夏場の冷え過ぎはよくない?~冷房病の怖さと対策を徹底解説~

温暖化の影響で、年々熱くなっている夏。7月から8月には最高気温が35度を超える猛暑日や、夜間に25度以上になる熱帯夜が続くことも少なくありません。比較的涼しい東北地方や北海道でも猛暑日や熱帯夜になることもあり、夏場には常に「熱中症」を意識した対策が行われます。

その中でも、室内温度を冷房で下げることは熱中症対策で非常に重要であり、今では自宅だけでなく、学校や会社など多くの建物に導入されています。

しかし、冷房は熱中症の予防になる反面、必要以上に体を冷やすことによって「冷房病」と呼ばれる様々な症状を引き起こすことがあります。症状は頭痛や疲労感、生理不順など多岐に渡り、深刻な状態を招くことも少なくありません。

ここでは、「冷房病」がなぜ起きるのか、その怖さと対策を詳しく解説します。
※この情報は、2018年6月時点のものです。

※この記事を読んでいただいている皆様へ

処方せんネット予約サービスの普及の為に皆様から利用したいと思う薬局をお答えいただいております。
60秒ほどのアンケートにお答えいただき、ご協力いただいた方には 全員に300円分のAmazonギフト券を必ずプレゼントさせていただいております。
(2017/12/25現在、224,000人にの方にご回答をいただいております。)
ぜひアンケートにご協力ください。

今すぐアンケートに答える>

株式会社フリービットEPARKヘルスケア一同

1.なぜ「冷房病」になる?

「冷房病」とは、医学的に定義された病名ではなく、冷房で長期間にわたって体を冷やすことによって生じる様々な症状の総称です。

熱中症を予防するために室内を適温に保つことは大切ですが、どのようなメカニズムで「冷房病」が引き起こされるのでしょか?詳しく見てみましょう。

 

1-1. 体温調節はどのように行われるの?

本来、私たちの体には気温に順応するための仕組みが備わっています。夏場の暑いときには、皮膚に近い部分を走行する血管が拡張することで体内の熱を発散させ、汗腺から汗が出ることで皮膚の温度を下げる仕組みが生じます。一方、寒いときには血管が収縮して体内の熱の発散を防ぎ、「鳥肌」と呼ばれるような毛穴の筋肉が引き締まることで毛穴からの熱の放出を抑えます。

 

これらの仕組みを司るのは、自律神経と呼ばれる交感神経と副交感神経の二種類の神経です。交感神経と副交感神経は、それぞれ相反する作用を持ちます。例えば、暑さを感じた時には副交感神経が優位に働いて血管を拡張させ、十分な体温調節が行われると次に交感神経が働いて拡張した血管を収縮するのです。このように、体温調節は気温や室温に合わせて交感神経と副交感神経がそれぞれ補い合いながら行われているのです。

 

1-2. 冷房は体温調節の仕組みを乱す?

夏場、公共交通機関や室内は冷房によって冷やされているものの、一歩外に出ると照り付けるような日差しと高温の環境になります。

 

冷房がよく効いた室内と外気温の温度差は10~15度以上になることも多々あり、私たちのからだはこの温度差に順応するために副交感神経が急ピッチで働くようになります。また、外から冷房が効いた室内に入ると、今度は交感神経が活発に働いて、外気温よりも10度以上涼しい室内に順応しようとするのです。

 

このように、夏場は温度差が非常に大きい場所を行ったり来たりするため、自律神経が酷使され、やがて疲弊して十分な働きを行えなくなることがあります。

 

1-3. 体を冷やしすぎると…

冷房は自律神経のバランスを乱すだけでなく、過剰に体を冷やすことで全身の血管が収縮した状態が続き、様々な部位で血行の悪化が生じます。血行の悪化は、むくみや肩こりなどの症状を引き起こすことがあり、これらも症状も「冷房病」の一種であると考えられています。

 

2.冷房病はどのような症状が出るの?

