【ウイルス性皮膚疾患】水いぼに効く薬は?おすすめの市販薬やステロイド使用の可否についても解説

夏になって子どもたちがプールに入るようになったときに、よく悩まされる疾患の一つに水いぼがあります。
水いぼは、かゆみなどの症状はそれほどひどくないことが多いですが、他の子どもに移してしまう可能性もあるためできるだけ早く治したい疾患でもあります。

そこで今回の記事では、水いぼに罹ったときに有効な薬について解説いたします。また、お薬以外にも皮膚科などで一般的に行われている外科的な治療法についても紹介いたします。
※この情報は、2018年7月時点のものです。

※この記事を読んでいただいている皆様へ

処方せんネット予約サービスの普及の為に皆様から利用したいと思う薬局をお答えいただいております。
60秒ほどのアンケートにお答えいただき、ご協力いただいた方には 全員に500円分のAmazonギフト券を必ずプレゼントさせていただいております。
(2017/12/25現在、224,000人にの方にご回答をいただいております。)
ぜひアンケートにご協力ください。

今すぐアンケートに答える>

株式会社フリービットEPARKヘルスケア一同

1.水いぼとは?

水いぼとは皮膚に発症する伝染性の疾患で、正式名称は「伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)」と言います。

子どもがプールに入ったときなどに感染することが多いため、水いぼという名称がついていますが、実際には水を通して感染するのではなく、皮膚同士が直接接触したり、タオル、ビート板、浮き輪などを共用することによって感染すると考えられています。

 

水いぼは、免疫力が弱い7歳以下の幼児で発症率が高いと言われており、大人が発症することはあまりありません。

直径1~5㎜程度の小さな粒状で白っぽい色をしており、手足や体幹部に生じることが多いです。

 

水いぼの粒の中には伝染性軟属腫ウイルスが多量に含まれているため、掻いたりすることで水いぼが潰れるとウイルスが拡散して他人に伝染させる恐れがあります。発症したての頃はかゆみなどの症状は生じにくいですが、完治する間際になると赤くなって強い痒みを伴うことがあります。

 

この時に水いぼをかき壊してしまうと感染が拡大する恐れがあるため注意が必要です。また、水いぼはアトピー性皮膚炎、気管支喘息などのアレルギー性疾患のある子どもでは症状が悪化しやすいとされています。

 

水いぼの子どもはプールに入って良い?

 

日本小児皮膚科学会などが作成した『プールに関する委員会見解』には、水いぼに感染している人がプールに入ることは特に問題ないと明記されています。これは、水いぼがプールの水を介して感染する恐れがほとんどないためです。ただし、水いぼに感染している人の患部に直接肌が触れたり、タオル、浮き輪、ビート版などの用具を共有したりすることは避けるべきとされています。また、プールから上がった後は感染予防のためにしっかりとシャワーで体を洗い流すことも推奨されています。

 

一方で、このような見解が発表されているにも関わらず、他のお客さんや園児などの心情を考慮して「水いぼの方は遊泳禁止」としている施設も少なからず存在します。水いぼのお子さんをプールに入れる場合には事前に施設のルールを確認しておくと良いでしょう。

2.水いぼの治療法は?

水いぼにかかってしまった場合はどのように治療すれば良いのでしょうか?実は、水いぼのウイルスは体に備わっている免疫の力で退治することが可能なため、治療をせずにそのまま自然に治るのを待つこともできます。ブツブツの数がそれほど多くなく、かゆみなども無いようであれば、しばらく様子を見ても良いでしょう。

 

ただし、水いぼウイルスに対する免疫を獲得して自然治癒するまでには半年から、長い場合は数年程度かかることもあり、その間に身近な人に感染が広がる可能性もあります。このため、症状がひどい方や少しでも早く治癒させたいという方には薬を用いることもできます。

 

具体的には、次章で解説する、サリチル酸製剤を患部に塗布したり、ヨクイニンを服用するといった方法がとられます。薬を用いることで大きな改善効果が得られる場合もありますが、症状によっては効き目が思わしくないこともあります。そうした難治性の水いぼには以下にご紹介するような外科的な治療法が必要となる場合もあります。

 

外科的な治療法も

 

病院で治療する場合は、外科的治療により水いぼを物理的に取り除いてもらうことも可能です。一般には、トラコーマ鑷子(せっし)と呼ばれる先が輪の形をしたピンセットを使って水いぼを直接摘み取ります。この方法はご想像のとおりの痛みを伴いますので、麻酔テープなどを使いながら行います。ただし、麻酔テープは人によっては皮膚にアレルギーを起こす可能性もあるため、皮膚が弱い方などは注意が必要です。また、水いぼの数があまり多いと取り切れなくなってしまうため、少ないうちに早めに取り除くことが必要になります。

 

その他の方法としては、局所麻酔をしたうえで、レーザーや電気メスで水いぼを焼き取るやり方もあります。この方法は水いぼを除去するときにウイルスが周りに飛散するのを防ぐことができるというメリットがあります。その他の除去法として、液体窒素を使う方法もあります。液体窒素に浸した綿棒などを水いぼに押し付けることで、いぼを凍らせて壊死させて取り除きます。この方法はピンセットやレーザーを用いる方法と比べて痛みが少ないというメリットがありますが、いぼを取り除くまでに数回に渡って治療を受けないといけないというデメリットもあります。

 

3.水いぼに効く薬は?

