医療者が正しく選ぶグルコサミンの解説とサプリ10選

" 「ドラッグストア(店舗)や通販など、いざグルコサミンを購入しようと思っても、種類が多くてどれが良いのか分からない」「ネットで検索してみても、業者が作成したアフィリエイトサイト(広告)ばかり・・・。無名の商品がランキングインしており、信用できない」とそんなことを感じることはありませんか?

今回は、医療者の立場から、正しいグルコサミンのサプリの選び方や、一体どのグルコサミンのサプリがより良いものなのかを客観的に判断し、10個のサプリの商品を選んでみました。ネット上の誤った情報や怪しい口コミ情報に惑わされないよう正しい知識を身につけていただければと思います。グルコサミンのサプリを購入する際には、ぜひ参考にしてみてください。"
※この情報は、2018年4月時点のものです。

※この記事を読んでいただいている皆様へ

処方せんネット予約サービスの普及の為に皆様から利用したいと思う薬局をお答えいただいております。
60秒ほどのアンケートにお答えいただき、ご協力いただいた方には 全員に300円分のAmazonギフト券を必ずプレゼントさせていただいております。
(2017/12/25現在、224,000人にの方にご回答をいただいております。)
ぜひアンケートにご協力ください。

今すぐアンケートに答える>

株式会社フリービットEPARKヘルスケア一同

 「ドラッグストア(店舗)や通販など、いざグルコサミンを購入しようと思っても、種類が多くてどれが良いのか分からない」「ネットで検索してみても、業者が作成したアフィリエイトサイト(広告)ばかり・・・。無名の商品がランキングインしており、信用できない」とそんなことを感じることはありませんか?

 

今回は、医療者の立場から、正しいグルコサミンのサプリの選び方や、一体どのグルコサミンのサプリがより良いものなのかを客観的に判断し、10個のサプリの商品を選んでみました。ネット上の誤った情報や怪しい口コミ情報に惑わされないよう正しい知識を身につけていただければと思います。グルコサミンのサプリを購入する際には、ぜひ参考にしてみてください。

 

1.正しいグルコサミンサプリの選び方・ポイント

グルコサミンは軟骨をスムーズに動かすのに必要な成分ですが、加齢と共にグルコサミンを生産する能力が低下していきます。

グルコサミンが少なくなると、関節の痛みが出やすくなります。そのため、グルコサミンを補う方法のひとつとして、サプリメントが利用されています。

サプリメントを選ぶ際のポイントは、グルコサミンの含有量や由来、その他の原材料、成分表示、価格、飲みやすさ、利便性などがあります。

 

例えば、含有量はグルコサミン1500mg以上を目安とすると良いです。

これは有用性ありと示された臨床試験でグルコサミンが1500mg以上摂取されているためです。

 

 

また、グルコサミンはカニやエビなどの甲殻類の外殻を形成するキチンの構成糖として存在しているため、サプリメントに配合されるグルコサミンはカニやエビ由来のものが多いです。甲殻類アレルギーの方はカニやエビ由来のもの服用しない方が良いでしょう。

 

さらに、成分表示の部分も大切です。グルコサミンのサプリメントにはコンドロイチンなどその他の成分も配合されていることが多いのですが、成分の含有量が明確に示されていないものがあります。

具体例を挙げると下記のような表示です。

「サメ軟骨エキス末(コンドロイチン含有)100mg」

これは原材料の量を示しているため、コンドロイチンの含有量が示されていません。

 

これを見るとコンドロイチンが100mg含まれていると勘違いする方も多いので注意が必要です。

 

以上のようにこれらの部分に注意しつつ、選ぶと良いでしょう。

 

2.私が選ぶグルコサミンアプリの解説とサプリ10選【成分・良い点・悪い点】

第1章で説明しました選び方・ポイントを基準にして、客観的に各サプリの成分内容を評価し、10個のサプリの商品を選んでみました。あくまで一個人の意見としてご参照いただければと思います。

①ミヤマ漢方製薬 新グルコサミンエース 1000粒

【原材料】

デキストリン、サメ軟骨エキス末、コラーゲンペプチド、ヒアルロン酸(鶏肉を含む)、グルコサミン(えび・かに由来)、ステアリン酸カルシウム、HPC

 

(特徴成分の含有量/本品10粒中)

グルコサミン:1,600mg

サメ軟骨エキス末(コンドロイチン硫酸20%含有):100mg

フィッシュコラーゲン:10mg

ヒアルロン酸:1.3mg

 

【価格】

100日分1,980 円税込(19.8円/日)

 

