【皮膚科医が解説】フルメタ軟膏は強いステロイド?その作用と注意すべき点

ステロイド軟膏は湿疹、虫刺されなど、幅広い用途で用いられる外用剤の1つです。フルメタ軟膏もステロイド軟膏の1つです。ステロイド軟膏はその作用の強さより5段階に分類されますが、



フルメタ軟膏は強いものの上から2番目の「非常に強い(very strong)」に分類されます。そのため効果が期待される反面、使用上で注意しなければいけないこともあります。



今回は、フルメタ軟膏のステロイド成分の作用、効能効果について解説するとともに、よくあるご質問にお答えする形で説明していきます。
※この情報は、2018年5月時点のものです。

※この記事を読んでいただいている皆様へ

処方せんネット予約サービスの普及の為に皆様から利用したいと思う薬局をお答えいただいております。
60秒ほどのアンケートにお答えいただき、ご協力いただいた方には 全員に500円分のAmazonギフト券を必ずプレゼントさせていただいております。
(2017/12/25現在、224,000人にの方にご回答をいただいております。)
ぜひアンケートにご協力ください。

今すぐアンケートに答える>

株式会社フリービットEPARKヘルスケア一同

1.フルメタ軟膏[ステロイド塗り薬]とは?

1-1. フルメタ軟膏の成分と作用、効能効果

フルメタ軟膏の成分は、「フランカルボン酸モメタゾン」と呼ばれるステロイドであり、これは別の言い方では合成副腎皮質ホルモン剤といい、人の副腎皮質から出ているホルモンと同じ働きを持つ成分となります。

 

様々な働きがある成分ですが、外用薬としては、主に抗炎症作用を期待し、皮膚のかゆみ、赤み、はれなどの症状に使用されます。具体的な皮膚症状としては、湿疹、皮膚炎や乾癬などに主に用いられます。

 

一方で、細菌・真菌などの感染による症状に対しては悪くさせる可能性があり、原則的には用いられません。通常、1日2回前後、適量を患部に塗りますが、疾患や症状によりその使用する量は調整が必要となります。

 

(参考)フルメタ軟膏の効能効果

 

湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症を含む),乾癬,掌蹠膿疱症,紅皮症,薬疹・中毒疹,虫さされ,痒疹群(蕁麻疹様苔癬,ストロフルス,固定蕁麻疹を含む),多形滲出性紅斑,慢性円板状エリテマトーデス,扁平紅色苔癬,ジベル薔薇色粃糠疹,シャンバーグ病,肥厚性瘢痕・ケロイド,天疱瘡群,類天疱瘡,円形脱毛症

 

 

1-2. フルメタ軟膏のステロイドの中での位置付け「Very Strong」

ステロイド軟膏はそのステロイド成分の強さによってstrongest(最も強い)、very strong(とても強い)、strong(強い)、mild(普通)、weak(弱い)と5段階に分かれます。

 

フルメタ軟膏は5段階の内、上から2つ目の「very strong」に分類されます。このランクのステロイド外用剤の適応について、使用する部分としては、顔や陰部を除いた体が対象となり、症状としては中等度から重度の湿疹、虫刺されなどを対象とする外用剤となります。

 

1-3. 軟膏、クリーム、ローションの違い・使い分け

次に基剤についてですが、同じ名前のつくステロイド外用剤においても、「ローションタイプ」、「クリームタイプ」、「軟膏タイプ」があります。

 

ローション、クリーム、軟膏の順番で薬ののびが悪くまた保湿度が高くなっていきます。使用するタイプによる効果は、同じ薬品名においては変わりありません。

 

のびがよく、さっぱりとした使い心地を望む箇所、また頭部などの毛の多い箇所についてはローションを、乾燥も症状の一要因と考えられるような症状に対しては軟膏を、その中間に対してはクリームをなど、用途に合わせてそれぞれ使用するのが良いでしょう。

 

1-4. フルメタ軟膏の使い方

フルメタ軟膏については、軟膏タイプであり保湿効果も共に期待できます。

使用する量については、いずれのステロイド外用剤に対しても共通に「FTU(Finger-tip unit)」という使用の際の参考とする単位があります。

これは人差し指の先端から第一関節まで軟膏を出した量がてのひら2枚分の面積に塗る量として適切という単位です。

 

これを参考にし、今まで塗っていた量を振り返ってみてください。

また、塗り方としては表面がきらっと光る程度にさっとのばして載せるだけでよく、指などで軟膏を塗りこむことは効果がないばかりか、摩擦による悪い影響もありますので、注意が必要となります。

 

2.フルメタ軟膏の注意すべき副作用

フルメタ軟膏の注意するべき副作用についてです。ステロイド外用剤の副作用は、適した皮膚の部位でない場所に外用を行った際、あるいは症状が改善されているにもかかわらず漫然と使用を継続した際に出現します。

 

具体的な副作用としては、

 

・皮膚が薄くなる

・毛細血管が拡張する

・細菌や真菌が発症しやすくなる

 

ことがあげられます。フルメタ軟膏はvery strongの効果の高いステロイド外用剤であるため、これらの副作用の出現には一層注意が必要です。

 

3.フルメタ軟膏に関するよくある相談

3-1.  顔や唇に塗っても大丈夫?

