耳痛は危険信号?思い当たったら注意すべき、中耳炎の症状4つ

どうも音が聞こえづらく、耳痛や頭痛がある場合、それはもしかしたら中耳炎の症状かもしれません。

中耳炎は、特に子どもがかかりやすく、中耳(鼓膜の奥)に細菌が入り感染し、炎症を引き起こす病気です。

中耳炎には特徴的な症状がありますが、中耳炎と間違われやすい他の病気もあります。また、中耳炎の応急処置方法として間違って伝わっている民間療法もあります。

今回は、中耳炎の症状について解説するとともに、中耳炎と間違われやすい他の病気や、正しい応急処置方法なども合わせて解説していきます。
※この情報は、2017年11月時点のものです。

※この記事を読んでいただいている皆様へ

処方せんネット予約サービスの普及の為に皆様から利用したいと思う薬局をお答えいただいております。
60秒ほどのアンケートにお答えいただき、ご協力いただいた方には 全員に500円分のAmazonギフト券を必ずプレゼントさせていただいております。
(2017/12/25現在、224,000人にの方にご回答をいただいております。)
ぜひアンケートにご協力ください。

今すぐアンケートに答える>

株式会社フリービットEPARKヘルスケア一同

 1.中耳炎とは

耳は、鼓膜より外側の音の通り道である「外耳」、鼓膜より奥の音を増幅させる「中耳」、さらに奥の音の感知センサーや平衡感覚を司る器官が集まる「内耳」に分かれています。

この3つの区域のうちの「中耳」に細菌やウイルスなどが感染して炎症が起きる病気が中耳炎です。

「急性中耳炎」「滲出性中耳炎」「慢性中耳炎」など様々な種類がありますが、一般的に中耳炎と言うと急性中耳炎のことを指しますので、以下、急性中耳炎について記載しています。

 

天然効果タマネギの力

 2.中耳炎になりうる原因は?

中耳は、外耳とは鼓膜で仕切られていますが、耳管と呼ばれる細い管で鼻腔や咽頭と繋がっています。

 

このため、風邪を引くなどして鼻やのどに炎症が起こっていると、細菌やウイルスなどが耳管を通って内耳に侵入し、中耳炎を引き起こします。特に、子供では、耳管が大人より太くて短く、水平であるため、細菌やウイルスが侵入しやすく、中耳炎が起こりやすいです。

 

原因菌としては、気管支炎や肺炎を起こす菌である「インフルエンザ菌」、「肺炎球菌」の2つが最も多いです。

 3.気をつけたい中耳炎の症状5つ

3-1. ズキズキした耳の痛みが突然に起こる

耳管から侵入した細菌もしくはウイルスによって中耳や耳管に炎症が起きることで痛みが発生します。

中耳は鼓膜によって外耳と仕切られているため、中耳や耳管に炎症が起こって腫れあがると、中耳の内圧が上がり、鼓膜を内側から押すようになり、激しい痛みが起こります。

赤ちゃんなどは痛みを言葉で訴えることが出来ませんので、急に泣き出したり、不機嫌になったりした場合は要注意です。

 

3-2. 発熱

風邪や上気道炎をきっかけにして中耳炎が起こることが多いので、発熱が耳の痛みと同時に起こります。

微熱程度である場合や、38度~40度の高熱が出る場合もあります。

 

3-3. 耳の聞こえが悪くなる

中耳に液体が溜まる滲出性中耳炎、鼓膜に穴が開く慢性中耳炎が起こると、耳の聞こえが悪くなります。

どちらも急性中耳炎に引き続いて起こることの多い中耳炎ですので、耳の痛みや熱は治まったのに、耳が聞こえにくい場合は、注意が必要です。

 

3-4. 耳だれ

中耳に起こった炎症が酷いと、膿が出てきて、中耳に溜まります。

膿で中耳がいっぱいになると、逃げ道を探して、鼓膜を突き破ります。

鼓膜が破れると、中耳に溜まっていた膿が外耳に流れ出すため、黄色い膿が耳からでてきます。

これを耳だれと言います。

耳だれを起こすと、中耳の内圧は下がるため、耳の痛みは軽くなります。

 4.発見が遅れやすい?子どもの中耳炎の症状の特徴

先にも説明しましたが、子どもの場合、大人に比べて耳管が太く短く、平行であるため、中耳に細菌やウイルスが侵入しやすいので、風邪や上気道炎とセットで中耳炎が起こることが多いです。

