薬剤師が伝授!薬を嫌がる赤ちゃん・子供への薬の飲ませ方

お子さんが上手く薬を飲んでくれなくて困っている方は多いのではないでしょうか?

せっかく処方してもらった薬でも、しっかり服用できなければ効果がありません。また、抗生剤では最後までしっかりと服用できないと効果がないだけでなく、薬が効きにくい「薬剤耐性菌」を生み出し、治療期間が長くなってしまうこともあります。

今回は、服用を嫌がるお子さんに対しての薬の飲ませ方、服用時の注意点などについて詳しく解説します!
※この情報は、2018年6月時点のものです。

※この記事を読んでいただいている皆様へ

処方せんネット予約サービスの普及の為に皆様から利用したいと思う薬局をお答えいただいております。
60秒ほどのアンケートにお答えいただき、ご協力いただいた方には 全員に500円分のAmazonギフト券を必ずプレゼントさせていただいております。
(2017/12/25現在、224,000人にの方にご回答をいただいております。)
ぜひアンケートにご協力ください。

今すぐアンケートに答える>

株式会社フリービットEPARKヘルスケア一同

1.薬を飲ませるコツ

 

・お腹がいっぱいになると薬を飲んでくれない場合があります。一般的な抗生剤、風邪薬、胃腸炎治療薬などの一時的な薬に関しては、必ずしも食後に飲まなくてはいけない訳ではないので、食前に飲ませても大丈夫です。

 

・飲み物や食べ物に混ぜて服用する場合は服用する直前に混ぜましょう。混ぜてから時間が経つと苦味が出てくる場合があるためです。

 

・薬を上手に飲めたら、しっかり褒めてあげてください。薬を飲めないとついつい叱ってしまいがちですが、叱られることで子供にとって薬を飲むことが嫌なことになってしまうことがあります。

 

・小学生以上のお子さんには、薬を飲む理由を説明するのも良いでしょう。服用の理由を理解することで、積極的に薬を飲んでくれることもあります。

 

 

2.離乳食が始まっていない赤ちゃんへの飲ませ方

離乳食が始まっている場合は、飲み物や食べ物にまぜて服用することができますが、まだ始まっていない場合はそれができません。以下のような方法をおすすめします。

いずれの方法でも、服用後にお口直しでミルクや好む飲み物を与えてください。

 

2-1. 粉薬の飲ませ方

【方法①】

ごく少量の水を混ぜてペースト状にして、上顎や頬の内側に塗り付け授乳する。

そうすることで授乳時に薬も一緒に服用することができます。舌に薬が触れてしまうと苦味を感じることがあるため、なるべく奥の方に貼り付けるようにしましょう。

 

【方法②】

水に溶かし、スポイトで口の中に滴下する。

この場合も、なるべく味を感じないように頬の内側や口の奥に滴下すると良いでしょう。

 

 

2-2. シロップ剤の飲ませ方

【方法①】

哺乳瓶の乳首に薬を入れて、授乳の要領で飲ませる。

 

【方法②】

スポイトで口の中に滴下する。

シロップの場合は甘く作られているため、舌に触れても問題ありません。

 

【方法③】

スプーンや小さめのコップで与える。

 

 

2-3. ミルクと混ぜてもいい?

以下の薬は、ミルクに含まれるカルシウムと複合体(キレート)を形成し、吸収が低下してしまうため、ミルクに混ぜて服用できません。

 

・トスフロキサシン (商品名:オゼックス細粒小児用)

・ミノサイクリン (商品名:ミノマイシン顆粒)

 

 

これら以外の薬はミルクに混ぜても吸収は低下しませんが、ミルクに混ぜてしまうと味が変わってしまって、ミルク嫌いになってしまう場合があります。赤ちゃんにとってミルクは唯一の栄養源であるため、ミルクに混ぜるのはおすすめできません。

 

 

3.離乳食が始まってから

離乳食が始まると、色々な食べ物・飲み物に混ぜて服用することができます。

 

牛乳、ヨーグルト、ジュース、プリン、アイス、ココア、練乳、チョコクリームなど、お子さんが好きな甘いものがおすすめです。ただし、後にも記載しますが、薬によってはかえって飲みにくくなるものもあるので、注意が必要です。

 

薬の成分が変化してしまうことがあるので、熱い食べ物・飲み物に混ぜるのは避けましょう。

また、何かに混ぜて服用する場合は、混ぜたものをすべて食べきらないといけません。一度に摂取できるぐらいの量に混ぜましょう。

 

3-1. 混ぜてはいけない粉薬の組み合わせ

抗生剤の一種であるマクロライド系抗生剤は、痰切りの効果があるカルボシステインDS(商品名:ムコダインDS)と混ぜると非常に苦くなってしまいます。

※DS:ドライシロップの略

 

マクロライド系抗生剤

・クラリスロマイシンDS (商品名:クラリスDS/クラリシッドDS)

・エリスロマイシンDS (商品名:エリスロシンDS)

・アジスロマイシンDS (商品名:ジスロマックDS)

 

これらの粉薬とカルボシステインDS(ムコダインDS)が一緒に処方されている場合は、混ぜずに別々に服用するようにしましょう。

 

飲む順番は、カルボシステインDS(ムコダインDS)を飲んでから、マクロライド系抗生剤を飲んだ方が、苦みが出にくいようです。カルボシステインDS(ムコダインDS)服用後に口をゆすげばより良いでしょう。

 

 

3-2. 【抗生剤別】混ぜると飲みやすいもの

苦い薬が多い抗生剤について、混ぜると飲みやすいもの・飲みにくくなるものを薬別に紹介します。

 

(商品名50音順)

:飲みやすくなるもの  ×:飲みにくくなるもの

 

