処方箋の紛失、期限切れ。処方箋を再発行してもらうことはできる?

「処方箋の期限が切れてしまった」「処方箋を紛失してしまった」などの理由で、処方箋を再発行してもらうことができるのか?とお困りの方がいるかもしれません。

期限が切れている処方箋をお持ちの場合や、処方箋が手元にない場合、薬局で受付することはできません。そのため、再度、処方元の医療機関を受診し、必要に応じて、処方箋の再発行が必要ですが、ここに関わる費用は保険を使用できず、自費での支払いとなります。

今回は、処方箋の再発行の取り扱いについて解説するとともに、期限切れ、紛失、お薬を無くしたなど、それぞれのケースに合わせた再発行の手順について解説します。
※この情報は、2018年3月時点のものです。

※この記事を読んでいただいている皆様へ

処方せんネット予約サービスの普及の為に皆様から利用したいと思う薬局をお答えいただいております。
60秒ほどのアンケートにお答えいただき、ご協力いただいた方には 全員に300円分のAmazonギフト券を必ずプレゼントさせていただいております。
(2017/12/25現在、224,000人にの方にご回答をいただいております。)
ぜひアンケートにご協力ください。

今すぐアンケートに答える>

株式会社フリービットEPARKヘルスケア一同

 1.処方箋の再発行について

「処方箋の期限が切れてしまった」

「薬局に行く前に処方箋を紛失してしまった」

「薬局でお薬をもらったのに、どこかになくしてしまった」

 

このような場合、薬局では、処方箋の原本がないと受付することができません。

そうなると、本来、飲むべきお薬が手元にないと困ってしまうため、同じ処方箋を再度、病院で再発行してもらうことができるのかと疑問に思われる方もいるでしょう。

 

結論からいうと、病院で処方箋を再度発行してもらうことは可能です。しかし、なりふり構わずに自由に再発行を依頼できるというわけではありません。それは、不正行為(同じお薬を何度も受け取る等)につながる恐れがありますので、再発行に関わる費用は、原則、保険が適用されず、自費での支払いとなります。

また、それぞれのケースに合わせて、再発行の手順が多少異なりますので、次に説明していきます。

 

2.処方箋を再発行してもらうときは自費?金額は?

一般的な流れを説明しますが、実際には病院独自の対応ルール等もあります。処方箋の再発行をご希望の場合には、まずは処方元の医療機関にご相談下さい。

下記は、あくまでも参考としてお読みください。

2-1. 処方箋の期限切れの場合

通常、処方箋の期限は、交付された日を含めた「4日以内」です。期限を過ぎてしまうと、その処方箋は無効扱いとなり、薬局では受付することができません。

 

以前は、薬局で病院に問い合わせ、処方箋の期限を延長できないかと依頼するケースもみられましたが、厚生労働省からの通達もあり、薬局でのその対応は認められません。

 

そうなると、再度、病院を受診し、処方箋を再発行してもらう必要があります。医師の診察を受けた日から日数が経ってしまっているため、再度診察を受けて、現状の症状に合わせた処方箋を発行してもらわなければいけない可能性もあります。

一般的には、その際に関わる診察料含め、病院での費用は保険適用とならず、自費での支払いとなります。

一方、再度発行された処方箋があれば、薬局でのお薬代は、通常、保険適用となります。

 

2-2. 処方箋を紛失した場合

薬局に行く途中に、又、ご自宅で、処方箋を無くしてしまったことに気づくこともあるでしょう。処方箋を紛失してしまったと気づいたら、できるだけ早めに処方元の病院に相談しましょう。

 

時間が経っていないようであれば、処方箋の再発行に関わる費用のみ、自費での支払いで済む場合もあります。時間が経っている場合には、診察を受けた日から症状が変わっている可能性もあり、再度診察を受ける必要が出てきます。この場合は、一般的には、診察料含め、自費での支払いとなります。

 

