突発性難聴で入院も?その可能性と治療期間・費用はどのくらい?

突発性難聴とは若い人にも高齢者にも発症する可能性のある耳の病気です。急激な聴力の低下が特徴で、早期に治療を行わないと聴力が元に戻らない可能性が高くなる怖い病気です。

突発性難聴は基本的に在宅で治療をすることができますが、入院して治療することもあります。どの程度の症状だと入院が必要になるのでしょうか?

今回は、突発性難聴で入院をする可能性やその治療期間・費用について解説していきます。
※この情報は、2017年11月時点のものです。

※この記事を読んでいただいている皆様へ

処方せんネット予約サービスの普及の為に皆様から利用したいと思う薬局をお答えいただいております。
60秒ほどのアンケートにお答えいただき、ご協力いただいた方には 全員に500円分のAmazonギフト券を必ずプレゼントさせていただいております。
(2017/12/25現在、224,000人にの方にご回答をいただいております。)
ぜひアンケートにご協力ください。

今すぐアンケートに答える>

株式会社フリービットEPARKヘルスケア一同

1.突発性難聴で入院をする可能性

実際のところ、突発性難聴の治療で入院をしなければいけないケースはほとんどありません。

 

突発性難聴の基本的な治療期間は1週間のため、入院治療をするとその程度の時間が必要になります。現代社会で働いている人には負担が大きく、入院を選択する人はほとんどいないでしょう。

 

突発性難聴の治療は基本的に「服薬療法」になります。プレドニン錠(ステロイド薬)を服用しつつ、末梢神経の機能回復に効果的なメチコバール錠(ビタミンB12)、血流を改善するアデコスホーワ錠(ATP腸溶剤)、同じく血流を改善するカルナクリン錠などを服用します。

 

治療の基本となるのはプレドニン錠で、そのほかの薬は適宜組み合わせて使用されます。

 

突発性難聴は急激な聴力の低下が特徴で、いつ発症したかはっきりと分かるくらいに症状が現れます。

 

治療の際に重要になるのがなるべく早く、治療を受けることです。

 

可能ならば発症から48時間以内、できれば1週間以内、遅くとも2週間以内に病院で診察を受けて治療を受けることが必要になります。発症してから1か月を経過したら聴力の回復は望めない、とも言われています。

 

服薬でも治療効果を期待することができますが、より効果の高い治療法として「点滴療法」があります。症状が重度でより効果の高い治療が必要な場合、私生活が安静にできる状況になく入院により強制的な安静が必要な場合などに入院を選択することとなります。

 

2.突発性難聴が日常生活に及ぼす影響

突発性難聴の聴力の低下の度合いには個人差があります。少し聴こえづらくなる程度の人もいれば、ほとんど聞こえなくなってしまうくらい重度な難聴が生じることもあります。耳が聴こえづらくなることにより、仕事や勉強などに支障が出たり、歩行などに差し障りが生じたりすることもあります。

 

突発性難聴の治療で最も重要なことは可能な限り早く治療を受けることですが、もう一点とても重要なことがあります。それは「安静」です。静かな環境でゆっくりと体を休めると突発性難聴の予後もよくなり、聴力が回復しやすくなります。

 

安静は通院での服薬治療でも入院での点滴治療でもどちらにとっても重要なファクターとなります。入院をするとある程度の安静できる環境が保障されるのもメリットの一つです。

 

3.入院の場合の治療期間・費用と治療方法は?

突発性難聴の入院に必要な期間はおおよそ7日間から10日間です。入院の際の治療もステロイド薬によるものが中心となります。

 

ただし入院の場合、より効果の高い点滴による治療が施されます。使用される薬品は「ソル・コーテフ注射液」というものになります。初日に多く点滴を受け、徐々に量を減らしていく漸減法が用いられます。

 

この薬はステロイドであるため副作用が現れる可能性はあります。ステロイドの副作用としては免疫力の低下や急激な血糖値の上昇(糖尿病患者の場合)、血圧の上昇(高血圧患者の場合)、精神的な不安、むくみなどです。

 

とはいっても突発性難聴の治療期間は1週間ほどであり、その程度のステロイドの使用ならば副作用はほとんど心配ありません。万が一副作用が起きた際に、素早い処置を受けられることも入院治療のメリットです。

 

基本的な費用は1週間程度の入院で10万円ほどです。ただし一般的な耳鼻科のクリニックでは入院患者を受け入れる設備が整っていないことも多いです。そのため、入院での治療を希望するならば比較的大きい公立病院や大学病院などで診察を受ける必要があります。

 

入院が必要かどうかの診断は医師が行ってくれます。自宅などで安静を保てる環境が整っているならば、必ずしも入院が必要とは限りません。急激な聴力の低下を感じたらまず何より、早期に耳鼻科で診察を受けるようにして、どのような治療方針で治していくか医師と相談しましょう。

4.退院後の治療について

入院中の点滴で聴力が回復した場合は退院後、安静を基本として普段通りの生活に戻ることができます。しばらくはなるべく静かな環境で過ごせるように意識するとなおよいでしょう。

 

点滴による治療の後、聴力の回復が芳しくない場合は退院後も服薬による治療を続けることもあります。もちろんその場合は安静にすることがより重要です。

5.まとめ

突発性難聴はステロイドによる治療が基本となります。通院での服薬治療でも入院での点滴治療でもステロイド薬が使用されます。

 

突発性難聴の治療で最も重要なことは早期に治療を開始することです。なるべく48時間以内に治療を開始すると、予後がよく聴力が回復しやすくなります。

 

あともう一つ、安静も重要なファクターです。私生活で大きな音がするところなどに住んでいる、仕事で大音量が耳に入る環境にいるなどのときは入院治療を選択するとよいかもしれません。

執筆
医師:大見貴秀
この執筆者の記事をもっと見る