モルヒネの副作用が心配!医療用麻薬の正しい知識を解説

麻薬と聞くと「体に悪い」「精神が壊れる」「廃人になる」などのマイナスのイメージがありませんか?

決して間違いではありませんが、医療用麻薬は適切に使えばがんの痛みを抑える緩和ケアにとても有効な働きをします。モルヒネも医療用麻薬の一つとして使われます。安全性や副作用に問題はないのでしょうか?

今回は、医療用麻薬について解説するとともに、モルヒネのこと、特に安全性や副作用について説明します。
※この情報は、2018年5月時点のものです。

※この記事を読んでいただいている皆様へ

処方せんネット予約サービスの普及の為に皆様から利用したいと思う薬局をお答えいただいております。
60秒ほどのアンケートにお答えいただき、ご協力いただいた方には 全員に300円分のAmazonギフト券を必ずプレゼントさせていただいております。
(2017/12/25現在、224,000人にの方にご回答をいただいております。)
ぜひアンケートにご協力ください。

今すぐアンケートに答える>

株式会社フリービットEPARKヘルスケア一同

1.医療用麻薬について

麻薬と聞くと怖いもの、悪いものというイメージがあります。たしかにコカインやヘロインなどの不正麻薬や覚せい剤は身体に対する有害性があり、依存性もある危険な物質です。法律でも所持や使用を禁止されているため、絶対に使わないようにしましょう。

 

一方で医療用麻薬は医療目的ならば使用が認められている薬です。麻薬には間違いありませんが、適切な使用をすれば、不正麻薬のような有害性や依存性は生じない、生じづらいと考えられています。代表的な医療用麻薬にはモルヒネがあります。

 

医療用麻薬でも乱用すれば健康上の問題が生じます。しかし適切に用いればがんによる痛みを軽減する緩和ケアにとても有効な薬です。医療用麻薬を使用するときは医師の指導のもと適切に使うことが重要です。

 

2.モルヒネってどんな薬?

がんの主な症状は痛みです。症状が進行すればするほど、痛みが強くなり、日常生活がままならないくらいの痛みが生じることもあります。がんの治療はとても重要なことですが、それと同じくらいQOLを維持することも重要なポイントです。

 

がんの初期段階では痛みがそこまで強くなく、非オピオイド鎮痛薬(ロキソニンやイブプロフェンなど)の使用でも事足りることがあります。しかし症状の進行とともに痛みは徐々に強くなっていくため、痛みをコントロールするためにはオピオイド鎮痛薬を使用する必要が出てきます。そのオピオイド鎮痛薬の一つがモルヒネです。

 

モルヒネはケシから取れるアヘンから作られる物質です。医療用麻薬という名の通り、麻薬には間違いありません。モルヒネからはヘロインが合成されるため、怖いものというイメージが生じることも仕方ないことだとは思います。しかし医療用麻薬として適切に使用する限り、不正麻薬にあるような依存性などは生じないとされています。まず、モルヒネが痛みを軽減する仕組みを見ていきましょう。

 

3.なぜモルヒネは痛みを消すの?

人間の体は組織が破壊されるなどすると、痛みのシグナルが神経を通って脳へと伝わり痛みを感じます。がんにより正常な細胞組織が破壊されると痛みのシグナルが神経を通って脳へと伝わり、痛みを感じます。がんが大きくなったり、転移して範囲が大きくなったりするとより痛みは大きくなります。

 

痛みを伝える神経伝達物質は「オピオイド受容体」と結合することで、脳へと伝わり痛みを感じるようになります。オピオイド薬の一つであるモルヒネは、痛みの神経伝達物質よりも先にオピオイド受容体と結合し、痛みを軽減させる作用を示します。

 

4.モルヒネの安全性・副作用

モルヒネは医療用麻薬の一つです。医療用と名前がついていますが、適切に使用しないと中毒性や依存性を発揮して人体に有害な働きを示すこともあります。しかし大事なポイントは「がんによる痛みを軽減するために使用したときは、依存性が形成されることはほとんどない」ということです。

 

今では学校の授業などで、麻薬の恐ろしさを教えるため、依存性や中毒性について恐怖心がある人も多いと思います。医療目的で医師の指導のもと適切に服用するならば、問題がないことを知ってください。

 

痛みがない人に対して仮にモルヒネを投与した場合、快楽中枢が刺激され快感を伝える神経伝達物質であるドーパミンが放出され、快楽を感じる状態となります。この状態が長時間、何回も続くと中毒症状が起き、依存性が形成されます。

 

しかし痛みがある人に対して医療目的としてモルヒネを投与した場合、痛みによりドーパミンの放出が抑制されます。痛みがある人はモルヒネにより快楽を得づらくなっているため、中毒が起きづらく依存性も形成されません。

 

麻薬特有の中毒性・依存性は医療用として適切に使用している限り、ほぼありません。ただしそのほかの副作用は起きる可能性があります

 

モルヒネの副作用で多いものはまず便秘が挙げられます。モルヒネを初めとするオピオイド系鎮痛薬を使用している患者のかなりの割合に現れます。下剤を使用すれば解決しますし、水分や食物繊維の摂取、適度な運動など生活習慣の面でも改善しやすい副作用と言えます。

 

そのほか吐き気や眠気が副作用として挙げられます。強い吐き気や眠気を生じて、日常生活に支障が出る場合は医師に相談するようにしましょう。

 

5.まとめ

モルヒネは緩和ケアに欠かせない医療用麻薬の一つです。痛みを脳に伝えるオピオイド受容体に痛みの神経伝達物質よりも先に結合するため、痛みを軽減します。

 

医療用麻薬と呼びますが、がんによる痛みがある人が適切に使用している限り、中毒性や依存性が形成されることはありません。モルヒネは長期間、鎮痛薬として使用されてきた歴史のある薬品です。

 

麻薬という言葉に惑わされず、緩和ケアの心強い味方と思ってください。

執筆
医師:大見貴秀
この執筆者の記事をもっと見る