【咽頭痛】喉の痛みにバファリンは効く?授乳中など服用上の注意点も併せて解説

バファリンと言えば頭痛や生理痛の薬と思われている方も多いのではないでしょうか?実は、バファリンはこれらの痛みだけではなく、喉の痛み、歯痛、発熱、腰痛など様々な症状に対して用いることができる汎用性の高いお薬です。


そこで、今回の記事では喉の痛みに対するバファリンの効果について解説いたします。また、市販薬のバファリンには複数の種類があり、含まれる有効成分の種類も変わってきます。この記事ではこうした種類ごとの特徴についても解説しています。


妊娠中や授乳中の服用の可否、他の薬との飲み合わせについても解説していますので、喉の痛みに悩まれている方やバファリンについて詳しい知識を身に着けたいという方はぜひご覧ください。
※この情報は、2018年8月時点のものです。

※この記事を読んでいただいている皆様へ

処方せんネット予約サービスの普及の為に皆様から利用したいと思う薬局をお答えいただいております。
60秒ほどのアンケートにお答えいただき、ご協力いただいた方には 全員に500円分のAmazonギフト券を必ずプレゼントさせていただいております。
(2017/12/25現在、224,000人にの方にご回答をいただいております。)
ぜひアンケートにご協力ください。

今すぐアンケートに答える>

株式会社フリービットEPARKヘルスケア一同

1.喉の痛みの原因は?

喉の痛みは咽頭痛とも呼ばれ、喉に炎症が起こることによって生じます。

喉が炎症を起こす原因は様々であり、細菌やウイルスの感染、アルコールの過剰摂取、過度の喫煙、大声を出すことによる喉の酷使などが挙げられます。

 

細菌などが喉を攻撃すると体を守るための防御反応が起こり、この防御反応の過程で炎症が引き起こされます。免疫機能を担う細胞からヒスタミン、プロスタグランジン、ブラジキニンなどの生理活性物質が分泌されることで知覚神経が刺激されて喉に辛い痛みを生じるようになります。

 

喉の痛みは安静にして十分な栄養や休養を取っていれば、通常は数日で良くなります。ただし、痛みがひどく、食事をしたり唾を飲み込んだりするのも辛いという方や、痛くて夜も眠れないという方は、次章で紹介するような痛み止めの薬を服用することで対処することが必要になります。

 

2.喉の痛みに効くのはどんな薬の成分?

喉の痛みに効く薬の成分には以下のようなものがあります。

 

2-1. 解熱鎮痛成分

解熱鎮痛成分はバファリンなど市販の痛み止めの主成分です。

 

具体的には、イブプロフェン、ロキソプロフェンナトリウム、アセチルサリチル酸、アセトアミノフェンなどが主に配合されています。炎症を引き起こす原因物質のプロスタグランジンの生成を抑えることで、炎症を抑制して痛みを鎮める働きをします。

 

2-2. 抗炎症成分

市販薬に配合されている抗炎症成分には、アズレンスルホン酸ナトリウム、グリチルリチン酸、トラネキサム酸などがあります。

 

アズレンスルホン酸ナトリウムは傷口に直接作用して創傷治癒を促進します。グリチルリチン酸は炎症を引き起こす化学伝達物質を抑制します。また、トラネキサム酸はプラスミンと呼ばれる生理活性物質の働きを抑えて炎症や痛みを鎮めます。

 

2-3. 殺菌成分

殺菌成分は、細菌感染により喉の痛みが引き起こされている場合に有効です。ポピドンヨード、セチルピリジニウム塩化物水和物などの成分が配合されており、殺菌作用によって喉の細菌を殺し、炎症を抑制して喉の痛みを鎮めます。

 

3.喉の痛みにバファリンは効く?

3-1. 喉の痛みに効果が期待できるバファリンの種類

先述したように、喉の痛みはプロスタグランジンやブラジキニンといった生理活性物質の働きによって引き起こされます。このため、薬によってこれらの物質の生成を抑えることで喉の痛みを和らげることができます。

 

バファリンシリーズに含まれている、アセチルサリチル酸やイブプロフェンなどの抗炎症成分はプロスタグランジンの生成を抑えるため、喉の痛みにも効果的に働きます。バファリンシリーズには複数の種類があるため、以下にそれぞれの薬の特徴を解説します。

 

バファリンA

アセチルサリチル酸(アスピリン)と呼ばれる解熱鎮痛成分を含んでおり、バファリンシリーズの中では最も有名な商品です。

ダイバッファーHT(合成ヒドロタルサイト)と呼ばれる成分も一緒に配合されており、胃酸を中和して、アスピリンの溶解を促進したり胃壁を保護したりする効果があります。

 