<良い点>

グルコサミン含有量が1,600mgと1,500mgより多い。

グルコサミン以外の特徴成分として、コンドロイチン硫酸、コラーゲン、ヒアルロン酸が配合されている。

成分含有量が明確。

低価格。

 

<悪い点>

甲殻アレルギーの方はNG。

1日10粒と服用量が多い。

 

 

②ヤクルトのグルコサミン 

【原材料】

還元パラチノース、デキストリン、鮫軟骨抽出物、グルコサミン、セルロース、ステアリン酸Ca、ヒアルロン酸

 

(特徴成分の含有量/本品9粒中)

グルコサミン:1,500mg

コンドロイチン:40mg

ヒアルロン酸:0.50mg

 

【価格】

270粒(30日分)2,160円税込(72円/日)

 

<良い点>

グルコサミンの原料がえび・かに由来でないものを使用しているため、甲殻アレルギーの方でも服用出来る。

グルコサミン以外に特徴成分として、コンドロイチン、ヒアルロン酸が配合されている。

成分含有量が明確。

 

<悪い点>

価格が高め。

 

 

③筋骨グルコサミン 

【原材料】

グルコサミン、筋骨草エキス、コンドロイチン、ヒアルロン酸、低分子コラーゲン、カルシウム、マグネシウム、VD,亜鉛、VB1、VB6、VE、葉酸

 

(特徴成分の含有量/本品8粒中)

グルコサミン:1600mg

コンドロイチン含有サメ軟骨エキス末:10mg

筋骨草エキス末:100mg

コラーゲン:100mg

ヒアルロン酸:1mg

 

【価格】

240粒(30日分) 2,268円税込(75.6円/日)

 

<良い点>

グルコサミン含有量が1,600mgと1,500mgより多い。

グルコサミン以外に特徴成分として、コンドロイチン、筋骨草エキス末、コラーゲン、ヒアルロン酸が配合されている。

生薬の一種である筋骨草エキスが含まれている。

 

<悪い点>

コンドロイチン含有量が不明。

価格が高め。

 

 

④高純度!グルコサミン 

【原材料】

ムコ多糖蛋白複合体、発酵コラーゲン分解物(ゼラチンを含む)、デキストリン、ドロマイト、亜鉛含有酵母、鶏軟骨抽出物、大豆胚芽抽出物/グルコサミン(えび・かに由来)、結晶セルロース、グリセリン脂肪酸エステル、二酸化ケイ素、V.K、V.B6、V.B1、ヒアルロン酸、V.D、葉酸

 

(特徴成分の含有量/本品10粒中)

グルコサミン 1500mg、ムコ多糖蛋白複合体(コンドロイチン含有)100mg、発酵コラーゲン分解物(豚由来)100mg、大豆胚芽抽出物10mg(大豆イソフラボンアグリコン1.6mg)、低分子ヒアルロン酸1mg、鶏軟骨抽出物(Ⅱ型コラーゲン含有)10mg、カルシウム17mg、マグネシウム10mg、亜鉛1.0mg、ビタミンB1 2.0mg、ビタミンB6 3.5mg、ビタミンD 3.5μg、ビタミンK 10μg、葉酸250μg

 

【価格】

360粒(36日分)2,052円税込 (57円/日)

 

<良い点>

一度精製したグルコサミンを再結晶処理により、さらに純粋化したものを使用している。

グルコサミンが高純度であるため結晶の粒子が整い、溶解性が高く、独特の臭いが低減されている。

バランスよく様々な栄養素が摂れる。

 

<悪い点>

1日10粒と服用量が多い。

甲殻アレルギー、大豆アレルギーの方はNG。

コンドロイチン、Ⅱ型コラーゲン含有量が不明。

 

 

⑤DHCグルコサミン 

【原材料】

鶏軟骨抽出物(II型コラーゲン、コンドロイチン硫酸含有)、濃縮乳清活性たんぱく(乳由来)、グルコサミン(えび、かに由来)、澱粉、セルロース、グリセリン脂肪酸エステル、二酸化ケイ素

 

(特徴成分の含有量/本品6粒中)

グルコサミン塩酸塩1,860mg、II型コラーゲン25mg、コンドロイチン硫酸10mg、CBP(濃縮乳清活性たんぱく)3mg

 

【価格】

30日分 874円税込 (29円/日)

 

<良い点>

グルコサミン含有量が1,860mgと1,500mgより多い。

成分含有量が明確。

価格が安い。

 

<悪い点>

甲殻アレルギーの方はNG

 

 

