1日でも早く!フライング検査の信憑性は?妊娠検査薬の正しい使い方を解説

花田 真理

※この記事を読んでいただいている皆様へ

現在、「くすりの窓口」にて、処方せんネット予約サービスの普及の為に、皆様から利用したいと思う薬局をお答えいただいております。
60秒程のアンケートにお答えいただき、ご協力いただいた方には 全員に500円分のAmazonギフトコードを必ずプレゼントさせていただいております。
(2017/12/25現在、224,000人にの方にご回答をいただいております。)
ぜひアンケートにご協力ください。

今すぐアンケートに答える>

くすりの相談室運営事務局

 

生理がこない・・など、妊娠している可能性があれば、1日でも早く知りたいと妊娠検査薬を使用される方も多いかと思います。

妊娠検査薬での検査は確定診断ではないため、あくまでも可能性を感じたら早めに病院を受診し、医師による問診、超音波検査などの結果から、総合的に診断を行う必要があります。とはいえ、1日でも早く検査して確認したいと思うのが一般的です。

今回は、妊娠検査薬の仕組みや基本的な使い方を解説するとともに、1日でも早く知りたい場合の早期妊娠検査薬についてもあわせて、説明していきます。

 ※この情報は、2018年3 月時点のものです。

1.妊娠検査薬の仕組み

 妊娠検査薬はhCGhuman Chorionic Gonadotropin: ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)という名前のホルモンに反応する仕組みとなっています。

hCGは受精卵が着床すると分泌されるホルモンなので、陽性反応を示す基準値が尿の中に出てくる頃から使用可能となっています。生理予定日から1週間ほど経った頃に多く分泌されます。

 

妊娠検査薬で陽性反応示す基準値は「50mlU/mL」が多く、早期妊娠検査薬は「25mlU/mL」で陽性反応を示します。

妊娠検査薬は99%以上の正確性で尿中のhCGを検出することが出来ます。

 

2.妊娠検査薬の基本的な使い方

 一般的な妊娠検査薬は、生理予定日から約1週間後から使用します。

妊娠検査薬はスティック状のものが多く、尿吸収体と呼ばれるものが先端に付いています。

そこに尿をかける、又はコップにとった尿につけ、付属されたキャップを付けた後水平にした状態で約1分程度放置すると判定されます。判定結果は、アナログ表示(判定窓にラインが現れる)やデジタル表示(+、−での表示)のものがあります。

 

こんな使い方はNG

 

よくある間違った使い方としては、検査する時期が早過ぎることが挙げられます。

妊娠検査薬は上で説明した通りhCGの濃度によって判定され、一般的な妊娠検査薬は生理予定日の1週間後から判定が可能となっています。

それ以前に検査を行っても正確な判定が出来ないので検査する時期は説明書に従うことをおすすめします。

生理不順の場合の検査のタイミング

 

しかし、生理不順の方の場合は生理予定日が分からないと思います。

その場合は性行為をした日から3週間後を目安に検査すると良いでしょう。

通常、生理予定日は排卵日の2週間後と考えられています。妊娠が成立するためには排卵日前後の性行為が必須です。そのため生理不順の方が妊娠する場合は「性行為前後に排卵が起こっている」「排卵日から2週間後が一般的な生理予定日」「妊娠検査薬は生理予定日の1週間後に使用」この3つの条件が満たされる性行為をした日から3週間後が目安となります。

 

3.フライング検査した場合の信憑性は?

 フライング検査とは、妊娠検査薬の正しい使用のタイミングより前に検査を行うことです。

フライング検査で陰性反応の場合は、後日検査を行うと陽性になる可能性があるため、信憑性は高いとは言えないでしょう。

これは検査する時期が早過ぎるとhCGの濃度が足りず反応しないために起こる現象です。

また、フライング検査を行って陽性反応が出る場合もあります。

 

しかし検査する時期が早いと生化学的妊娠(胎嚢の確認ができる前に流れてしまう現象)が起こる可能性も否定出来ません。

生化学的妊娠は誰にでも起こりうることであり、日本産科婦人科学会の定義でも、妊娠成立前のことであるため流産として考えられていません。

検査を行っていなければ、「少し重い生理がきた」と感じる方が多いようですが、フライング検査を行ったことにより生化学的妊娠に気付いてしまう場合もあります。

 

4.1日でも早く知りたい、早期妊娠検査薬とその使い方

 

早期妊娠検査薬とは、一般的な妊娠検査薬が生理予定日から1週間後に使用するものに対し、1週間以前から使用できるものになります。1日でも早く知りたいという場合には、早期妊娠検査薬を使用されると良いでしょう。

 

日本製の早期妊娠検査薬の場合、一般的な妊娠検査薬と使い方は同じです。

尿吸収体に尿をかける、又はコップにとった尿につけ、付属されたキャップを付けた後水平にした状態で約1分程度放置すると判定されます。

 

妊娠検査薬の購入場所、方法

 

一般的な妊娠検査薬は「第2類医薬品」のため病院や薬局、ドラッグストア、インターネットでも購入可能です。

一方、早期妊娠検査薬に関しては「医療用体外診断用医薬品に」あたるため薬剤師のいる薬局でしか購入出来ません。また、製品は調剤室等に置かれているため簡単に手に取れる場所には陳列されていません。

早期妊娠検査薬を購入されたい場合には、薬局で取り扱いがあるか問い合わせてみましょう。

 

5.陽性の場合、つぎにとるべき行動は?

 妊娠検査薬で陽性反応が出た場合は妊娠している可能性があります。

 

しかし、検査結果はあくまでもhCGに反応した結果であり、正常な妊娠かどうかまでは判別できません。そのため、医師の診断を受ける必要がありますので産婦人科を受診するようにしましょう。

 

ただし、フライング検査や早期妊娠検査薬での陽性反応の場合は、すぐに受診しても胎嚢が確認出来ない可能性があるので生理予定日1週間後を過ぎてからの受診をおすすめします。

 

 

6.おわりに

妊娠検査薬の正確さに関しては、多くの商品で「99%以上」と言われていて精度は高いです。しかし、確定診断ではないため最終的に病院での検査は必須です。

また、海外製の妊娠検査薬をインターネットで購入することも可能ですが、欠陥品や偽物も含まれている可能性があるため海外製を購入する際は気を付けましょう。

 

 

 

薬剤師・その他医療機関関係者の方へ
正確な医療情報を発信するために、医師、薬剤師監修のもと、誤りがないよう万全を期しておりますが、もし誤りとお考えになる情報があった場合には、ご指摘いただけますと幸いです。
医療情報に関するご指摘お問い合わせ
その他記事へのお問い合わせ

このまとめ記事に関するタグ