バファリンEX

ロキソプロフェンNaを有効成分とする薬です。バファリンEXは第1類医薬品で、バファリンシリーズの中でも効き目が強いため、辛い喉の痛みにお勧めです。購入時には薬剤師による説明が必須となります。

 

バファリンプレミアム

イブプロフェンとアセトアミノフェンと呼ばれる2種類の解熱鎮痛成分が130mgずつ配合されており、高い効果が期待できます。

 

鎮痛補助成分として無水カフェインとアリルイソプロピルアセチル尿素も配合されてり、解熱鎮痛成分の働きを強力にサポートします。即効性にも優れており、バファリンEX同様、辛い喉の痛みにお勧めです。

 

バファリン ルナi

バファリンプレミアムと同じく、イブプロフェンとアセトアミノフェンが130mgずつ配合されています。また、鎮痛補助成分として無水カフェインが、胃を保護する成分として乾燥水酸化アルミニウムゲルが配合されています。

 

イブプロフェンは子宮への移行性が高いためバファリン ルナiは生理痛に使われることが多いですが、喉の痛みにも有効です。普段から生理痛で痛み止めを服用するという方はどちらにも効果の高いバファリン ルナiを常備しておくことをお勧めします。

 

バファリン ルナJ

アセトアミノフェンを主成分としており、7歳のお子様から服用できます。

 

胃にも優しく妊娠中や授乳中の方でも比較的安全に服用できるため、大人の女性の喉の痛みにも適しています。水無しで服用できるフルーツ味のチュアブルタイプであることも特徴で、薬の苦手なお子様にも飲みやすい形態となっています。

 

小児用バファリンCII

アセトアミノフェンと呼ばれる解熱鎮痛剤が配合されている錠剤で、3~15歳のお子様が服用することができます。バファリン ルナJと類似した商品ですが、こちらは3歳のお子様から服用できる点がメリットとなります。

 

3-2. バファリンは他にどんな痛みに使用できる?

バファリンシリーズに含まれる解熱鎮痛成分は汎用性が高く、喉の痛み以外にも、頭痛、生理痛、歯痛、腰痛、肩こり、筋肉痛など様々な痛みに対して用いることができます。このため、常備薬としてバファリンを買っておけば、日常生活の色々な場面で役立てることができます。

 

ただし、バファリンを胃痛などのお腹の痛みに対して使うと逆に症状を悪化させてしまう可能性があるため、十分に注意してください。お腹の痛みには胃薬や鎮痙薬などが必要になることが多いので、むやみにバファリンを使わずに薬剤師や登録販売者などに相談することをお勧めします。

 

 

病院で処方される薬とバファリンの効き目の違いは?

 

病院で処方されるお薬も市販薬と類似した成分が中心となります。このため、解熱鎮痛成分についてはバファリンと比べて劇的に効果が変わるということはないでしょう。

 

ただし、病院で処方される薬で市販薬にはない成分に内服用抗生物質があります。喉の痛みの原因が細菌感染の場合は、抗生物質を内服することで症状が劇的に改善することがあります。溶連菌(溶血性連鎖球菌)、マイコプラズマ、淋菌、クラミジアなどの細菌に感染すると喉の痛みが起こることがあるため、これらを退治するためにβラクタム系、マクロライド系、ニューキノロン系などの抗生物質が処方されることがあります。

 

ただし、喉の痛みの原因が細菌感染である確率は30%程度とされているため、抗生物質を服用したからといって必ずしも痛みが改善するわけではありません。近年は抗生物質の乱用による耐性菌出現の問題もクローズアップされているため、他の薬や治療法が効かない時の切り札的な位置づけと考えておくと良いでしょう。

 

4.バファリン服用時の注意点は?

4-1. バファリンの服用に注意が必要な人

バファリンに含まれている解熱鎮痛成分には服用に際して注意が必要な方がいます。以下に該当する方はバファリンを服用する前に必ず医師、薬剤師、登録販売者などの専門家に相談するようにしてください。また、服用に際して不安点や疑問点がある方も事前に上記の専門家に相談するようにしてください。

 

・高齢の方

・薬によるアレルギー症状を起こした経験のある方

・心臓病、腎臓病、肝臓病、胃・十二指腸潰瘍の診断を受けた方

・血液の病気のある方

・他に服用中の薬がある方

・アスピリン喘息を発症した経験のある方

 

