【ステロイド塗り薬】マイルドで使いやすい?!リドメックスの作用と注意点を解説

村田 直子

リドメックスは外用副腎皮質ホルモン剤、俗にいうステロイドの塗り薬です。医師の処方薬(医療用医薬品)と市販品の両方があって、私たちの生活に身近な塗り薬です。

ステロイドというと、何かと敬遠されがちですが、リドメックスは、ステロイド塗り薬の5段階評価の中で、4番目の「マイルド」にあたり、効果はマイルドで使いやすい塗り薬の一つです。但し、使用の上では注意しなければいけないこともあります。

今回は、リドメックスの作用や剤型などを解説するとともに、副作用や使い方の注意点なども詳しく説明します。

※この情報は、2018年5月時点のものです。

1.リドメックスとは

リドメックスは、どのような働きをもったステロイドの塗り薬なのでしょうか?

 

1-1. リドメックスの成分・作用

リドメックスの軟膏・クリーム・ローション全種類に「プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル3%」が含まれています。

 

(薬理作用)

私たちはステロイドと簡単に口にしますが、ステロイドとは副腎皮質ホルモンのことです。

従って、リドメックス含有薬剤「プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル」は、ステロイドに分類されています。

 

ステロイドは過剰な免疫反応を抑え、アレルギー症状や炎症を鎮静化させます。また、血管収縮作用もあり、この作用もまた発赤、炎症を抑えようとします。

ステロイドが入った薬を塗ると、血管が収縮して白くなることがありますが、薬を止めてしばらくすれば、元の皮膚の色に戻ります。

 

リドメックスが適用となる皮膚疾患(リドメックスの添付文書から引用・参照)

 

湿疹

・皮膚炎群(進行性指掌角皮症・ビダール苔癬を含む)

・皮疹群(固定じんましん・ストロフルスを含む)

・虫刺され

・乾癬

・掌蹠膿疱症

 

1〜数回/日、適量を患部に塗布。症状により、塗布回数、塗布量を加減。症状によって密封法を行う。

 

※密封法:さらなる薬効を期待するためなどに薬剤を塗った部位をラップ等で閉鎖すること。

 

そして、ステロイドは免疫を抑える作用があるため、菌による感染で発症する皮膚疾患などに使用するのは控えましょう。要するに、膿が出るような化膿性疾患や水虫(白癬菌など)への使用は避けなければいけません。

 

1-2. リドメックスのステロイドの強さの位置づけ

リドメックスをはじめとするステロイドの塗り薬はどれにも共通した働きがありますが、効果の強さがそれぞれ異なります。それは、抗炎症度合いを決める血管収縮力の違いにあります。

 

もちろん、血管収縮力が強い薬剤ほど、炎症を抑える力があるわけです。

 

ステロイドの塗り薬はたくさん、ありますが、現在、その中で炎症を抑える強さをランク別にグループ分けしています

これも自分の症状に合った塗り薬を正しく選択して、副作用を回避する手段の一つです。

 

ステロイド塗り薬の5段階評価 リドメックスは4番目の「マイルド」

 

1 ストロンゲスト(最強):デルモベート・ダイアコート……

2 ベリーストロング:マイザー・ネリゾナ……

3 ストロング:ベトネベート・リンデロンV……

4 マイルド:リドメックス・ロコイド……

5 ウイーク(弱い):プレドニゾロン……

 

 

1-3. リドメックスに含まれる添加物

リドメックスには効果が出やすく使いやすいように、また、薬剤の安定性を高めるために添加物が入っています。

 

リドメックスの軟膏、クリーム、ローション、どれにも入っているのが「パラベン」「流動パラフィン」「ワセリン」です。

 

・パラベン:防腐剤

・流動パラフィン:軟膏などの基剤

・ワセリン:基剤や保湿剤

 

その他、クリームやローションには、セタノールやステアリルアルコールなども入っています。

 

2.リドメックスの3つの剤形「軟膏」「クリーム」「ローション」

2-1. 3つの剤形

・リドメックスコーワ軟膏0.3%

・リドメックスコーワクリーム0.3%

・リドメックスコーワローション0.3%

 

病院では医師が剤形の選択をしますが、ドラッグストアでは自分で選択することも少なくなりません。

そこで、それぞれの剤形の特徴を知っておくと、さらにリドメックスの効果が上がり、副作用も抑えることができます。

 

2-2. 軟膏・クリーム・ローションの特徴・使い分け

 

(軟膏)

軟膏はベタつき、伸ばしにくい、皮膚内への浸透力が弱いというデメリットがあります。メリットは刺激性が少なく、保湿性、持続性がいいということ。そのため、ひび割れした皮膚、ジュクジュクして湿潤を伴った皮膚への塗布が適しています。

 

(クリーム)

クリームはよく伸びるのでとても塗りやすいですね。皮膚内への浸透力も強く、効果も早く出現します。その一方で、夏、汗をかく時期になると、効果が出る前にクリームが流れてしまうことも少なくありません。

 

また、皮膚内への浸透力が強いので主成分だけでなく、添加剤からの刺激を過剰に受けやすくなっています。そのため、びらん、ジュクジュクな部分に塗るよりは硬く、厚くなった皮膚などへの塗布が適しています。

 

傷ついた皮膚はもろく、過敏になっていることが多く、軟膏を処方する医師が多いですね。

 

(ローション)

水はもちろんのこと、アルコールが含まれています。皮膚内への浸透力が強く、効き目も速いため、即効の痒み止めとして販売されることが多いです。

 

ドラッグストアでどの剤形のリドメックスを購入しようかと悩まれたら、是非、参考にしてください。さらに不明な点は薬剤師や登録販売者にお尋ねください。

 

