【目のかゆみ、充血症状】結膜炎の原因・症状と市販薬での対処法について解説

目のかゆみや充血がなかなか改善しない。そのような目の症状が見られる場合、結膜炎の可能性があります。

ひとくちに結膜炎といっても、原因は様々で、感染性や非感染性のものがあります。

また、結膜炎の症状が出てしまった時に市販の目薬で対処できるかと疑問をお持ちの方が多いと思います。目薬を使用する場合には、コンタクトの着用など注意すべき点もあります。

今回は、結膜炎の症状、原因について述べていき、市販薬で対処できるかどうか解説していきたいと思います。
※この情報は、2018年8月時点のものです。

※この記事を読んでいただいている皆様へ

処方せんネット予約サービスの普及の為に皆様から利用したいと思う薬局をお答えいただいております。
60秒ほどのアンケートにお答えいただき、ご協力いただいた方には 全員に500円分のAmazonギフト券を必ずプレゼントさせていただいております。
(2017/12/25現在、224,000人にの方にご回答をいただいております。)
ぜひアンケートにご協力ください。

今すぐアンケートに答える>

株式会社フリービットEPARKヘルスケア一同

1.結膜炎ってどんな病気?

結膜炎とは目にある結膜が何らかの原因で炎症を起こす病気になります。目はヒトの体の中で外部に露出している器官になっています。そのため、感染症やアレルギー症状が出やすい部位でもあります。

結膜炎の原因は主に2種類です。

 

・ウィルスや細菌による感染性結膜炎

・花粉やハウスダスト、コンタクトレンズの長期着用や汚れなどによる非感染性結膜炎

 

となります

 

2.結膜炎の原因・種類

2-1. 感染性結膜炎

①細菌性結膜炎

細菌が原因となり結膜炎の症状が出ます。目ヤニや結膜が充血したりします。主な原因菌は黄色ブドウ球菌です。結核菌やリン菌などの細菌が関与する場合もあります。

 

感染力はウィルス性の結膜炎と比較して弱い場合が多いです。細菌が原因であるため、抗生物質の目薬を使用する事で、短期間で治療を行う事が出来ます。耐性菌の出現などが問題視されている点もあります。

 

②ウィルス性結膜炎

ウィルスが原因で発症する結膜炎になります。感染力が強く、夏場に流行し水を介した感染をすることもあるなどの特徴があります。また、ウィルス性結膜炎への根本的な治療薬は無いため、痒みや充血を抑える目薬や他の細菌性の感染症にかからないように抗生物質の目薬を使用するなどの対症療法となります。

 

流行性結膜炎(流行り目)

アデノウィルス8型、19型というウィルスが原因で起きる結膜炎です。感染力がとても強いのが特徴的です。学校や病院、老人ホームなどの施設で流行してしまうケースがあります。目ヤニや充血、痒み、腫れといった症状が10日前後続き改善していきます。免疫力が低下している成人や高齢者、子供に多い結膜炎です。

 

咽頭結膜熱(プール熱)

アデノウィルス3型、7型というウィルスが原因で起きる結膜炎です。夏場にプールの水を介して子供に多く発症するのが特徴です。風邪の症状のように喉の腫れや発熱などの症状が出ます。咽頭結膜熱も10日前後で症状が改善していきます。

 

④急性出血性結膜炎

結膜下に出血が見られるのが特徴です。エンテロウィルス70型やコクサッキ―ウィルスA24型といったウィルスが原因で起きます。結膜下出血は約1週間程度で改善します。

 

⑤クラミジア性結膜炎(封入体性結膜炎)

クラミジアトラコマティスによる感染症です。性病のクラミジアの原因菌でもあります。クラミジアが性器以外に目にも症状が出る事で結膜炎の症状が現れる事があります。性交渉での感染や母親からの産道感染などで感染するケースが多いです。

 

近年では抗生物質での治療が可能になってきていますが、完治までに数ヵ月かかる場合や性病というカテゴリーであるため治療を行うまでに時間がかかってしまう場合があります。

 

2-2. 非感染性結膜炎

感染症以外で起きる結膜炎になります。人から人へ感染はしません。花粉やハウスダスト、アトピーなどのアレルギー症状、コンタクトレンズの長期着用、疲労やストレス、季節的なものなど原因は様々です。一般的な抗アレルギー性の目薬が使用出来ます。

 

①アレルギー性結膜炎、春季カタル

花粉やハウスダストといったアレルギー物質で起こる結膜炎です。

春季カタルとは春先から夏場にかけて起きる季節的なアレルギー性症状の事です。結膜以外にも角膜に症状が現れる事があります。

 