4-2. バファリンの副作用

バファリンの副作用は、アセチルサリチル酸やイブプロフェンなどの解熱鎮痛成分によって引き起こされることが多いです。これらの成分には以下のような共通する副作用が生じる可能性があります。服用後に万一こうした症状が見られた場合は、直ちに服用を中止して医療機関を受診してください。

 

・発疹、発赤、かゆみ、青あざ

・吐き気、嘔吐、食欲不振、胸やけ、胃もたれ、腹痛、下痢、血便、胃腸出血

・めまい

・鼻血、歯ぐきの出血、出血が止まりにくい、発熱、のどの痛み、背中の痛み、過度の体温低下

・皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸

 

バファリンを長期間連用しているとこうした副作用が起こりやすくなるので使用期間は最低限にとどめましょう。また、空腹時にバファリンを服用すると胃痛などの副作用が起きやすくなるため、できるだけ食後に多めのお水で服用することを心がけてください。

 

4-3. バファリンの飲み合わせについて

バファリンシリーズに含まれている解熱鎮痛剤やその他の鎮痛補助成分などは市販の風邪薬の多くにも含まれており、飲み合わせに注意が必要になる場合があります。風邪薬に限らず、現在他に服用中の薬があるという方は、バファリンを服用する前に必ず、医師、薬剤師、登録販売者などの専門家に相談するようにしてください。

 

4-4. 妊娠中の服用について

妊娠中はバファリンなどの痛み止めの服用は基本的に避けるべきとされています。特に、ロキソプロフェンナトリウム、イブプロフェン、アセチルサリチル酸といった解熱鎮痛成分を出産予定日12週以内に服用すると胎児の動脈管(胎児が母体から酸素をもらうための血管)を収縮させる恐れがあるため、服用は避けるようにしましょう。

 

妊娠中でも比較的安全に服用できる解熱鎮痛成分として「アセトアミノフェン(バファリン ルナJ)」がありますが、服用する場合は事前に医師、薬剤師、登録販売者などの専門家に相談することをお勧めします。

 

4-5. 授乳中の服用について

各種バファリンの製品紹介サイトのQ&Aのコーナーには「授乳中は服用させないでください」という旨の内容が記されています。このため、授乳期間中は薬を飲まずに辛い痛みを我慢しているというお母さんもいることでしょう。

 

しかし現在では、多くの薬が母乳中に移行するものの、その量は極めて微量であるため、ほとんどの薬は授乳中に服用してもそれほど問題ないことが明らかになっています。

 

「国立成育医療研究センター」のサイトにも、「アセトアミノフェン」や「イブプロフェン」といった痛み止めの成分は「授乳中に安全に使用できると思われる薬」であることが示されています。

 

このため、「授乳中」にバファリンを服用する場合は、これらの成分を含む「バファリンルナj」や「バファリンルナi」を選択すると良いでしょう。また、どうしても授乳中の服用が気になるという方は、事前に産婦人科医、薬剤師、登録販売者などの専門家に相談してみることをお勧めします。

 

5.こんなときは早めに病院へ

バファリン服用中に以下のような症状が見られた方は、速やかに病院やクリニックなどの医療機関を受診されることをお勧めします。

 

・バファリンを5~6日服用しても一向に喉の痛みが良くならない場合。

・バファリン服用中に下痢になり、その症状が長引いたり悪化したりする場合。

・バファリン服用中に副作用が疑われる症状が現れた場合。

・喉だけでなく頭や首の辺りもひどく痛む場合や、首が硬くてカチカチになっている場合(髄膜炎と呼ばれる重篤な疾患の可能性があります)。

 

6.喉の痛みを治すための注意点は?

喉の痛みを早く治すにはお薬を飲む以外にも以下のような点を意識することが大切になります。

 

・栄養バランスのしっかりとれた食事を摂取する。

・睡眠時間を十分に確保する。

・うがい、手洗いを励行する。

・マスクを着用して細菌やウイルスから身を守り、喉の乾燥を防ぐ。

・加湿器を使って部屋の湿度を50~60%に保つ。

 

7.まとめ

バファリンは頭痛や生理痛だけではなく、喉の痛みなど様々な痛みを和らげることができる便利なお薬です。その一方で、消化性潰瘍などの副作用も報告されており、慎重な使用が求められるお薬でもあります。

バファリンを服用される場合は注意書きを良く読み、分からないことや不安点がある場合には事前に医師、薬剤師、登録販売者などの専門家に相談するようにしましょう。

執筆
薬剤師:おくすり スペシャリスト
この執筆者の記事をもっと見る