熱はないのに喉が痛い!これって風邪?病院に行った方がいいの?

喉の痛み」は軽い風邪でも生じる症状であり、多くの人が何度も悩まされた経験があると思います。

喉の痛みは、喉の粘膜にウイルスや細菌が感染して炎症を引き起こすことで生じることがほとんどです。一般的な風邪では、喉の痛みの他に鼻水や咳などの症状も生じますが、熱が出た場合には病院へ行くことが多いでしょう。

しかし、喉の痛みは発熱を伴わないこともあり、こういった場合、病院を受診する人は少ないように思います。
ですが、熱がなくても喉の痛みは体が悲鳴を上げているサインです。中には重篤な病気によって喉の痛みが引き起こされていることもあり、喉の痛みを放置するのは非常に危険です。

ここでは、熱がない時の喉の痛みの原因と対処法、病院受診の目安を詳しく解説します。
※この情報は、2018年6月時点のものです。

※この記事を読んでいただいている皆様へ

処方せんネット予約サービスの普及の為に皆様から利用したいと思う薬局をお答えいただいております。
60秒ほどのアンケートにお答えいただき、ご協力いただいた方には 全員に300円分のAmazonギフト券を必ずプレゼントさせていただいております。
(2017/12/25現在、224,000人にの方にご回答をいただいております。)
ぜひアンケートにご協力ください。

今すぐアンケートに答える>

株式会社フリービットEPARKヘルスケア一同

1.なぜ風邪をひくと喉が痛むの?熱も出る理由とは…

風邪による喉の痛みは、ウイルスや細菌などの病原体に感染し、「咽頭炎」を発症するために生じます。咽頭炎の原因としてはウイルス感染によるものが多いですが、中には溶連菌のような細菌に感染することが原因となることもあり、細菌性の場合は強い喉の痛みや高熱が出るなど重症化しやすいのが特徴です。

 

では、なぜウイルスや細菌に感染すると喉が痛みやすいのでしょうか?詳しく見てみましょう。

 

1-1. 喉には病原体がいっぱい!

喉は口や鼻から体内に侵入した病原体が最初に通る部位です。このため、喉には「フレッシュ」な病原体が多く存在する状態となります。

さらに、喉の粘膜には病原体を捕まえて、体の外へ押し出そうとする線毛が無数にあり、気管や肺など深部の重要な臓器への侵入を防ぐ仕組みが備わっています。

 

通常、線毛によってキャッチされた病原体は、線毛の粘液に包まれた状態で咳やくしゃみの勢いによって体の外へ排出されます。しかし、中には頑固に喉の粘膜に居つく病原体もおり、それらが喉の粘膜に炎症を起こすことがあるのです。

このため、喉は病原体の侵入をブロックする重要な働きをしていますが、場合によっては病原体が多く存在することで炎症を起こしやすい部位ともいえるのです。

 

1-2. 喉の痛みと発熱が同時に起こるわけ

病原体に感染することによって、喉の粘膜にはプロスタグランジンやヒスタミン、サイトカインなどの炎症を引き起こす物質が放出されます。これらの物質によって、白血球が多数集まり、病原体を攻撃するという「免疫作用」が生じるのです。

 

白血球は37℃後半~38℃の環境下で最も活性が高くなるため、白血球が多くの病原体を攻撃している時には体温を高くしようとする仕組みが働いて発熱が引き起こされるのです。

 

細菌性咽頭炎の方がウイルス性咽頭炎よりも症状が重くなるのは、細菌を攻撃するときの方がより多くの白血球が必要になるからだと考えられています。逆に、ウイルスは白血球が直に攻撃をするのではなく、白血球の一つであるリンパ球がそのウイルスの抗体を次々に産生して退治を行うため、ある程度の抗体が産生された後は白血球数が減少することもあります。

 

2.熱のない咽頭炎とは…?

このように、喉の痛みの多くは病原体に感染することによる咽頭炎が原因です。しかし、咽頭炎には熱が出るものと出ないものがあります。

これにはどのような違いがあるのでしょうか?詳しく見てみましょう。

 

2-1. 熱が出るタイプの咽頭炎

小児や高齢者など免疫力が低い人ではウイルス性咽頭炎でも発熱することもありますが、熱が出るタイプの咽頭炎は溶連菌や黄色ブドウ球菌などの細菌感染によるものが多いです。

 

これらの細菌感染は、咽頭炎に止まらず、喉にある扁桃にも炎症を及ぼすことがあり、38度以上の高熱、全身倦怠感などを生じます。また、インフルエンザのように全身に強い症状を引き起こすウイルス感染によるものも挙げられます。

 

2-2. 熱が出ないタイプの咽頭炎

熱が出ない咽頭炎の多くは、軽度なウイルス感染によるものです。これは、ウイルスを直接退治するのが抗体であり、体温を高めて白血球の活性を上昇させる必要が細菌よりも少ないからです。

 

また、病原体に感染することによって生じる急性咽頭炎が慢性化して炎症が長引くことがあります。

 

この場合、多くは熱が出ることはなく、喉の痛みやイガイガとした不快感のみが残ります。主な原因は、副鼻腔炎や鼻炎などを生じており鼻水が喉の奥に流れることが刺激となって喉に炎症を起こすことや、大声を出すなど喉を酷使したり、喉に対して刺激のある喫煙習慣や食生活が挙げられます。

 

3.熱がない喉の痛み…それは重病のサインかも?