②アトピー角結膜炎

アトピー性皮膚症状が原因で起きる結膜炎です。

 

③巨大乳頭結膜炎

コンタクトレンズ、義眼や眼科手術後に起きる結膜炎です。

 

3.結膜炎の治療・予防方法

結膜炎の治療は眼科にかかり原因を特定することから始まります。

感染性か非感染性かで治療方針が変わります。感染性結膜炎でも細菌性かウィルス性かで使用出来る医薬品が違ってきます。

 

結膜炎の原因が感染性である場合は周りの人に感染してしまう事があるので早急な治療が必要になってきます。特に免疫力が低い子供や高齢者には感染しやすいためです。

病院や施設で職員は健康で症状が出ていないにもかかわらず、結膜炎の原因菌やウィルスの感染源となり、大規模感染が起きたというケースもあります。

 

結膜炎の治療には感染性、非感染性でも痒み止めの抗アレルギー性や抗炎症作用の目薬が出ます。抗炎症作用の目薬でステロイド含有の目薬は感染性結膜炎を悪化させてしまう事があるため使用しない事が多いです。また目ヤニがひどかったり、他の感染症予防の為に抗生物質の目薬が処方される事もあります。

 

結膜炎はある程度は予防できます。目がかゆくなったり違和感がある時は目をこすり過ぎない、目を触った手は洗浄、消毒を心がける。プールに行った際に目の洗浄、手洗いうがいは忘れない。花粉やハウスダストが原因となるので部屋の換気や掃除をこまめに行う。コンタクトレンズは長期間使用しない、洗浄、使用後のケアを心がける。

 

このような事を心がけるだけでも感染のリスク、発症を抑える事は出来ます。

 

結膜炎にかかると他の病気も併発してしまう事や症状の悪化で視力低下や失明してしまう可能性もあります。結膜炎の発症で目の抵抗力が低下し感染症にかかりやすくなったり併発してしまう場合もあります。結膜以外に角膜に症状が進行し、視力が低下してしまう事もあり、また結膜炎が完治後にドライアイを誘発してしまうケースもあります

 

感染性結膜炎の場合、感染力が非常に強いため、家族の方や周りの方へ感染を広げないように手洗い、消毒、食器や衣類などの使いまわしをしない、感染者はお風呂を最後に入るなどの配慮が必要になってきます。

 

また、少しでも目に違和感を感じた場合は直ぐに医療機関へ受診し適切な治療を行うようにして下さい。

 

4.市販薬での対処できるかどうか?

市販薬で結膜炎の症状を緩和できる場合と出来ない場合があります。

 

市販薬で対処できるのは、感染性結膜炎では細菌性結膜炎、また、非細菌性の痒みや充血の症状になります。

 

細菌性結膜炎とウィルス性結膜炎では治療方法が異なります。医療関係者以外でその判別は難しいです。プールや学校、職場など不特定多数の人がいる中で目の痒みや充血、発熱や咳などの風邪症状が出た場合、感染性の結膜炎の可能性があります。市販薬を使用するよりも直ぐに医療機関を受診すべきです。

ホコリやダニ、花粉などが原因で起きる非感染性結膜炎は市販の目薬で痒みや充血の改善が見込める場合もあります。

 

4-1. 結膜炎に使用できる市販薬の成分、完治が見込めない場合も

結膜炎に使用出来る市販薬の目薬はいくつかあります。抗生物質が含まれている目薬、痒み止めが含まれている目薬が市販薬として販売されています。

抗生物質含有の目薬で注意する事があります。スルファメトキサゾ―ルという抗生物質が含まれている目薬が市販の結膜炎治療の目薬であります。この目薬は細菌性結膜炎の治療には使用出来ますが、ウィルス性結膜炎や非感染性結膜炎には使用出来ません。流行り目や小児のプール熱などは原因がウィルスによるものなので使用出来ません。

 

痒み止めの目薬で結膜炎に使用出来るものはいくつかあります。

・クロモグリク酸ナトリウム

・フマル酸ケトチフェン

 

これらの成分が入った目薬は痒みといった抗アレルギー作用があるため、結膜炎の痒みに使用出来ます。目ヤニや腫れなどには効果がありません。

目のかゆみや目ヤニが生じて目薬を使用して2~3日経過しても症状の改善が見られない場合は医療機関を受診すべきです。また、学校や職場で流行り目やプール熱が流行っている時は市販の目薬では治療効果が望めないので医療機関にかかるべきです。

 

