二日酔い回復におすすめの飲み物と改善法

二日酔いがつらいと食欲がなく、あまり食事も水分も取れなくなってしまうことはありませんか?しかし、二日酔いの時こそ、水分補給は大切です。特に水分を十分に摂ることで二日酔いを早く治すことができます。二日酔いでつらい時はどんな飲み物がよいのでしょうか?今回は、二日酔い回復におすすめの飲み物と、その他、早く回復するための改善法についても説明します。
※この情報は、2018年4月時点のものです。

※この記事を読んでいただいている皆様へ

処方せんネット予約サービスの普及の為に皆様から利用したいと思う薬局をお答えいただいております。
60秒ほどのアンケートにお答えいただき、ご協力いただいた方には 全員に300円分のAmazonギフト券を必ずプレゼントさせていただいております。
(2017/12/25現在、224,000人にの方にご回答をいただいております。)
ぜひアンケートにご協力ください。

今すぐアンケートに答える>

株式会社フリービットEPARKヘルスケア一同

1.なぜ二日酔いの時は水分が重要?

4月は新しい環境になる季節ですよね。入社式、歓迎会、送迎会、お花見・・・お酒を飲む機会も多かったはずです。お酒を飲むのは楽しいですが、飲みすぎてしまうとつらい二日酔いになってしまいます。二日酔いの原因はお酒に含まれているアルコールです。しかしアルコール自体が二日酔いを引き起こすのではありません。

 

1-1. 二日酔いの原因

アルコールは肝臓で代謝され、アセトアルデヒドという物質になります。お酒を飲んだ量が適量ならば、アセトアルデヒドは、分解され無害な水と二酸化炭素になり、体外に排出されます。

 

しかし、大量にアルコールを摂取すると、アセトアルデヒドもその分大量に作られ、分解しきれなくなります。アセトアルデヒドは有害な物質であるため、体に残ると頭痛や吐き気、だるさをもたらします。これが二日酔いの原因です。

 

1-2. 水分を補給すべき理由

お酒を飲んだ時に水分を補給する理由は二つあります。1つはアルコールの利尿作用です。お酒には水分が含まれていますが、アルコールはそれを上回る利尿作用があるとされています。お酒で水分を補給しているつもりでも、実は体内から水分は失われていくのです。

 

もう一つの理由がアセトアルデヒドを分解するときに水分が必要になることです。アセトアルデヒドは酢酸に代謝され、酢酸はさらに水と二酸化炭素になり体外へ排出されます。アセトアルデヒドが酢酸になるときには水が必要になりますが、アルコールの利尿作用により体内の水分が不足しているとアセトアルデヒドの分解が遅くなります。そのため二日酔いになりやすくなります。

 

お酒を飲んでいる最中に水分を補給することは重要ですが、二日酔いになってしまった時も水分補給は重要です。水分がないとアセトアルデヒドの分解が進まず、二日酔いが残りやすくなります。お酒を飲んでいる最中、お酒を飲んだ後の寝る前、二日酔いの朝、どのタイミングでも水分補給をするようにしましょう。

 

ヘパリーゼZ

 

2.二日酔い回復におすすめの飲み物

お酒を飲みすぎた翌日、二日酔いになっていたらまず水分補給をしましょう。水でもよいですが、もっとおすすめなのがスポーツドリンクです。人間は水分を尿や汗として排出する際にナトリウムやカリウムなどの電解質が失われています。

 

スポーツドリンクにはこれらの電解質がバランスよく含まれているため、脱水した状態になっている二日酔い時の水分補給に最適です。水分と電解質を補給すると同時に、糖分も摂取できるため食欲のない時のエネルギー補給にもなります。二日酔いの症状の一つのだるさは糖分を補給すると軽減されます。これもメリットの一つです。

 

3.二日酔い時におすすめできない飲み物

糖分や電解質の補給になるという意味ではフルーツジュースもおすすめです。しかし、グレープフルーツジュースのような酸味のあるジュースはおすすめできません。

二日酔いがひどいと吐き気を感じることもあると思います。酸は胃を刺激して、嘔吐を引き起こすことがあります。

 

自然に吐けるならば吐いた方が良いですが、何かによって誘発させるのはあまり良くありません。フルーツジュースだけではなく酸味のある飲み物全般は避けた方が良いでしょう。

 

4.その他、回復のための改善法

アルコールやアセトアルデヒドを分解するためにはビタミンB群などの栄養素も必要になります。吐き気がひどく食欲がないなら無理をする必要はありませんが、できるならば何か食事をするべきです。二日酔い時の食事には以下のようなものがおすすめです。

 

①しじみのお味噌汁

しじみにはオルニチンという物質が含まれています。オルニチンは肝臓の働きを助けて、アルコールやアセトアルデヒドの分解を促進させる効果があるとされています。固形物を食べれる状態でなくてもお味噌汁くらいなら飲めることが多いと思うので活用しましょう。また貝類全般に共通することですが、ビタミンB群が豊富なのもポイントです。

 

②バナナやリンゴなどの甘い果物

バナナやリンゴなどの果物には電解質と果糖が豊富に含まれています。失われた電解質を補給して、果糖でエネルギーを補給することができるので二日酔いの時におすすめです。

 

③うどんやおかゆなどの消化の良い炭水化物

炭水化物を補給すると、脳にエネルギーが周り二日酔いのだるさをある程度軽減してくれます。うどんやおかゆなどの消化の良い炭水化物を食べるようにするとよいでしょう。余裕があれば卵やネギなどを落としてタンパク質やビタミンを補給するようにするとなおよいです。

 

5.まとめ

二日酔いの時は水分補給が大事。特に脱水していることが多いため、水分と同時に電解質を補給することも重要です。二日酔い時におすすめな飲み物はスポーツドリンクです。スポーツドリンクには水分、電解質、糖分が含まれているため、二日酔いを軽くすることができます。

 

ヘパリーゼZ
執筆
医師:大見貴秀
この執筆者の記事をもっと見る