⑥グルコサミン粒 ミナミヘルシーフーズ  

【原材料】

グルコサミン(かに)、デビルズクローエキスパウダー、サメのヒレ軟骨抽出物(コンドロイチン含有)、結晶セルロース、ショ糖エステル

 

(特徴成分の含有量/本品8粒中)

グルコサミン(カニ) 1500mg、コンドロイチン 30mg、コンドロイチン含有サメのヒレ軟骨抽出物 150mg、デビルズクローエキス 200mg

 

【価格】

90日分 3,102円税込 (約34円/日)

 

 

<良い点>

成分含有量が明確。

価格が安い。

炎症を抑えるハーブであるデビルズクローが配合されている。

 

<悪い点>

甲殻アレルギーの方はNG

 

⑦大正グルコサミン 

【原材料】

グルコサミン(エビ、カニ由来)、ヒドロキシプロピルセルロース、結晶セルロース、CMC-Ca、微粒酸化ケイ素、ステアリン酸Ca

 

(特徴成分の含有量/本品6粒中)

グルコサミン:1500mg

 

【価格】

30袋(約30日分) 3024円税込 (約100円/日)

 

<良い点>

シンプルな内容。グルコサミンをメインで摂れれば良い方におすすめ。

製薬会社が製造している。

純度99%以上の高品質な「グルコサミン」を使用。

吸収性や溶けやすさにも拘っている。

1日の目安量を1袋ずつパックしたアルミの個別包装で持ち運びにも便利。

 

<悪い点>

甲殻アレルギーの方はNG。

価格が高め。

 

 

 

⑧小林製薬の栄養補助食品 グルコサミン 

【原材料】

グルコサミン(えび・かに由来)、結晶セルロース、微粒酸化ケイ素、ステアリン酸カルシウム

 

(特徴成分の含有量/本品6粒中)

グルコサミン:1602mg

 

【価格】

180粒 約30日分 1,728円税込 (約57円/日)

 

<良い点>

シンプルな内容。グルコサミンをメインで摂れれば良い方におすすめ。

グルコサミン含有量が1,602mgと1,500mgより多い。

製薬会社が製造している。

 

<悪い点>

甲殻アレルギーの方はNG

 

 

⑨管理栄養士推奨 グルコサミン  

【原材料】

筋骨草エキス末、ドロマイト、還元麦芽糖水飴、さめ軟骨抽出物(コンドロイチン含有)/グルコサミン(えび・かにを含む)、セルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸Ca、微粒酸化ケイ素、ビタミンD

 

(特徴成分の含有量/本品6粒中)

グルコサミン:1,500mg

筋骨草エキス末:100mg

ムコ多糖(コンドロイチン含有):10mg

 

【価格】

20日分  972 円 税込 (約48円/日)

 

 

<良い点>

生薬の一種である筋骨草エキスが含まれている。

ビタミンDも補給出来る。

 

<悪い点>

甲殻アレルギーの方はNG。

コンドロイチン含有量が不明。

 

 

⑩Dear-Natura グルコサミン 

【原材料】

II型コラーゲン含有鶏軟骨エキス、グルコサミン(エビ、カニ由来)、セルロース、ステアリン酸Ca、微粒酸化ケイ素

 

(特徴成分の含有量/本品6粒中)

グルコサミン:1500mg、Ⅱ型コラーゲン15mg

 

【価格】

180粒(30日分)1,620円 税込 (54円/日)

 

<良い点>

シンプルな内容。グルコサミンをメインで摂れれば良い方におすすめ。

コラーゲン量は少ないが明確に記載されている。

 

<悪い点>

甲殻アレルギーの方はNG

 

 

2.まとめ

今回の10選は、手元の資料に掲載されていた商品の中で客観的に評価し、選んだものです。あくまで一個人の意見としてご参照いただければと思います。

 

グルコサミンと一緒にコンドロイチンやコラーゲンを摂ることは良いことなので、同時に摂取出来るサプリメントが多いのですが、グルコサミンがメインのサプリメントが悪いというわけではなく、他のサプリメントを服用されている方はシンプルな処方のものが良い場合もあります。サプリメントはコンドロイチンの含有量は少ないので、本格的に関節対策を行いたい方は、グルコサミンがメインのサプリメントとその他の成分がメインで配合されているサプリメントを併用すると良いと思います。

また、サプリメントは長期間摂取するものなので、続けられる価格かどうかも大切です。

グルコサミン関連商品は数多く発売されているため、他の商品を選ぶ時も上で示したようにポイントを抑え、同じような基準で選ぶと分かりやすいと思います。