妊娠したいときには基礎体温の測定が重要。測り方のポイント・注意点を解説

"妊娠を考えるなら、「基礎体温の計測」がとても重要になります。また、基礎体温の記録を取り続けることで、妊娠しやすいタイミングを知れることはもちろんのこと、妊娠した時は基礎体温が変化するため、妊娠したかどうかを知ることもできます。

また、基礎体温の変化で、妊娠以外にも生理不順など、女性特有の不調に早めに気づくこともできます。

今回は、妊娠を考えるとき、又妊娠したときの基礎体温の測り方のポイントや病院にいくべきタイミング・その理由なども合わせて解説していきます。"
※この情報は、2017年8月時点のものです。

※この記事を読んでいただいている皆様へ

処方せんネット予約サービスの普及の為に皆様から利用したいと思う薬局をお答えいただいております。
60秒ほどのアンケートにお答えいただき、ご協力いただいた方には 全員に500円分のAmazonギフト券を必ずプレゼントさせていただいております。
(2017/12/25現在、224,000人にの方にご回答をいただいております。)
ぜひアンケートにご協力ください。

今すぐアンケートに答える>

株式会社フリービットEPARKヘルスケア一同

1.妊娠を考えるなら基礎体温の測定が重要

妊娠を考えている場合、基礎体温を測定して、記録することがとても重要になります。
それは、基礎体温の記録を付けることで、妊娠しやすいタイミングを把握することができるからです。


基礎体温は排卵を境に、「高温期」と「低温期」に分かれます。排卵後は基礎体温が上がっていき、生理に近づくにつれ体温は下がっていきます。個人差はありますが、高温期と低温期はおよそ2週間ずつ、計28日を1つの周期としています。

 

基礎体温の記録を付けることで、排卵日の予測を立てやすくなります。排卵された卵子はおよそ24時間で寿命を迎えます。対して精子は5日ほど生き続けることが可能なので、「排卵前3日と排卵後1日」ほどが妊娠しやすいタイミングと言えるでしょう。


基礎体温の記録を続けていると、ある程度このタイミングを把握できるようになります。

 

2.妊娠したときの基礎体温の変化

続いて「妊娠したかどうかを把握しやすくなる」ことも、基礎体温を測定することによるメリットです。



通常、排卵を境に高温期と低温期に分かれます。しかし卵子と精子が結びつき受精卵になり、子宮内膜に着床し妊娠することで、高温期が続くようになります。およそ2週間から20日ほど、高温期が続くようならば妊娠した可能性が高くなります。



妊娠すると受精卵が細胞分裂を始めます。特に妊娠初期は脳や脊髄といった重要な器官の細胞分裂が始まっています。葉酸などの重要なビタミンの摂取量を増やしたり、カフェインやアルコールなどを控えたりする必要があるため、妊娠したかどうかを把握することは胎児の健康のためにとても重要になります。

 

3.基礎体温の測り方の3つのポイント

基礎体温を測るためには3つのポイントがあります。それぞれ解説をしていきます。

3-1. 起きてからすぐに計測する

高温期、低温期と言ってもその体温の差は0.3度から0.5度程度です。この程度の温度ならば、多少体を動かしただけで上下してしまいます。
そのため、起きたら体を動かさずすぐに基礎体温を計測する必要があります。

枕元に体温計を常備しておき、起きたときの体温測定を習慣化するようにするとよいでしょう。しっかりと細かな体温の違いを測定できるように、婦人用体温計を用意できればなおよいです。

3-2. 毎日同じ時間に計測する

人間の体は基本的に太陽と連動するようになっています。太陽が昇る時間になれば心身が目を覚まし、活動をするため体温が高まっていきますし、太陽が沈めば睡眠を取るために体温は低下していきます。時間によって体温が変化するため、なるべく毎日同じ時間に計測するようにしましょう。

3-3. きちんと記録を取る

計測した体温はきちんと記録を取るようにしましょう。高温期と低温期は14日ずつ計28日ほどが一つの周期になっています。
仮に低温期が続いたり、高温期が短かったりといったグラフになっている場合、生理不順が起きている可能性があります。たかが生理不順と思っても放置すると将来的な不妊に繋がるリスクもあります。

計測した体温はしっかりと記録しておくようにしましょう。妊娠や婦人病など、産婦人科で診察を受ける際は、基礎体温の記録を持っていくと役に立ちます。

4.妊娠の可能性があるならばすぐに産婦人科へ

高温期が14日から20日ほど続くようならば、妊娠の可能性が高いです。そうなったらすぐに産婦人科に行くようにしましょう。妊娠してからのストレスや疲労は妊婦に負担をかけ、胎児の健全な発育を阻害したり、流産のリスクを高めたりします。

また、妊娠中は栄養バランスにも気を付ける必要があります。胎児が活発に細胞分裂を行うため、普段よりも必要となる栄養素量が増大します。特に胎児の先天性疾患を予防する葉酸や細胞分裂に必要な亜鉛、タンパク質などは重要になります。

仕事などの関係でライフスタイルが乱れている場合はそれを整える必要もあります。睡眠時間をきちんと確保して、なるべくストレスの少ない生活を送ることが必要になります。
妊娠と出産は非常にデリケートなため、しっかりと産婦人科医とコミュニケーションを取ることが必要になります。胎児の健全な発育を阻害させないためにも、妊娠の可能性が高いならばすぐに産婦人科医へ行くようにしましょう。

5.まとめ

・基礎体温を計測して記録を取ると、妊娠しやすいタイミングの把握に役に立つ
・高温期が続くようならば、妊娠した可能性が高い
・基礎体温を測る時は起きてからすぐ、動く前に
・同じ時間に測り、記録を取ることも重要
・妊娠すると母体と胎児に必要な栄養素が増大する
・またなるべくストレスのかからない生活環境も必要となる
・妊娠生活の適切な対処を相談するためにも、妊娠の可能性が高いならば産婦人科医で診察を受けること

 

執筆
医師:大見貴秀
この執筆者の記事をもっと見る