ストレスが胃腸炎の原因にもなる?その症状と市販薬など対処法を解説

現代はストレス社会とも言われていますよね?

遅くまでの仕事や過酷な仕事場での人付き合いに毎日が辛いのに無理して頑張りすぎて疲れている人が多いのでないでしょうか?そしてそのストレス発散で暴飲暴食をしている人もいると思います。

そんな生活を続けていると、胃の痛みや食欲低下、不快感、そして下痢や便秘などの症状がでる胃腸炎になってしまうかもしれません。
今回は、ストレスが原因ともいわれている胃腸炎の症状と処方される薬や市販薬による対処法を紹介していきます。
※この情報は、2018年8月時点のものです。

※この記事を読んでいただいている皆様へ

処方せんネット予約サービスの普及の為に皆様から利用したいと思う薬局をお答えいただいております。
60秒ほどのアンケートにお答えいただき、ご協力いただいた方には 全員に300円分のAmazonギフト券を必ずプレゼントさせていただいております。
(2017/12/25現在、224,000人にの方にご回答をいただいております。)
ぜひアンケートにご協力ください。

今すぐアンケートに答える>

株式会社フリービットEPARKヘルスケア一同

1.胃腸炎とは

胃腸炎とは胃や腸が何らかの原因で炎症を起こしている状態の事をさします。

胃だけで炎症がある場合は胃炎 腸のみの場合は腸炎となります。

これは、細菌やウイルスそしてストレスなどが原因となって起こることがあります。

主に、胃痛・腹痛や吐き気・嘔吐、そしてもたれや不快感・食欲不振・下痢や便秘などの症状がでます。

 

 

2.胃腸炎の種類とその原因について

大きく分けて3つに分類されます。

 

急性胃腸炎

突然、嘔吐や下痢などの症状が現れる一過性の病気。胃腸炎の大半を占めている。

感染性のウィルス性胃腸炎と細菌性胃腸炎 と非感染性のものがあります。

細菌性胃腸炎→食中毒といわれるもの。主に夏に多い 

腸炎ビブリオ・サルモネラ・カンピロバクター・病原性大腸菌など

ウィルス性胃腸炎→お腹風邪といわれるもの。冬の方が多い

アデノウィルス・ロタウイルス・ノロウイルスなど  

 

 

慢性胃腸炎

ヘリコバクターピロリによるもの。胃炎が進行すると委縮性胃炎となり、胃がんになったり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因にもなる。

 

 

神経性胃腸炎

ストレス性胃腸炎

ストレスによって自律神経が乱れることで、胃酸の分泌が過剰になり、痛みをかんじたり、胃の運動機能が低下することでもたれなどの不快感がでる。一時的に症状がでる方もいれば、この症状が継続してしまう人もいる。           

 

3.ストレスが原因とも考えられる胃腸の代表的な病気とは

上記で説明したように大きくわけて胃腸炎の種類は3つとお話ししました。

しかし、胃腸炎のような症状がでているのにもかかわらず、胃腸内部に炎症などが検査をしてもみあたらない所見に対しても従来ではひとくくりに神経性胃腸炎と呼んでいましたが、最近では分けて考えるようになり、病名もつきました。

 

主に胃に対しては、機能性胃腸症(機能性ディスペプシア:FD)

腸などお腹に対しては、過敏性腸症候群(IBS)

 

両者とも、内視鏡や血液検査などをおこなっても目に見える異常がみつからないのに、それぞれ不快な症状が続き機能に問題がでてくる病気です。

この病気を引き起こす要因は、はっきりと明らかにされていません。

しかし、精神的ストレス、暴飲暴食、生活習慣の乱れなど様々なものが原因とされています。

 

 

4.胃腸炎の治療と対処法について

4-1. 機能性胃腸症(FD)

食後にお腹が張ったり胃もたれや違和感が出るタイプ(食後愁訴症候群)と、みぞおちが焼けるような違和感や痛みが出るタイプ(心窩部痛症候群)とその両者が混合のタイプとあります。

 