一方、再度発行された処方箋があれば、薬局での支払いは、通常、保険適用です。しかし、一度、処方箋を薬局に提出し、お薬を受け取っているという事実がある場合には、薬局でのお薬代も保険適用とはならず、自費ですのでご注意下さい。

 

2-3. お薬を無くし、再度処方箋を再発行してもらいたい場合

一度、薬局に処方箋を提出、受付をし、お薬を受け取っているにもかかわらず、帰宅途中やご自宅でお薬を無くしてしまったということもあるかもしれません。

この場合は、まずは、処方元の病院に相談しましょう。

処方箋を紛失した場合と同じく、時間が経っている場合には、再度診察を受ける必要が出てきます。その際に関わる診察料含め、病院での費用は保険適用されず、自費での支払いとなります。

一方、薬局においても、一度、保険を利用しお薬を受け取っているという事実があるため、お薬代についても保険適用されず、自費となります。

 

※このように厳格なルールが決まっているのも、保険制度を利用し、同じ処方箋で、向精神薬を何度も薬局で受け取るなどの悪質な不正行為が行われる可能性があるためです。不正行為が行われないようにするためにも、どの方にも平等に病院、薬局などの医療機関では厳しく対応しなければならないという事情があります。

 

3.処方箋の紛失、期限切れを起こさないための対策

説明のとおり、処方箋の紛失や期限切れを起こしてしまった場合には、自費での支払いとなります。そのためには、処方箋を紛失しない、期限切れを起こさないように注意しなければなりません。

 

<処方箋の紛失>

医療機関で処方箋が発行されたら、早めに薬局に行き、受付を済ませることが大切です。処方せんの原本を薬局に渡していれば、お薬自体の受け取りは、早めがベストではありますが、後日でも問題はありません。

無くしてしまう可能性があるのであれば、処方箋を財布の中に折りたたんでしまうなど、大切に扱うことが重要です。

 

<処方箋の期限切れ>

特別な事情がある場合、事前に診察時に医師に相談することで、医師の判断であらかじめ処方箋の期限を延長してもらうことができる場合があります。すぐに薬局に行けないなどの事情がある場合には、まずは相談してみるようにしましょう。

 

また、病院を受診した後、時間がないため薬局にすぐに行けないなど理由がある場合には、FAXで事前に薬局に処方箋を送ったり、スマホ等の薬局予約アプリを利用し、処方箋を撮影して送ったりするサービスを活用されると良いでしょう。

 

処方箋の原本は、期限である4日以内に持参しなければいけませんが、薬局でスムーズにお薬を受け取ることができるため、長く待つ必要がなく便利です。

 

<お薬の紛失>

ご自宅でお薬がない!となった場合、まずは落ち着いて探すようにしましょう。後で、お薬が見つかったという患者さまも多くいらっしゃるので、まずはよく荷物を置く場所を確認することや、帰宅途中に立ち寄ったところに連絡してみるなど、できることをやってみましょう。

 

ご自宅に戻られたら、お薬Boxなどを用意し、お薬をいつもと同じ場所に保管すると良いでしょう。毎回、同じ場所に保管する習慣をつければ、紛失してしまう可能性を減らすことができます。

 

4.おわりに

今回は、処方箋の再発行の取り扱いについて解説するとともに、期限切れ、紛失、お薬を無くした場合など、それぞれに合わせた再発行の手順や金額について解説しました。

説明のとおり、処方箋を紛失すると金額的負担が非常に大きいため、処方箋は大切に扱うことが重要です。万が一、紛失や期限切れ、お薬を無くしたなどの場合には、まずは、処方元の病院に相談するようにしましょう。処方箋がない、からお薬は今回はいらない、飲まないという自己判断をしてしまうと、症状が悪化してしまうことがあります。

今回の記事を参考に、落ち着いて対応していただけますと幸いです。

執筆
薬剤師:竹中 孝行
この執筆者の記事をもっと見る