フルメタ軟膏はvery strongのステロイド外用剤であるため、顔や陰部などの皮膚の薄い部分に使用することは一般的ではありません。

 

しかし、強い皮膚症状である場合に限っては主治医の判断で使用されることがあります。その際は副作用に十分注意をしながら使用する必要があります。

 

3-2. 赤ちゃんに使用することはある?

赤ちゃんや子供の皮膚は、大人と比較してとても薄いです。そのため先ほどと同様に、外用することは一般的ではありませんが、主治医の判断で使用する場合には十分に副作用に注意をする必要があります。

 

3-3. どれぐらい塗るのが良い?

フルメタ軟膏を塗る量については1(4)の記載と同様でが、人差し指の先端から第一関節(FTU:Finger-tip unit)までの軟膏の量に対して、てのひら2枚分の面積に相当する程度の量が使用する基準の量となります。

 

3-4. 長期で使用しても大丈夫?

フルメタ軟膏はvery strongのステロイド外用剤であり、症状が改善しても、長期的に漫然と使用すると副作用の出現が心配されます。主治医の指導のもと、使用期間に注意してください。

 

3-5. 急に塗るのをやめても良い?

症状が少し良くなったからと、すぐに使用を中止してしまうと、症状が再発しやすくなります。具体的な使用期間にとっては主治医の判断が重要となります。

 

一般的な使用期間の目安としては、症状が改善して外見上に症状が良くなったと判断した日からも数日間から1週間程度使用を継続し、その後に使用を中止するというのが望ましいと考えます。

 

3-6. 授乳中の使用は大丈夫?

フルメタ軟膏を含め、ステロイド外用剤を使用した際に、皮膚から血中に吸収される程度は非常に微量となるため、一般的には授乳中の乳汁から赤ちゃんへ影響が出るという心配はほとんどありません。

 

しかし、例えば乳首周辺への使用など、直接赤ちゃんの口から入るような部分に使用する際には、授乳を終えた直後に外用して、使用から次の授乳までは1時間程度あけるようにするなど、工夫が必要となることがあります。

 

4.フルメタ軟膏の成分と同じ市販薬はある?

薬局やドラッグストアなど市販で購入することのできるステロイド外用薬は、ステロイド強さによる5つの分類のうち、下から3つ目まで(Strong, mild, weak)となります。

 

そのため、very strongのステロイド外用剤であるフルメタ軟膏と同様の成分を含む塗り薬は市販で購入することはできません。また、市販でステロイド外用剤を購入する際には、症状について薬剤師にご相談の上でご購入、ご使用をしていただくことがよいでしょう。

 

(参考)ステロイド成分を含む市販薬

<強い(Strong)>

・フルコートF(成分:フルオシノロンアセトニド)
 【指定第2類医薬品】田辺三菱製薬 / ステロイド薬+抗生物質(化膿止め)
・ベトネベートN軟膏AS(成分:ベタメタゾン吉草酸エステル)
 【指定第2類医薬品】第一三共ヘルスケア / ステロイド薬+抗生物質(化膿止め)

 

<普通(Medium)>

・リビメックスコーワ軟膏(成分:吉草酸酢酸プレドニゾロン)
 【指定第2類医薬品】興和 / ステロイド薬
・ムヒアルファEX(成分:吉草酸酢酸プレドニゾロン)
 【指定第2類医薬品】池田模範堂 / ステロイド薬+かゆみ止め
・ロコイダン軟膏(成分:酪酸ヒドロコルチゾン)
 【指定第2類医薬品】クラシエ / ステロイド薬

 

<弱い(Weak)>

・オイチミンD(成分:デキサメタゾン酪酸エステル)
【指定第2類医薬品】佐藤製薬 / ステロイド薬
・オイラックスデキサS軟膏(成分:デキサメタゾン酪酸エステル)
【指定第2類医薬品】第一三共ヘルスケア / ステロイド薬+かゆみ止め

5.まとめ

今回は、フルメタ軟膏のステロイド成分の作用、効能効果について解説するとともに、よくあるご質問にお答えする形で説明しました。

 

フルメタ軟膏はvery strongの効果の高いステロイド外用剤です。その反面、副作用の出現にはより一層注意が必要です。使用する際は主治医の指導のもと適切に使用することで、安全な高い効果を得ることができます。症状が改善している場合には、長期的に漫然と使用しないようにしましょう。

 

フルメタ軟膏と同ランク(very strong)にあたるステロイド塗り薬の市販薬は販売されていません。市販でステロイドの塗り薬を購入する際には、店頭の薬剤師に相談の上、使用するようにしましょう。

執筆
医師:ミーマンバナナ
この執筆者の記事をもっと見る