《保護者必見》子どもの皮膚に感染する、とびひに効果のあるお薬とは?【医師監修】

お子さんの間で、夏にかけて流行する「とびひ」と呼ばれる皮膚の感染症。名前は聞いたことがあるものの、実際どんなものかご存知でない方も多いのではないでしょうか? 今回は、とびひについてと、お薬の観点から、とびひに効果のあるお薬の知識、市販薬についてご説明します。
※この情報は、2017年6月時点のものです。

※この記事を読んでいただいている皆様へ

処方せんネット予約サービスの普及の為に皆様から利用したいと思う薬局をお答えいただいております。
60秒ほどのアンケートにお答えいただき、ご協力いただいた方には 全員に500円分のAmazonギフト券を必ずプレゼントさせていただいております。
(2017/12/25現在、224,000人にの方にご回答をいただいております。)
ぜひアンケートにご協力ください。

今すぐアンケートに答える>

株式会社フリービットEPARKヘルスケア一同

1.とびひに効果のあるお薬

とびひの治療に使われるお薬としては、主に、原因となる菌を取り除く抗生物質(塗り薬や飲み薬)、とかゆみを抑える薬(塗り薬や飲み薬)が処方されます。とびひの種類や症状によって処方されるお薬は変わってきますので、必ず医師の指示に従って服用するようにしましょう。

 

1-1 抗生物質について

治療としては、症状の原因となっている細菌を取り除くことがメインです。そのため、抗生物質の塗り薬(外用薬)や、飲み薬(内服薬)が処方されます。

効果を十分に出すため、抗生物質は、処方された日数分をしっかりと飲みきるようにしましょう。

途中で治療を止めてしまうと、せっかく良くなった症状が再度発症し、悪化してしまうことがあるため、医師の指示に従い、最後まで治療を続けるようにしましょう。

 

とびひに有効な代表的な塗り薬としては、

・フシジンレオ軟膏(フシジン酸ナトリウム)
・ゲンタシン軟膏(ゲンタマイシン硫酸塩)

などがあります。

 

とびひに有効な代表的な飲み薬としては、

・セフェム系抗生物質

セフゾン(セフジニル)、フロモックス(セフカペンピボキシル塩酸塩)、メイアクト(セフジトレンピボキシル)

・ペニシリン系抗生物質

サワシリン(アモキシシリン)、パセトシン(アモキシシリン)

などがあります。

これらは医師の指示による処方せんがないともらうことができないお薬で、市販では購入することができません。

1-2 かゆみを抑える薬について

かゆみを抑えるお薬として、抗ヒスタミン薬などのアレルギー症状をおさえる薬が処方されることがあります。

飲み薬や塗り薬のタイプがあります。

抗ヒスタミン薬は、アレルギーの原因となる体内物質であるヒスタミンの作用を抑えることで、かゆみなどのアレルギー症状を改善します。

2.とびひに市販薬は効果あるの?

とびひは、放っておいたり、治療を行わないと、症状が悪化したり、感染している細菌によって、他の病気が起きることがあります。

そのため、とびひの症状が出た場合、必ず医療機関を受診するようにしましょう。専門の皮膚科や小児科の受診をおすすめします。

感染を拡げないためにも、早めに受診することがとても重要です。

 

どうしてもすぐに病院へ行けない際、症状が軽度の場合は、市販薬を一時的に使用することは有効です。

その場合は、抗生物質を含んでいる塗り薬が効果的ですが、店舗の薬剤師に必ず相談して購入するようにしましょう。間違ったお薬を使用してしまうと、治らないばかりか、症状が悪化してしまうこともあります。

市販薬でも一時的な効果は期待できますが、すぐに医療機関を受診する必要があります。

3.おわりに

とびひについてと、とびひの治療に利用されるお薬について参考になりましたでしょうか?

とびひは、乳幼児によくみられる皮膚の感染症で、かゆくてかいた手によって感染が拡がっていきます。

治療としては、主に抗生物質やかゆみをおさえるお薬が処方されます。

 

市販薬でも一時的な効果はありますが、症状が悪化する前に、できるだけ早く医療機関を受診することが重要です。

執筆
薬剤師:竹中 孝行
この執筆者の記事をもっと見る