【抗不安薬】レキソタンの作用と依存性や耐性などの副作用について解説

レキソタンは、不安や緊張、気分の落ち込みなどの精神状態に効く薬です。
また、筋肉の緊張をほぐす作用もあるため、精神的な緊張から起こる肩こりや頭痛などの身体的な症状にも使用されます。さらには手術時の不安や緊張を取り除き、麻酔をスムーズに効かせるためにも使われる薬です。


数種類ある不安や緊張を取り除く薬の中でもレキソタンは作用が強い分類とされているため、逆に副作用や依存症などの服薬上のリスクに注意が必要な薬です。


この記事では、症状改善のためレキソタンの服薬を継続していく中で、起こりやすい副作用、ほとんど起こらないが注意が必要な副作用、依存症や耐性、離脱症状、他の薬との飲み合わせなど考慮すべきリスクを詳細に紹介します。
※この情報は、2018年8月時点のものです。

※この記事を読んでいただいている皆様へ

処方せんネット予約サービスの普及の為に皆様から利用したいと思う薬局をお答えいただいております。
60秒ほどのアンケートにお答えいただき、ご協力いただいた方には 全員に500円分のAmazonギフト券を必ずプレゼントさせていただいております。
(2017/12/25現在、224,000人にの方にご回答をいただいております。)
ぜひアンケートにご協力ください。

今すぐアンケートに答える>

株式会社フリービットEPARKヘルスケア一同

1.レキソタンとはどういった薬?

レキソタンは「ベンゾジアゼピン系」という種類の薬の1つです。

 

ベンゾジアゼピン系は、脳の働きを落ち着かせる「GABA受容体」に作用して、次の4つの効果を発揮します。

 

・不安を取り除く(抗不安)作用

・筋肉をほぐす(筋弛緩)作用

・気持ちを落ち着かせ、眠気をもよおす(鎮静催眠)作用

・けいれんを抑える(抗けいれん)作用

 

ベンソジアゼピン系には多くの薬があり、上記4つの効果の強弱によって主に使われる用途が異なります。

 

ある薬は不安や緊張を取り除く「抗不安薬」として使われ、また、ある薬は眠りに導く「睡眠導入剤」として使われたりとさまざまです。

 

そうした中、レキソタンは、抗不安作用と筋弛緩作用が強いため、不安や緊張が強い場合やそれに伴う肩こりや頭痛の緩和に使われます。

 

その効果は、ベンゾジアゼピンの中で最も強いと評価されることもあり、服用すると個人差はあるものの鋭い効き目を実感できることが多いでしょう。

 

2.レキソタンの副作用

2-1. 起こる可能性がある副作用

レキソタンは強い抗不安作用と筋弛緩作用の他に催眠作用も中程度の作用がありますから、次の3つが副作用として良く起こりやすく注意が必要です。

 

・眠気

・ふらつき

・疲労感

 

 

眠気は、催眠作用からくるもので、ベンゾジアゼピン系の薬では避けられない副作用です。

脳の機能が低下するので、車の運転など危険な行動はしないようにしなければいけません。

 

ひどいと数時間前に起こったことを全く覚えていない「物忘れ」も起こることがあります。

また、筋弛緩作用からくる副作用としては、ふらつきや倦怠感に注意が必要です。

 

ふらつきによる転倒のリスクが上がり、頭を打ったり骨折につながったりすることもあるのであなどってはいけません。

 

2-2. ほとんど起こらないが注意すべき副作用

まれに起こる副作用として、脳の呼吸を司る部位へ作用してしまうことによる「呼吸抑制」があります。

 

命に関わる可能性があり、起こる頻度は低いですが注意すべき副作用です。

 

2-3. 精神系の薬で起こりやすい副作用

他の精神系の薬では次の副作用の発生をよく聞きます。

 

・吐き気

・頭痛

・便秘

・口が渇く

・太る 

 

 

吐き気、頭痛、便秘は全ての薬(薬全般)で起こる可能性がありますのでレキソタンでも注意が必要です。

 

また、自律神経の1つである副交感神経を刺激する作用を持つ神経伝達物質のアセチルコリンの働きを抑えてしまうために、唾液分泌が低下して口が渇く副作用が起こる可能性が高いです。

 

