【薬剤師が解説!】抗菌薬『メイアクト』の特徴・副作用について

抗菌薬は日常的に良く使われるイメージがありますが、使用方法や注意点を守って服用しなければ、病気が治りにくくなり、治療が長期化してしまうこともあります。

抗菌薬の一つに、一般的な風邪の症状や、胃腸炎、膀胱炎などに幅広く使われる『メイアクト』があります。服用される中で、様々な不安や疑問をお持ちの方もいるかと思います。

今回は、メイアクトの作用や副作用、注意点について詳しく解説していきます!
※この情報は、2018年6月時点のものです。

※この記事を読んでいただいている皆様へ

処方せんネット予約サービスの普及の為に皆様から利用したいと思う薬局をお答えいただいております。
60秒ほどのアンケートにお答えいただき、ご協力いただいた方には 全員に500円分のAmazonギフト券を必ずプレゼントさせていただいております。
(2017/12/25現在、224,000人にの方にご回答をいただいております。)
ぜひアンケートにご協力ください。

今すぐアンケートに答える>

株式会社フリービットEPARKヘルスケア一同

1.メイアクトについて

1-1. 有効成分と作用

有効成分

メイアクトの有効成分は「セフジトレン ピポキシル」といいます。

「セフジトレン」という抗菌作用のある成分に、「ピポキシル基」という構造をくっつけることで、腸での吸収を良くしています。

 

作用の仕方

ほとんどの細菌は細胞膜の周りに「細胞壁」と呼ばれる防御壁を持っています。そのような細菌は細胞壁がなくなると、細胞内に水分が流入してきて生存できなくなります。

「セフジトレン」は、この細胞壁の合成を行うタンパク質の働きを阻害することで抗菌作用を発揮します。

 

 

1-2. どんな症状に使われる?

メイアクトは抗菌薬ですので、細菌感染による以下のような症状に幅広く使用されます。

 

・皮膚感染症

・咽頭炎

・扁桃炎

・急性気管支炎

・肺炎

・膀胱炎

・中耳炎

・副鼻腔炎

・歯周組織炎

 

 

1-3. メイアクトの剤型

メイアクトには錠剤と細粒の以下の商品があります。

 

・メイアクトMS錠100mg

・メイアクトMS小児用細粒10%

 

乳幼児から小学生低学年ぐらいまでは体重に合わせて用量が増えていくため、細粒を使用します。一般的には、体重が35kgぐらいを超えると錠剤を1日3錠服用することができます。

 

 

メイアクトMS細粒の飲ませ方

 

小児に処方される「メイアクトMS小児用細粒10%」はバナナ風味で甘く味付けされていますが、わずかに苦みを感じ、そのままでは飲んでくれないお子さんもいます。

 

そういった場合には、バニラアイス、牛乳、オレンジジュース、お茶と一緒に飲むと苦みがマスクされ服用しやすくなります。バニラアイスには混ぜるというよりも、アイスで薬をサンドすると苦味を感じにくいでしょう。

牛乳、オレンジジュース、お茶に混ぜる場合には服用する直前に混ぜるようにしましょう。

 

逆に乳酸菌飲料、スポーツドリンクに混ぜると苦みが増してしまうので避けてください。

薬を嫌がるお子さんへの服用方法についてはコチラ↓

薬剤師執筆

薬剤師が伝授!薬を嫌がる赤ちゃん・子供への薬の飲ませ方

薬剤師:篠ケ瀬 蒼惟
2018.06.06
くすり

 

2.セフェム系抗生物質について

2-1. 抗生物質の分類

抗生物質は、作用の仕方により以下の系統に分類されています。

 

抗生物質の分類

 ・ペニシリン系抗生物質

 ・セフェム系抗生物質

 ・カルバペネム系抗生物質

 ・マクロライド系抗生物質

   ・テトラサイクリン系抗生物質

 ・アミノグリコシド系抗生物質

 ・ニューキノロン系抗菌薬

 

 

これら以外にも抗生物質はありますが、主に使用されるものは大体この7つに分類されます。

この中でもメイアクトの有効成分「セフジトレン」は、セフェム系抗生物質に該当します。

 

 

2-2. セフェム系抗生物質の特徴

セフェム系抗生物質は、細菌の細胞壁の合成を阻害することで抗菌作用を発揮します。

開発された時期によって第一世代〜第三世代に分類され、各世代では得意とする細菌の種類が異なります。

 

 

主な商品名

第一世代

ケフレックス、ケフラール

第二世代

オラセフ

第三世代

メイアクト 、フロモックス、セフゾン

 

メイアクトは第三世代に該当し、溶連菌や黄色ブドウ球菌などの病原性の高い「グラム陰性菌」と呼ばれる種類の菌に対して有効性が高い抗菌薬です。

しかし、その作用の仕方からもともと細胞壁を持っていないマイコプラズマに対しては全く効果がありません。

 

 

抗菌薬で陰部が痒くなる?副作用?