水いぼにはいわゆる特効薬のようなものはありませんが、以下にご紹介するような薬を用いることで疾患を治療したり症状を和らげたりすることが可能です。

 

3-1. サリチル酸製剤

サリチル酸には水いぼを柔らかくしてふやけさせ、取れやすくする効果があります。スピール膏などの絆創膏タイプのサリチル酸製剤を患部に貼っておくと水いぼが白く柔らかくなって取り除きやすくなります。

 

また、サリチル酸にイオウを混ぜた軟膏を綿棒などで患部に塗布する方法もあります。イオウには水いぼウイルスを不活化する働きもあるため、サリチル酸単独製剤よりも高い効果を期待できます。

 

3-2. 木酢エキス

木酢エキスとは、木材を乾留したときに生成される乾留液の上澄みで、酢酸やアルコールなどの成分が含まれています。酢酸には肌を柔らかくする作用が、アルコールには殺菌・消毒作用があり、患部に塗布することでイボがはがれやすくなるとされています。

 

木酢エキスは医薬品ではありませんが、家庭で実践できる水いぼ対策として知られており、ドラッグストアやインターネット通販などでも手軽に購入することが可能です。

 

3-3. ヨクイニン

ヨクイニンはハトムギを原料とする、イボに用いられる代表的な漢方薬です。ヨクイニンは江戸時代から用いられている伝統的な薬で、イボだけでなくニキビや各種の肌荒れにも効果を発揮します。ヨクイニンには、体の水分バランスを整える、炎症を鎮める、膿の排出を促進するなどの作用があり、安全性も高いことから市販薬としても販売されています。

 

3-4. おすすめの市販薬

水いぼにお勧めの市販薬には以下のようなものがあります。いずれもドラッグストアやインターネット通販で購入できますので、医療機関を受診せずに治したいという方はご検討ください。

 

・『ヨクイニンエキス顆粒クラシエ 45包』クラシエ薬品

・『けんきの滴 蒸留木酢・竹酢液 400ml』DOKA-SHOP

・『DHC はとむぎエキス 30日分』DHC(ディー・エイチ・シー)

 

※『イボコロリ』などの市販のサリチル酸外用薬は説明書に「水イボには使用しないように」と記載されています。このため、サリチル酸製剤で水イボを治療する場合は、原則として医療機関を受診して医師から薬を処方してもらう必要があります。

 

水いぼにステロイド外用薬は使える?

 

痒みや腫れを抑えるための代表的な薬としてリンデロンなどのステロイド軟膏があります。

ステロイドには強力な抗炎症作用があるため、水いぼの症状にも良く効くと思われがちですが、実はステロイドは水いぼなどの感染性疾患には注意が必要な薬です。

 

ステロイドには抗炎症作用と共に免疫抑制作用があります。このため、ウイルスに感染した患部にステロイドを塗布すると、その部分の免疫力が弱まることで水いぼウイルスが増加してしまい、かえって症状が悪化する可能性があるのです。こうした理由から、水いぼのようなウイルス性疾患には原則としてステロイド外用剤は用いません。

 

ただし、水いぼによる痒みが大変強く、患部を掻き壊してしまう恐れがあるときなどは少量のステロイドを短期間だけ塗布することもあります。しかし、その場合も素人判断で使用することはお勧めできないので、皮膚科などを受診して医師の監督下で使う方が良いでしょう。

 

また、アトピー性皮膚炎に罹っているため普段からステロイド外用薬を使用している子どもが水いぼを併発する場合も多々あります。この場合は、できるだけ水いぼの部分を避けてステロイドを塗布することが原則となりますが、詳しい塗り方については、主治医の先生の指示に従うようにしてください。

また、ステロイドではありませんが、病院などでよく処方される軟膏の一つにゲンタシンなどの抗生物質を含むものがあります。抗生物質には細菌を殺す作用はありますが、水いぼウイルスなどのウイルスに対しては効果がありませんのでこちらにも注意してください。

 

4.水いぼ治療薬の注意点

4-1. 水いぼ治療薬の副作用は?

水いぼ治療薬は安全性の高い外用薬がほとんどであり、副作用についてはそれほど心配する必要がありません。

 

ただし、人によっては塗り薬を塗布した場合に、皮膚が赤くなるなどの過敏症状を起こす可能性もあるため、万一、異常が見られた場合はすぐに使用を中止して医師に相談してください。また、ヨクイニンについては、服用した際にごく稀に、かゆみ、蕁麻疹、胃部不快感、下痢などが生じる場合があるのでこちらについてもご注意ください。

 

4-2. こんなときは早めに病院へ

水いぼは自然に治すことも可能な疾患ですが、中には医療機関の受診が必要になるケースもあります。特に、以下の項目に該当する方は症状が悪化しやすく自然治癒が難しい傾向にあるので、病院へ行かれることをお勧めします。

 

・アトピー性皮膚炎にかかっている方。

・花粉症、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、蕁麻疹、喘息にかかっている方。

・乾燥肌の方。

・尋常性疣贅(イボ)にかかった経験がある方。

・水いぼの数が多い方。

・水いぼの症状が一向に良くならず、次第に数が増えていっている方。

 

5.まとめ

水いぼは重症化することが少なく、罹ってしまってもそれほど心配する必要がない疾患と言えます。市販薬を使いながら様子を見るという選択肢もあるため、症状を見ながら判断してください。また、皮膚が乾燥してバリア機能が低下すると水いぼに感染しやすくなるので適度な保湿を心がけ、清潔な状態を保つなど予防に気を配ることも大切です。

 

大切なお子様が快適な夏を過ごせるように普段から万全の備えをしておくようにしましょう。

執筆
薬剤師:おくすり スペシャリスト
この執筆者の記事をもっと見る