エリスロシンDS10%

 アイス、ココア、練乳

× ヨーグルト、乳酸菌飲料、オレンジジュース、スポーツドリンク

 

オゼックス細粒小児用

 チョコクリーム、ココア、プリン

× アイス、オレンジジュース、ヨーグルト、乳酸菌飲料、スポーツドリンク

 

オラペネム小児用細粒

 牛乳、アイス

× ヨーグルト、スポーツドリンク、オレンジジュース

 

クラリスDS・クラリシッドDS

 牛乳、アイス、プリン、ココア、練乳

× ヨーグルト、乳酸菌飲料、オレンジジュース、スポーツドリンク

 

ケフラール細粒小児用100mg

 ヨーグルト、乳酸菌飲料、プリン、チョコクリーム

× オレンジジュース、スポーツドリンク、お茶

 

ジスロマック細粒小児用

 牛乳、コーヒー牛乳、アイス、プリン、ココア、お茶

× ヨーグルト、乳酸菌飲料、オレンジジュース、スポーツドリンク

 

セフゾン細粒小児用

そのままでも美味しく、ほとんどの子供がそのままでも飲めます。

混ぜると飲みにくくなるものは特にありません

 

トミロン細粒小児用100

 ヨーグルト、アイス、チョコクリーム、ゼリー

× オレンジジュース、お茶

 

バナンDS

 果汁ジュース、スポーツドリンク、ヨーグルト、アイス

× 水

 

パセトシン細粒

 アイス、スポーツドリンク

× 牛乳、ヨーグルト、乳酸菌飲

 

ファロムDS小児用

 アイス、スポーツドリンク、レモンティー

× お茶、リンゴジュース      、みそ汁

 

フロモックス小児用細粒100mg

 牛乳、ヨーグルト、アイス

× 乳酸菌飲料、オレンジジュース、スポーツドリンク

 

ミノマイシン顆粒

 乳酸菌飲料、プリン、チョコクリーム

× 特にありませんが、牛乳、ヨーグルト、スポーツドリンクは薬の吸収が悪くなります。これらは服用してから2時間以上あけてください。

 

メイアクトMS小児用細粒

 牛乳、アイス、オレンジジュース、お茶

× 乳酸菌飲料、スポーツドリンク

 

ユナシン細粒小児用

 牛乳

× ヨーグルト、オレンジジュース、スポーツドリンク

 

リカマイシンDS

 牛乳、アイス

× ヨーグルト、乳酸菌飲料、オレンジジュース、スポーツドリンク

 

ワイドシリン細粒200

 牛乳、アイス

× ヨーグルト、乳酸菌飲料、オレンジジュース、スポーツドリンク

 

 

3-3. 服薬ゼリーについて

薬を包み込むことで飲みやすくするゼリー状のオブラートが市販されています(商品名:お薬のめたね、らくらく服薬ゼリー等)。ゼリーに甘い味が付いていて、お子さんが服用しやすくなっているものもあります。

 

使い方は、小さめのお皿に服薬ゼリーを取り出し、その上に薬を乗せて、包み込むようにゼリーを被せます。それをスプーンですくい、ゼリーと一緒に服用します。

 

ただし、一部の抗生剤では苦味が増してしまいます。そのような抗生剤にも使用できる、抗生剤用の服薬ゼリーもあるので、そちらを使用しましょう。

 

 

4.錠剤・カプセルの服用は?

早ければ3歳ぐらいから錠剤やカプセル剤を服用できるお子さんもいますが、飲み込めなかったり、喉でつかえてしまい上手く服用できないこともあります。

 

服薬ゼリーを使用したり、錠剤を潰して粉状にする、カプセルから出して服用するなどの方法がありますが、潰したりカプセルから出して服用してはいけない薬もあるので、必ず医師または薬剤師に聞いてから行いましょう。

 

薬によっては、口の中で溶ける「口腔内崩壊錠(OD錠/Ⅾ錠)」や口の中でキャンディーのように溶かしたり、噛んで服用する「チュアブル錠」もあるので、処方医や薬局の薬剤師に相談してください。

 

 

5.薬を吐き出してしまったら

服用して直ぐに吐き出してしまった場合は、もう一度同じ量の薬を服用しても良いでしょう。ただし、吐き出した直後に服用すると、また吐き出してしまう可能性があるので時間を空けてから服用させてあげましょう。

 

服用後30分以上経ってから嘔吐してしまった場合は、薬が十分に吸収されていると考えられるため、追加の服用はしない方が良いでしょう。

 

 

坐薬が出てきてしまったら?

 

坐薬がすぐに出てしまった場合、出てきた坐薬がまだ固形の形を保った状態なら新しい坐薬をもう一度使用しましょう。坐薬が液状になっていたら、大部分が吸収されていると考えられるため、新たに使用しない方がいいでしょう。

 

多くの坐薬は、使用してから20~30分程度経つと完全に溶けて吸収されます。

 

 

6.薬を保管する際の注意点

シロップ剤には、甘くするために糖分がたくさん入っています。暖かいところに置いておくと細菌が繁殖しやすいため、必ず冷蔵庫に保存しましょう。

また、誤飲防止のため、必ずお子さんの手の届かない場所に保存してください。

 

7.終わりに

今回は、薬を嫌がるお子さんに上手に薬を飲んでもらう方法を紹介しました。

お子さんによって、どの方法が合っているのかはそれぞれです。いろいろ試してお子さんに合った服用方法を見つけましょう。

上手に薬を飲むことができたら、「良く飲めたね」としっかり褒めてあげてください!

 

 

 

執筆
薬剤師:篠ケ瀬 蒼惟
この執筆者の記事をもっと見る