このように、「冷房病」は自律神経の乱れと血行の悪化によって引き起こされる症状のことをいいます。

その症状は多岐に渡りますが、具体的にはどのような症状が生じるのでしょうか?代表的な症状をご紹介します。

 

2-1. 自律神経の乱れ

冷房による室内と外の気温差によって、体温調節を司る自律神経のバランスが乱れることで生じる症状には以下のようなものがあります。

 

・疲れやすい、疲れがとれない

・体がだるい

・頭痛

・耳鳴り、めまい

・立ちくらみ、のぼせ

・生理不順

・抑うつ気分、集中力低下

・不眠症

 

これらの症状は一般的によく見られる「自律神経失調症」の症状と類似しており、冷房病による症状とは思われずに、精神科や心療内科などで自律神経失調症の治療を受けている人も大勢いると考えられています。しかし、薬物治療などを行っても、冷房病対策を行わなければ症状は改善せず、長く続く体の不調に悩んでいる人も多いことが予想されます。

 

 

2-2. 血行悪化

冷房に長期間当たることで血管が過度に収縮した状態となり、血行が悪くなることで生じる症状には以下のようなものがあります。

 

・手足の冷え

・むくみ

・肩こり

・腰痛

・腹痛・下痢

・食欲不振

・鼻炎

・神経痛

 

これらの症状は、皮下脂肪が多い女性の方が男性よりも生じやすいと考えられており、特にデスクワークなどで運動量が低下しがちな人は注意が必要です。

 

2-3. 不調が長引くことも…

冷房病では自律神経の乱れと血行悪化によって様々な症状が生じます。中には冷房とは関連がないような症状もあり、原因不明の不調に悩んでいる人も多いことでしょう。

また、ワンシーズンにわたって冷房病の症状が続く場合には、冷房を使用しなくなる秋から冬にも症状が継続することがありますので注意が必要です。発症のきっかけは冷房だとしても、長く自律神経の乱れや血行状態の悪化が続くと、冷房という発症要因が取り除かれた後も不快な症状の改善が見られないことも少なくないのです。

 

3.冷房病への対策

冷房病は私たちの活動性を低下させるような深刻な症状を引き起こすだけでなく、放置するとその症状が夏を過ぎても長く続くことがあります。

このため、夏場は熱中症対策だけでなく、冷房病対策も同時に行っていくことが重要なのです。

では、どのような対策を行えばよいのか詳しく見てみましょう。

 

3-1. 設定温度に注意

自律神経による体温調節は温度差5度以内が限度だと考えられています。それ以上の温度差になる場合には、自律神経が疲弊して失調症のような症状を引き起こすと可能性が高まりますので、冷房の設定温度は外気温より5度程度低くするに止めましょう。目安は25~28度ですが、外気温によって調節するように心がけることが大切です。

 

3-2. 洋服やひざ掛けなどで調節する

設定温度の目安は25~28度ですが、人によって「寒い」と感じる温度は異なります。また、学校や職場などでは設定温度を自分で決めることができないため、「寒い」と感じたときのためにカーディガンなどの羽織ものやひざ掛けなどを準備して冷気に備えることも大切です。

 

3-3. 冷風に直接当たらない

設定温度が適温でも、冷房の風が直に長時間当たるような場合には、体感温度は設定温度をはるかに下回ることもあります。デスクワークなどで席を移動できない場合には、冷房のスイング機能や衝立などを利用して冷風をできるだけ避けるようにしましょう。

 

3-4. 適度な運動を行う

血行の悪化を予防・改善するためには、ウォーキングや水泳などの適度な有酸素運動を行うことが効果的です。また、冷房が効いた室内で長時間過ごす場合にはこまめに立ち上がったり、肩を回したりして軽い運動をすることもおすすめです。

 

3-5. 自律神経に良い生活を心がける

自律神経のバランスを整えるためにも、日ごろからストレスをためず、規則正しい食生活や睡眠を心がけることが大切です。

 

特に夏場の入浴はシャワーだけになりがちですが、半身浴を行うことで汗をかき、リラックス効果になるだけでなく、血行の改善も期待できます。また、アイスや冷たい飲み物の摂りすぎは体を内側から冷やすことになるので控えましょう。

 

4.まとめ

「冷房病」には様々な症状があり、放置すると深刻な事態を引き起こすことも少なくありません。猛暑日が相次ぐ日本の夏に、熱中症対策として冷房で室内を快適な温度に維持することは大切ですが、冷房病を発症しないためにも適度な設定温度を守り、ここでご紹介した対策を行いましょう。

 

執筆
医師:ママさん女医あっきー
この執筆者の記事をもっと見る