では、次にリドメックスはどんな皮膚疾患に効果があるのかをご紹介しましょう。使用してはいけない皮膚疾患もあるため、しっかりと把握しておいてください。

 

3.リドメックスを使用する上での注意点

3-1. リドメックスの副作用

リドメックスのようなステロイドの塗り薬は表示通りに塗れば、ステロイドの内服や点滴などのように全身性の副作用に見舞われることはほとんどありません。しかし、ときに、塗った部位に色々な不利益な症状が出てしまうことがあります。

 

長期連用が主な原因となる副作用

 

・真菌による感染:カンジダ症・白癬症など 水虫関連

・細菌による感染(とびひ⦅伝染性膿痂疹⦆・毛のう炎など)

・ウイルスによる感染

・ニキビ様皮膚炎・酒さ皮膚炎(飲酒したように顔に赤みが増す)

・口囲周囲炎

・ステロイド様皮膚(皮膚が薄くなり、血管が浮いて見えるなど)

・多毛・塗布部位の皮膚が脱色(白くなる)

・まれに大量塗布、広範囲の密封法によって下垂体や副腎皮質系に影響を及ぼす(抑制)ことがある

 

このような副作用はありますが、ステロイドは副作用という不利益な症状を上回る働きをもっているため、現在でも色々な分野で活用されているわけです。

 

重大な副作用 眼瞼への影響

 

瞼などに大量使用、長期間、広範囲に塗り続けると、白内障または、眼圧亢進で緑内障に罹りやすく要注意です。

どのステロイドの塗り薬でも顔に塗るのは控えたいのですが、弱いステロイド作用の塗り薬は塗ることができる場合があります。

ただ、その場合でも医師や薬剤師に必ずご相談をお願いいたします。

また、眼への使用ですが、眼には眼専用のステロイドの塗り薬(プレドニン眼軟膏など)があります。この薬は医師の処方箋が必要となりますので、医療機関を受診しましょう。

 

3-2. 使用上の注意

大量使用、長期間にわたる広範囲の密封法は、副腎皮質ホルモン内服薬や点滴などと同様の副作用がでやすくなります。そのため、リドメックスの使用で改善が見られない、悪化の経過を辿るようであれば、速やかに使用を中止します。

 

添付文書には使用上の注意、適用の注意を掲載していますので、ご紹介しておきます。

 

(使用上の注意)

・高齢者:健康な高齢者でも一般人よりは生理機能が低下しているため、大量、広範囲、長期間使用は避けましょう。

 

・妊産婦や授乳婦:妊娠中の使用による安全性はまだ確立されていません。そのため、妊婦だけでなく、妊娠可能な女性も大量、広範囲、長期間使用は避けましょう。

 

・小児:大量、長期、広範囲の使用、また密封法による使用は、発育障害をもたらす危険性があります。また、おむつがあたる部位への塗布は密封法と同じ状況となるため、注意が必要です。

 

(塗る部位への注意)

眼科領域には使用してはいけません。また、化粧の下地として、ヒゲを剃った後のケアとしての使用は避けてください。

 

4.リドメックスと同じ成分を含む市販薬

リドメックスの成分「プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル」が入った市販の外用剤は、たくさんあります。

ただ、市販品のパッケージの表示をよく見てください。医療用のリドメックスとは濃度が違います。

医師が処方するリドメックスは、レドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルの濃度は3%ですが、市販薬に含まれる同成分の濃度は半分(0.15%)になっています。

また、医療用のリドメックスは単独成分ですが、市販薬は同成分の他に痒み止めや炎症を抑える薬も入っています。

 

さらに特筆したいのは、リドメックスと同成分の市販薬は指定第二類医薬品に分類されていることです。

第二類医薬品は第一類医薬品ほどではないけれど、副作用などに比較的危険性があるとされている医薬品です。その中でもさらに注意を要する医薬品が指定第二類医薬品分類されています。

 

では、以下にリドメックスと同成分(濃度はリドメックスの半分)が入っている市販品をいくつかご紹介いたしましょう。

 

○ 興和新薬 リビメックスコーワ軟膏

○ メンソレータム メディクイック軟膏R

○ シオノギPV軟膏

○ 佐藤製薬 セロトピー軟膏 

○ ゼリア新薬 プレバリンα軟膏    など

 

他、クリーム、ローションタイプもあります。

 

上記の市販薬の上記の市販薬のパッケージに「アンテドラッグ」と表示されたものがあります。

これらの主成分であるプレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルがアンテドラッグに相当します。

アンテドラッグは、ステロイド評価の第4段階の「マイルド」の効果をだしますが、その後は吸収(代謝)され、作用も減弱する作用を持っています。

この作用は全身への副作用を軽減するという点で非常にメリットです。

しかし、塗った部位に対しては「マイルド」の効果なので、マイルド並みの副作用は存在すると考え、しっかりと使用上の注意を守って使用していただきたいと思います。

 

 

5.まとめ

 いかがでしたか?

リドメックスはステロイドの塗り薬ですが、しっかりと使用上の注意を守れば、決して恐れることのない薬です。

ステロイドのメリットとデメリットをしっかりと把握し、ステロイドの効き目の良さを感していただければ本望です。

 

 

 

 

薬剤師・その他医療機関関係者の方へ
正確な医療情報を発信するために、医師、薬剤師監修のもと、誤りがないよう万全を期しておりますが、もし誤りとお考えになる情報があった場合には、ご指摘いただけますと幸いです。
医療情報に関するご指摘お問い合わせ
その他記事へのお問い合わせ