 

メイアクトなどの抗菌薬を服用している女性の中には、一定割合で陰部の痒みを訴えられる方がいます。

 

女性の膣内では、健康に悪さをしない善玉菌が、病原菌となる悪玉菌の繁殖を抑制してくれています。

そこに抗菌薬を投与すると、悪玉菌だけでなく、善玉菌にも作用して殺菌してしまいます。

膣カンジダ症の原因となる「カンジダ菌」は、細菌ではなく真菌(カビの一種)であり、抗菌薬は効果がありません。普段は善玉菌の働きによりカンジダ菌の数は少ないですが、善玉菌がいない状況で増殖すると膣カンジダ症を発症させ、痒みや排尿時の痛みなどの症状が現れます。これは、メイアクトだけではなく、どの抗菌薬でも起こりえることです。

 

抗菌薬の服用は、薬剤耐性菌の発生に繋がる恐れがあるため、膣カンジダ症の症状が出てきたからといって抗菌薬を自己判断で中止するのはおすすめできません。婦人科を受診するようにしましょう。

 

スマホえんきん

 

3.メイアクトの服用方法と注意点

3-1. 服用方法

 

メイアクトMS錠100mg

通常、1日3回 食後に1錠服用します。

症状が重い場合には、1回2錠、1日6錠まで増量することができます。

 

メイアクトMS小児用細粒10%

通常、体重1kgあたり1回 0.03gを1日3回食後に服用します。

症状が重い場合には、1日6gを上限として、体重1kgあたり1回2gまで増量することができます。

 

 

3-2. 服用できない人

過去にメイアクトで発疹や呼吸困難、ショック症状などの過敏症を起こした方は服用できません。

また、メイアクトと同じセフェム系抗生物質で過敏症を起こした方にも原則的には使用しません。

セフェム系抗生物質と構造が類似しているペニシリン抗生物質で過敏症を起こした方にも使用しないことが多いです。

 

 

3-3. 妊婦さん・授乳中は服用できる?

妊娠中の方はできるだけ控えることとなっていますが、短期的に使用する場合には抗菌薬の中では比較的安全とされています。

また、授乳中の方が服用した場合も、授乳児への影響も少ないと考えられています。

 

 

3-4. その他の注意事項

メイアクトなどの抗菌薬は、しっかりと決められた期間服用しなければ、薬が効きにくくなる「薬剤耐性菌」を生み出し、治療が難しくなることがあります。症状が治まっても、体の中ではまだ病原菌が悪さをしていることがあるため、自己判断では中止せずに処方された日数分を最後まで飲みきってください。

 

飲み忘れた場合は、気が付いた時点でできるだけ早く1回分を服用してください。食後でなくても問題ありません。

 

ただし、次の決められた服用時まで4時間以内の場合は、飲み忘れた1回分を飛ばして次の決められた服用時に1回分を服用してください。一度に2回分を服用するのは、副作用のリスクが高まるので厳禁です。

 

 

4.メイアクトの副作用

抗菌薬の飲み薬では、共通して下痢や軟便の副作用が多く現れます。これは、腸の中の善玉菌までも殺菌してしまい、腸内環境が悪化するためです。下痢・軟便を予防するために、抗菌薬に耐性を持つ乳酸菌製剤を一緒に服用する場合もあります。

 

下痢・軟便の症状が酷ければ中止しなければなりませんが、症状が軽度でしたら継続した方がいいでしょう。下痢時には脱水にならないように、こまめな水分補給を行なってください。

 

他にもメイアクトには、頻度はかなり低いですが以下のような副作用があります。

 

特に、発熱を伴う蕁麻疹・ただれ、息苦しいなどの症状が継続する場合には、治療が遅れると重篤な後遺症が残る場合があるので、直ぐに受診するようにしてください。

 

 

アナフィラキシーショック

皮膚の痒み、蕁麻疹、喉の痒み、冷や汗、息苦しい、動悸、めまい、意識の低下 など

 

皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)

中毒性表皮壊死融解症(TEN)

高熱(38℃以上)、目の周りや唇のただれ、喉の痛み、皮膚の広範囲の赤み など

 

偽膜性大腸炎

重篤な下痢、粘性の便、お腹の張り、腹痛、発熱、吐き気 など

 

間質性肺炎

軽い運動(階段を登るなど)での息切れ、痰が絡まない咳、発熱 など

 

肝機能障害

倦怠感、食欲不振、発熱、発疹、吐き気、皮膚の痒み、皮膚や白目が黄色くなる など

 

横紋筋融解症

筋肉の痛み、手足の痺れ、手足に力が入らない、全身のだるさ、尿が赤褐色になる など

 

低カルニチン血症(乳幼児に多い)

倦怠感、痙攣、意識の低下、脈の乱れ、手足に力が入らない など

 

 

この他にも副作用は報告されているので、体調がいつもと違うと感じた際には,医師・薬剤師に相談してください。

 

 

5.おわりに

今回は、風邪や胃腸炎、膀胱炎などに良く処方される抗菌薬『メイアクト』について解説しました。

 

安全性は高い薬ですが、ごく稀に重篤な副作用を起こすこともあります。どのような副作用があり、どのように対処すればよいかを良く理解して服用しましょう!

 

スマホえんきん
執筆
薬剤師:篠ケ瀬 蒼惟
この執筆者の記事をもっと見る