しかも、子どもさんは、症状を上手く伝えることが出来ないことが多いので、発見が遅れやすく、滲出性中耳炎や慢性中耳炎になりやすいと言われています。

風邪を引いた後、なかなか熱が下がらなかったり、耳を触られることを嫌がったりする場合は、急性中耳炎を疑いましょう。また、耳をよく触っていたり、呼びかけに反応しなかったり、テレビの音量を大きくする場合は、滲出性中耳炎や慢性中耳炎を起こしているかもしれません。

いずれにしても、おかしいな?と気づいたら、すぐに小児科や耳鼻科を受診するようにしましょう。

医師執筆

プールやお風呂は関係ない?赤ちゃんに多い中耳炎の感染源と予防法

医師:大見貴秀
2017.12.21
病気

 5.中耳炎と間違われやすい他の病気と症状

5-1. 外耳炎

外耳に、耳そうじや耳いじりなどで傷がつき、そこに細菌などが感染し、炎症を起こした状態です。

整髪料やパーマ液などの刺激物で外耳炎が起こることもあります。

中耳炎と同じように耳痛や耳だれが起こります。

 

5-2. 咽頭炎

細菌やウイルスなどが原因となって、のどやその周辺の粘膜に炎症が起こる病気です。

耳痛が起こることがあり、中耳炎と間違えてしまうことがあります。

 

5-3. 顎関節症

アゴの関節に炎症が起こり、口を開けたり閉じたりするときに痛みが起こる病気です。

アゴの関節は、耳のすぐ近くにあるため、耳の痛みとして感じることがあります。

 

天然効果タマネギの力

 

 6.中耳炎の正しい応急処置

中耳炎が起こると、突然、激しい痛みに襲われます。

お風呂に入ったり、運動したりすると、全身の血行が良くなり、痛みが増します。

中耳炎を起こして、耳痛が強い場合は、入浴や運動は控えましょう。

また、激しい痛みを和らげる応急処置として以下の方法があります。

 

①冷たいタオルで耳の裏を冷やす

血行が良くなると血管が拡張して神経が刺激されたり、中耳の内圧が上がったりして、痛みが強まります。

水で濡らしたタオルなどを耳の後ろ部分に当て、耳を冷やすことで、痛みが和らぎます。

 

②横にならず座って過ごす

痛みがあると辛いので横になりたくなりますが、横になると心臓より上にある耳への血流量が増え、

拡張した血管によって、中耳の内圧が上がり、余計に鼓膜を圧迫して痛みが酷くなります。

ソファーなどに座って、体を起こした状態で休むようにしましょう。

 

7.こんなときは早めに病院へ

中耳炎は、放置しておくと、滲出性中耳炎や慢性中耳炎に移行してしまいます。

耳が痛い、耳の聞こえが悪い、耳漏が出るなど、少しでも異変に気づいたら、なるべく早めに病院を受診しましょう。

 

小さなお子さんの場合は小児科・耳鼻科?

 

子どもさんは、風邪などの上気道感染症と同時に中耳炎を起こすことが多く、風邪なのか中耳炎なのか、両方か、判断が付きにくいです。

ですので、まずは、小児科を受診する。そして中耳炎である場合は、耳鼻科を紹介してもらうのが一番良いかと思います。

医師執筆

風邪がきっかけ?!子どもに多くみられる中耳炎の症状・治療方法を解説

医師:大見貴秀
2017.12.22
病気

8.まとめ

中耳炎は、子どもがかかりやすい病気ですが、大人もなる病気です。

風邪を引いた後の耳の症状というのが中耳炎の最大の特徴です。

急性中耳炎は適切に治療を行えば数か月で完治しますが、放置すると滲出性中耳炎や慢性中耳炎、ひいては骨の破壊が起こる真珠腫性中耳炎まで起こる危険な病気でもあります。

少しでも異変に気づいたら、早めに病院を受診するようにしましょう。

 

医師執筆

耳鳴りに要注意!耳が聴こえづらくなったら突発性難聴の症状かも!

医師:大見貴秀
2017.11.24
病気
執筆
医師:豊田早苗
この執筆者の記事をもっと見る