どのタイプでも基本的には、消化管運動機能改善薬と胃酸分泌抑制薬が第一選択薬として推奨され、漢方や抗不安薬や抗うつ薬はその次となっています。また新しく機能性胃腸症の薬も発売されました。

しかし、いずれの薬剤もその効果には個人差があり、服用した患者の半数にしか効果が表れないといわれます。

このため、医師と試行錯誤して自分にあった薬を見つけることがポイントです。しかし、そもそもストレスが要因になっている場合は、それを取り除かない症状は落ち着きません。可能な限りストレスを避けたり、それを発散できる方法をさがしたり、食事や運動、生活習慣の見直しなど自分にあった方法を信頼できる専門医に相談することが大切です。

 

4-2. 過敏性腸症候群(IBS)

お腹の違和感や便秘がちになる人から下痢を起こしやすい方など症状は様々あり、便の形状から、便秘型・下痢型・混合型・分類不能型にわかれます。

 

こちらは、まずは生活習慣の改善が重要です。3食規則的にバランスよくとり、暴飲暴食を控え、ストレスを溜めず睡眠休養をしっかりとること。また高脂肪の食べ物や刺激物やアルコールも控えることが望ましいです。

しかし、なかなか上手くいかない方は、個々に合わせた薬の治療に入ります。

 

消化管機能改善薬・整腸剤・高分子重合体は下痢・便秘のどちらにも使用

5-HT3拮抗薬→下痢型の人 粘膜上皮機能変容薬→便秘の人

また止瀉薬やお腹の痛み止め(抗コリン薬)や下剤も頓用で補助的に使用します。

上記薬が第一選択薬ですが、まだ症状が改善しない場合は、消化管運動賦活薬・止瀉薬・漢方・抗アレルギー剤・そして少量の三環系抗うつ剤やSSRIそして抗不安薬を組み合わせることで様子をみていきます。

 

FD・IBS処方薬の代表例

 

胃酸分泌抑制薬・・・PPI阻害剤(パリエット・タケプロンなど)、H2遮断薬(ガスター・ザンタックなど)

機能性胃腸症薬・・・アコファイド

消化管運動機能改善薬・・・ガスモチン・セレキノン・ガナトンなど

高分子重合体・・・ポリフル・コロネル

粘膜上皮機能変容薬・・・アミティーザ・リンゼス・グーフィス

5-HT3拮抗薬・・・イリボー

抗コリン薬・・・チアトン・トランコロンなど

 

5.市販薬で対応できる?注意点

少しの胃腸の違和感でしたら、まずは胃腸を休ませる食生活やストレスがあるならそれを発散するなどの生活習慣の改善が大切です。またそれでもダメなら市販の薬で自分の症状にあったもので様子をみてもいいと思います。

 

例えば

胃の痛みがある場合は、胃酸を中和するより、胃酸を抑えるタイプの薬を使用したほうがいいでしょう。

有名な商品ですと、ガスターがあります。

 

また、もたれなどの不快感がある場合は粘膜保護系の胃薬や消化剤や健胃剤が入っている市販薬がオススメです。このもたれに、胃酸を抑えるタイプの薬を使用してしまうと逆に悪化する可能性があるので注意が必要です。

またはっきりした症状がわからないが胃腸に元気がないというときは、安中散や六君子湯などが配合された漢方を試してみてもいいかもしれません。

 

6.こんな時は早めに病院へ

市販薬の内服で様子をみても、その症状が1~2週間程度続くようならまずは受診することをオススメします。

ストレスから生じているものでも、FDやIBSと違い炎症が患部にあるかもしれません。

その場合は早めに医師に的確な診断をしてもらい症状にあった薬を処方してもらう事が重要になってきます。

 

7.おわりに

いかがでしたか?

現代のストレス社会では、苦労が多く胃が痛くなったりお腹を下したりする方が多いかもしれません。

 

勿論、一時の辛いときは薬に頼って頂きたいのですが、FDやIBSをはじめ神経性のものは、根本のストレスの原因を取り除かなければ症状がなかなか改善しないので、日頃から無理にストレスをため込まず、発散できる方法を見つけておくことが重要かもしれませんね。

 

執筆
薬剤師:米屋 裕美
この執筆者の記事をもっと見る