ただ、1週間くらい使い続けると体が慣れて副作用が治まってくることもありますので、ひどくなければ様子をみるのも手です。

 

一方で、一部の抗うつ薬でよくある副作用の「太る」は、レキソタンの場合は、レキソタンの服薬により不安がなくなり食欲が増して太ってしまうと考えられており、レキソタンの直接的な副作用として起こることは少ないと言われています。

 

3.レキソタンの長期間の服薬によって起こるリスク

3-1. 依存症(レキソタン無しでは生活できない)

レキソタンが無いと落ち着かなくなってしまい、常にレキソタンを求めてしまう「依存」が起こり得ます。

 

不安や緊張を取り除く効果が強いため、効果に大満足できることが多く、つい頼ってしまい手放せなくなることがあります。

 

どのくらい使うと依存になりやすいかはその時の状況によりますが、1か月以上連続して使う場合は注意が必要です。

 

また、医師の指示を無視して自己判断で服薬すると依存になりやすく注意が必要です。

 

レキソタンより作用の弱い抗不安薬がありますので、もし不安症状がそれほど強くない場合はレキソタンからの切り替えを医師と相談してみるといいでしょう。

 

3-2. 耐性(レキソタンが効かない)

レキソタンを長期間にわたって使いすぎるとレキソタンが効かくなり、量を多くしないと満足する効果が得られなくなることがあります。

 

この場合は効かないからといって自己判断で薬を増量してしまいがちです。

 

そうすると依存にもなりやすく危険なため、医師の指示を守ることが大切です。

 

薬の効果に満足いかない場合は必ず医師に確認するようにしてください。

 

3-3. 離脱症状(体がレキソタンを求める)

レキソタンを使い続けて、ある時にパタッとやめるとイライラや頭痛などいてもたってもいられなくなる離脱症状が起こることがあります。

 

レキソタンを継続して服用しないと症状が安定しなければレキソタンでコントロールすべきですが、その後良くなってきた時に自己判断で服薬を中止してしまってはいけません。

 

薬が体にある状態が体にとって「普通」の状態になっていますから医師と一緒に徐々に薬を減らしていくことが必要です。

 

薬が減っていることに体が気づかないくらいゆっくりと減らしていくのがベストです。

 

4.レキソタンを飲んではいけない病気

緑内障の方はレキソタンの服薬には注意が必要です。

 

一部の緑内障では、レキソタンによって眼圧が上がってしまうため、レキソタンを服薬することができません。

眼圧が高い方や緑内障の診断を受けている方は、必ず医師に申し出てください。

 

ちなみに緑内障の方は、風邪薬や腹痛の薬など多くの薬を服薬できないことがありますので、医療機関を受診する時、ドラッグストアなどで薬を購入する時は、医師や薬剤師に必ず申し出るようにしてください。

 

5.他の薬との飲み合わせ

絶対に一緒に飲んではいけない薬はありません。

 

しかし、一部の精神系の薬とパーキンソン病の薬、胃薬で飲み合わせがよくありません。

 

他の医療機関を受診している場合は、必ず医師に申し出てください。

 

また、アルコールとも相性がよくありませんので、レキソタンの服薬中はアルコールを飲まないようにしましょう。

アルコールとの飲み合わせや副作用は心配しなければいけないことですが、不安症状を優先して治療しなければいけない状況でしたら、レキソタンを服用するべきでしょう。

 

「今日はアルコールを飲むから」「太るのが心配だから」等の理由でレキソタンの服用を自己判断でやめるのは、治療する上で適切だとは言えません。

 

 

6.まとめ

・レキソタンは、抗不安作用と筋弛緩作用が強いベンゾジアゼピン系の向精神薬で、不安や緊張を主症状とする神経症やそれらによって起こる頭痛や肩こりなどの身体症状の治療に使われる

 

・よくある副作用は、眠気・ふらつき・疲労感

・依存、耐性、離脱症状を起こさないためには、必ず医師の指示どおり服用し、自己判断で服薬・増量・中断してはいけない

・一部の緑内障、一部の精神系の薬とパーキンソン病の薬、胃薬とレキソタンは相性がよくない

・レキソタン服用中は飲酒しないようにする。

 

 

 

執筆
薬剤師:産業 薬剤師
この執筆者の記事をもっと見る