系抗生物質

 

 

セフゾンの有効成分「セフジニル」は、セフェム系抗生物質に分類されています。

 

2-2. セフェム系抗生物質の特徴

抗生物質は、殺菌的に作用するもの、静菌的に作用するものの2つに分けられます。

 

殺菌的に作用=細菌を死滅させる(菌の数を減らす)

静菌的に作用=細菌の増殖を抑える(菌の数が増えるのを防ぐ)

 

細菌の細胞壁に作用する抗生物質は殺菌的に、タンパク質の合成に作用するものは静菌的に作用することが多いです。

 

セフェム系抗生物質の抗菌作用は、細菌の細胞壁の合成を阻害によるものなので、殺菌的に作用します。

もともと細胞壁を持っていないマイコプラズマには効果がありません。

 

内服薬のセフェム系抗生物質は、開発された時期によって第一世代〜第三世代に分類されます。

 

【各世代の主な商品名】

 第一世代:ケフレックス、ケフラール、オラスポア など

 第二世代:オラセフ、パンスポリン

 第三世代:セフゾン、フロモックス、メイアクト、バナン など

 

各世代では得意とする細菌の種類が異なり、第三世代のセフゾンは、黄色ブドウ球菌、溶連菌などの病原性の高い「グラム陰性菌」に対して特に有効です。

 

 

3.セフゾンの服用方法と注意点

3-1. 服用方法

成人では、通常1回100mg(セフジニルとしての量)を1日3回服用します。

小児の場合には、通常体重1kgあたり3~6mg(セフジニルとしての量)を1日3回服用します

 

どちらの場合でも、症状によって用量が増減することがあります。

 

 

3-2. 飲み合わせの悪い薬・サプリメント

有効成分のセフジニルは、Fe(鉄)、Al(アルミニウム)、Mg(マグネシウム)などのミネラルとキレートという複合体を形成して、腸での吸収率が低下してしまいます。

 

貧血の治療薬の鉄剤(商品名:フェロミア、インクレミン、フェルム、テツクールなど)やAlやMgを含む一部の胃腸薬・便秘薬(商品名:アルサルミン、マグミット、ミグマグなど)を併用する場合は、セフゾン服用後3時間以上あけて服用してください。

 

Fe、Al、Mgを含むサプリメントも同様です。

 

また、硬度の高いミネラルウォーターでの服用も、同じ理由から吸収が低下する可能性があるので、水道水で服用しましょう。

 

血栓の薬である「ワーファリン」を服用中の方も注意が必要です。

セフゾンがビタミンKを産生する腸内細菌を殺菌してしまう影響で、ワーファリンの作用が強くなってしまうことがあります。

セフゾン服用中は特に、出血傾向(痣ができやすい、出血しやすい、血が止まらないなど)に注意してください。

 

粉ミルクと混ぜて服用してもいい?

 

粉ミルクには鉄が添加されているものがありますが、粉ミルクに含まれる鉄は少量なので、セフゾンの服用と同時に摂取しても、セフゾンの吸収率はほとんど低下しないとされています。

しかし、ミルクに混ぜて服用すると、ミルクの味が変わってしまって、お子さんが「ミルク嫌い」になることがあるのでなるべく避けましょう。

 

また、鉄分が添加された粉ミルクと併用した場合は、便の色に赤みがかることがありますが、これはセフゾンの成分と鉄が反応した結果であり、健康には問題ありません。

 

3-3. 服用できない人

過去にセフジニルを服用してショック症状を起こした方には使用できません。

また、セフジニル以外のセフェム系抗生物質やペニシリン系抗生物質に対して過敏症を起こしたことがある方にも一般的に使用しません。

 

 

3-4. 妊婦さん・授乳中への安全性は?

抗生物質の中でも、セフェム系抗生物質は比較的安全性が高いとされているため、セフゾンは妊婦さんにも安心して使用できる抗菌薬と言えます。

 

また、授乳中のお子さんがいる方が服用した場合も、お子さんへの影響は少ないと考えられています。

 

 

3-5. その他の注意事項

・症状が良くなっても自己判断での服用中止は避けましょう。抗生物質が効きにくくなる「薬剤耐性菌」を発生させるのを防ぐためです。

 

・セフゾンを服用すると尿が赤くなることがありますが、これはセフゾンの成分が尿に出てきているだけなので健康には問題ありません。

 

4.セフゾンの副作用

抗菌薬は、腸内環境の乱れから下痢・軟便の副作用が現れる頻度が高いのが特徴です。

 

治療の途中での抗菌薬の服用中止は、薬剤耐性菌の発生リスクを高めてしまうため、下痢・軟便の症状が軽い場合には、こまめに水分補給を行いながら服用を継続しましょう。

 

症状が重篤な場合(1日に何回も下痢を起こす、血便、粘液が混ざった便)には、中止し受診してください。

 

セフゾンには、他にも下記の副作用が現れる可能性があります。どれも頻度が低いですが、重篤な症状や後遺症がある場合があるので、以下の初期症状が見られる場合には医師・薬剤師にご連絡ください。

 

 

アナフィラキシーショック

皮膚の痒み、蕁麻疹、喉の痒み、冷や汗、息苦しい、動悸、めまい、意識の低下 など

 

皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)

中毒性表皮壊死融解症(TEN)

高熱(38℃以上)、目の周りや唇のただれ、喉の痛み、皮膚の広範囲の赤み など

 

肝機能障害

 倦怠感、食欲不振、発熱、発疹、吐き気、皮膚の痒み、皮膚や白目が黄色くなる など

 

腎機能障害

 尿量が少なくなる、ほとんど尿が出ない、むくみ、発疹、倦怠感 など

 

偽膜性大腸炎

重篤な下痢、粘性の便、お腹の張り、腹痛、発熱、吐き気 など

 

間質性肺炎

軽い運動(階段を登るなど)での息切れ、痰が絡まない咳、発熱 など

 

血液障害

 発熱、喉の痛み、頭痛、倦怠感、痣ができやすい、めまい など

 

 

これら以外にも、服用後に何か体調の変化があれば、医師・薬剤師にご相談ください。

 

5.おわりに

抗菌薬は、「飲み始めたら最後までしっかりと飲みきる」が原則です。

 

副作用が見られる場合以外は自己判断で中止せず、処方された日数分を服用してください。飲み忘れや他の薬・サプリメントとの飲み合わせにも注意しましょう!

 

執筆
薬剤師:篠ケ瀬 蒼惟
この執筆者の記事をもっと見る