4-2. おすすめの市販薬

①抗生物質含有の目薬

・抗菌アイリスα

1回使いきりである事がオススメです。目薬自体に防腐剤は入っていますが、1度開封してしまうと長くても半年程度で薬効が落ちてしまう事があります。また、使いきりだと使用量も1本と分かりやすいのも特徴です。

 

成分として疲れ目や乾き目に有効な成分も入っているので目の治療を行いつつ、目のケアも出来ます。使いきりサイズで無い普通の目薬タイプも販売しています。

 

・ロート抗菌薬EX

抗生物質の成分自体は抗菌アイリスαと同じになります。有効成分が患部に長くとどまり治療を行える目薬となっています。使いきりタイプではないので開封したら直ぐに使用するようにして下さい。

 

②抗アレルギー用目薬

抗アレルギー成分であるフマル酸ケトチフェンとクロモグリク酸ナトリウムは市販薬でも販売されています。クロモグリク酸ナトリウム含有の目薬は医療用と同じ量の市販薬は販売されていません。量が少なくその他の疲れ目や乾き目に有効な成分が入っている目薬が販売されています。

 

・アイリスAGガード

 

フマル酸ケトチフェンが医療用の目薬と同じ量で含まれている目薬になります。市販薬で医療用と同じものはアイリスAGガードのみとなります。主に痒みに効く目薬になります。花粉症の時期にお世話になっているという方も多いかと思います。

 

5.目薬を使用していく上での注意点

目薬を使用していく上で注意すべき事がいくつかあります。

 

5-1. 目薬を使用する前にコンタクトレンズを外す

結膜炎の治療で使用される目薬はコンタクトレンズを着けたまま使用出来ません。目薬内に入っている防腐剤とコンタクトレンズの基材の相性が悪いためです。コンタクトレンズが溶けてしまったり、眼に貼りついてしまう事があります。

 

目薬を使用する時はコンタクトレンズを外し、目薬使用後はコンタクトレンズを使用しないほうが良いです。また結膜炎の原因がコンタクトレンズの使用期限以上の使用や汚れ、傷などによる事もあるため結膜炎の症状や目の違和感、目ヤニなどの症状が出た場合はコンタクトレンズの使用を控えるべきです。

 

5-2. 抗生物質が含まれる目薬は症状改善後も使用する

結膜炎の症状が改善されても抗生物質含有の目薬は、4~5日程度は使用して下さい。結膜炎の症状が出ていないだけで合って患部には原因菌が残っている事が多いためです。再度、結膜炎の症状が出てしまう事や原因菌が抗生物質へ耐性をもってしまい効果が現れなくなってしまう事があります。

 

病院などの医療機関ではこの耐性菌が問題となっていて免疫力の弱い患者さんや高齢者が命を落としてしまうというケースも見受けられます。

 

5-3. 2種類以上の目薬の使用方法

目薬を2種類以上使用する際には、使用する順番に注意が必要なことがあります。

 

まず、最初に使用するべき目薬は縣濁していない目薬です。縣濁とは濁っている、使用前に振ってから使用するタイプの目薬のことです。

 

振らないで使用する目薬を初めに使用し、その後、縣濁性の目薬を使用して下さい。連続使用する間隔は5分以上時間をあけて使用して下さい。間隔が短いと先に使用した目薬が患部に行きわたらず流れ出てしまいます。

 

また、目に塗る軟膏タイプの目薬は目薬を使用して5分以上間隔をあけてから使用して下さい。先に使用してしまったり、間隔が短いとこれらも薬が流れてしまいます。

 

縣濁していない目薬はどちらを先に使用しても問題ありませんが、出来れば抗生物質含有の目薬は最後に使用した方が流れてしまう事が少なくなるので効果が期待出来ます。

 

6.まとめ

結膜炎は感染性か非感染性かで治療方針は変わってきます。一般的には、目の痒みやアレルギー症状への抗アレルギー性目薬や抗生物質含有の目薬が使用されます。

 

感染性結膜炎にはステロイド含有の目薬は症状悪化の恐れがあるため、使用しない事が多いです。ウィルス性結膜炎や非感染性結膜炎でも他の感染症の誘発の予防のために抗生物質の目薬が処方される事もあります。

 

市販薬でもある程度は症状の緩和が出来る場合もありますが、専門知識が無いとその見極めは難しいです。症状によっては悪化したり、周りの家族や同僚に感染を拡げてしまう可能性があります。

 

感染性結膜炎は感染力が強い場合が多いので、早めに眼科にかかり適切な治療を行うようにして下さい。

執筆
薬剤師:えりんぎの薬剤師
この執筆者の記事をもっと見る