発熱を伴わない喉の痛みの多くは、ウイルス性咽頭炎や慢性化した咽頭炎です。しかし、中には非常に重篤な病気が原因の場合もあるので注意が必要です。

喉の痛みを生じる病気には次のようなものがあります。

 

・がん(咽頭がん、喉頭がん、食道がん、甲状腺がん、肺がんなど)

・胸部大動脈瘤

・狭心症

・重度の逆流性食道炎

 

4.喉の痛みの対処法

喉に痛みが生じていると、水分や唾液を飲み込むのさえ一苦労なことも少なくありません。また、痛みによって睡眠が妨げられることで免疫力が低下し、更なる咽頭炎の悪化を引き起こすこともあります。

 

このため、喉が痛い場合には熱がなくても症状を改善するための対策を行う必要があります。おすすめの対処法は次の通りです。

 

4-1. 喉を保湿する

喉は非常に乾燥しやすく、咽頭炎を発症している状態で喉が乾燥すると、ダメージを受けた粘膜の再生が妨げられるだけでなく、炎症を悪化させることがあります。また、病原体をブロックする線毛の働きが低下することで新たな感染を起こしやすくなることも考えられますので、室内の適度な加湿や外出時のマスク着用などによって喉の保湿を心がけるようにしましょう。

 

4-2. 喉に刺激を与えない

香辛料などの刺激物やタバコ、アルコールは喉に刺激を与え、咽頭炎の回復を遅らせることが考えられます。このため、喉が痛い時には喉に対して刺激になるようなものは避けるようにしましょう。

 

4-3. 喉を使いすぎない

咽頭炎があるときは、できるだけ喉を安静にする必要があります。必要以上の大声や長い会話などで喉を酷使するとなかなか回復しないことがあるので注意しましょう。

 

4-4. 市販薬を飲む

喉の痛みの多くは、市販の痛み止めが有効です。一般的な咽頭炎のほとんどは数日で治りますので、治るまでの間痛み止めを飲んで症状を和らげるのもよいでしょう。ただし、痛みが治まらないからといって漫然と服用を続けるのはやめましょう。

 

5.熱が出ない喉の痛み…。どんな時に病院に行けばいい?

喉の痛みはほとんどの人が経験したことのある症状ですが、症状が喉の痛みだけの場合には病院へ行かず、自然に治るのを待つ人が多いと思います。逆に、発熱が伴う場合には学校や仕事を休んで病院を受診する人も多いでしょう。

 

一般的な咽頭炎では、発熱などの全身症状を伴わない限り多くは数日で自然に治ります。特に発熱がない場合は普段通り学校や仕事に出る人がほとんどでしょう。

では、どのような場合に熱がない喉の痛みで病院を受診すればよいのでしょうか?詳しく見てみましょう。

 

5-1. 病院受診の目安

熱がない場合、喉の痛みだけで病院へ行くのをためらう人もいるでしょう。しかし、次のような症状が続く場合にはなるべく早く病院を受診して適切な検査・治療を受けるようにしましょう。

 

・喉の痛みが2週間以上続く(痛みの程度によらない)

・市販の痛み止めが効かない

・痛みが強く、物を飲み込むことができない

・全身がだるく、活動性が低下している

・激しい咳や鼻水が出る

・声がかすれる

・血の混じった痰や唾液が出る

・常に痛みがあるのではなく、決まった状況や体勢で痛みが生じる

 

5-2. 何科を受診すればいいの?

痛みを始めとした喉の症状のみがある場合には耳鼻咽喉科への受診をおすすめしますが、その他の身体症状がある場合には単なる咽頭炎だけでなく何らかの病気が原因のことも考えられるため、内科を受診するのがよいでしょう。

 

6.まとめ

喉の痛みは発熱がないこともあり、自然に治るのを待つ人が多いと思います。しかし、発熱がなくても長引く喉の痛みや、他の症状がある場合には炎症が慢性化していることや、他の重篤な病気が原因である可能性があります。

 

まずはセルフケアを行って症状の改善を図り、ここでご紹介した目安を基準に発熱がない喉の痛みでも病院を受診し、適切な検査・治療を受けるようにしましょう。

 

 

執筆
医師:ママさん女医あっきー
この執筆者の記事をもっと見る