薬剤師が厳選!迷ったときの酵素・酵母商品10選

健康的にダイエットができるということでテレビや雑誌で人気になってから今も様々な商品が開発されている酵素・酵母の商品。

個人差はありますが、良質な酵素や酵母を摂ることで、ダイエットや美肌、疲労回復など、色々な変化が期待できます。

ただ、世の中には様々な酵素・酵母商品が出回っていて、どれにしようか迷ってしまう方も多いはず。

また、どの商品も良い宣伝文句ばかりで疑いの目を持ってしまう方もいらっしゃるかと思います。

そこで、スムージースペシャリスト・ファスティングコンサルタントなどの資格も併せ持つ薬剤師の目線で、下記のドラッグストアや通信販売などで見かけるであろう50商品の中から独自の基準で商品を選び、酵素・酵母商品のランキングTOP10を選定いたしました。
※この情報は、2018年3月時点のものです。

※この記事を読んでいただいている皆様へ

処方せんネット予約サービスの普及の為に皆様から利用したいと思う薬局をお答えいただいております。
60秒ほどのアンケートにお答えいただき、ご協力いただいた方には 全員に300円分のAmazonギフト券を必ずプレゼントさせていただいております。
(2017/12/25現在、224,000人にの方にご回答をいただいております。)
ぜひアンケートにご協力ください。

今すぐアンケートに答える>

株式会社フリービットEPARKヘルスケア一同

—————【粉末】—————

1.ジプソフィラ 生酵素抹茶スムージー シェイカー付き

2.ジプソフィラ 大人の生酵素グリーンスムージー シェ イカー付き

3.リブ・ラボラトリーズ クレンズ ダイエット ハニーレモン

4.リブラボラトリーズ クレンズ ダイエット アップルベリー

5.ベジエ アサイー 酵素スムージー 200g

6.ベジエ グリーン 酵素スムージー 200g

7.なかったコトに! スムージー ミックスフルーツ風味

8.ミネラル酵素グリーンスムージー 豆乳抹茶味

9.LAB マンゴー&ベジタブルグリーンスムージー

10.LAB ベリー&バナナグリーンスムージー

11.メタボリック エンナチュラル グリーンスムージー

12.メタボリック エンナチュラル アサイーベリースムー ジー

13.メタボリック エンナチュラル マクロビ雑穀スムー ジー

14.ドクターシーラボ 美禅食 ダイエットシェイク ゴマきな粉味

15.ドクターシーラボ 美禅食 カカオ味 ダイエットシェイク

16.ファイン グリーンモーニングスムージー ミックス フルーツ風味

 

———-【錠剤・カプセル】———-

17.GypsophilA(ジプソフィラ) 生酵素

18.GypsophilA(ジプソフィラ) すいそとこうそ

19.メタボリック イースト×エンザイムダイエット

20.イースト×エンザイムダイエット ビューティ

21.メタボリック イーストxエンザイムダイエット クリーンプラス

22.Diet 酵素

23.爽快酵素

24.なま酵素美人

25.水素×生酵素

26.なかったコトに! カロリーバランスサプリ

27.なかったコトに! R40

28.なかったことに! 夜用ダイエットサプリ

29.なかったコトに! アデランスコラボサプリメント

30.夜遅いごはんでもDIET

31.夜遅いごはんでもDIET大盛り

32.夜遅いごはんでもDIET(ダイエット) +キレイ

33.夜遅いごはんでもDIET GOLD

34.プレミアム生酵素×ブラックジンジャー

35.プレミアム生酵素×スーパーフード

36.クリーンイーティングサプリ

37.Veggie Dell

38.チュアカット レモン

39.チュアカット ベリーヨーグルト

40.ぱっくん分解酵母

41.ぱっくん分解酵素

42.3倍ぱっくん分解酵母 プレミアム

43.メタバリア スリム

44.メタバリア スリムプレミアム

45.飲む食べる私のサプリ

46.食べてもDiet

 

————-【ドリンク】————-

47.GypsophilA(ジプソフィラ) 飲む生酵素

48.メタボリック イースト×エンザイム ダイエットドリンク

49.ぎゅっと濃縮 飲む酵素

50.イースト×エンザイムダイエット ゼリー

 

.考慮した点その①

酵素不足の原因として、食品添加物の多い食事の摂取があげられます。

 

添加物のすべてが悪いものというわけではなく摂取量さえ守ればほとんどが安全なものですが、添加物を分解するために体内の消化酵素を無駄遣いしてしまう、という点は否めません。ということは、酵素・酵母商品においても人工添加物は最小限に抑えたいですよね。

よって、アスパルテームなどの人工甘味料、安息香酸Naといった保存料、特定のできない香料、酸味料、増粘多糖類などの表記がある下記の商品はランク外としました。

 

—————【粉末】—————

1.ジプソフィラ 生酵素抹茶スムージー シェイカー付き

2.ジプソフィラ 大人の生酵素グリーンスムージー シェ イカー付き

3.リブ・ラボラトリーズ クレンズ ダイエット ハニーレモン

4.リブラボラトリーズ クレンズ ダイエット アップルベリー

5.ベジエ アサイー 酵素スムージー 200g

6.ベジエ グリーン 酵素スムージー 200g

7.なかったコトに! スムージー ミックスフルーツ風味

8.ミネラル酵素グリーンスムージー 豆乳抹茶味

9.LAB マンゴー&ベジタブルグリーンスムージー

10.LAB ベリー&バナナグリーンスムージー

11.メタボリック エンナチュラル グリーンスムージー

12.メタボリック エンナチュラル アサイーベリースムー ジー

13.メタボリック エンナチュラル マクロビ雑穀スムー ジー

15.ドクターシーラボ 美禅食 カカオ味 ダイエットシェイク

16.ファイン グリーンモーニングスムージー ミックス フルーツ風味

 

———-【錠剤・カプセル】———-

18.GypsophilA(ジプソフィラ) すいそとこうそ

25.水素×生酵素

38.チュアカット レモン

39.チュアカット ベリーヨーグルト

 

————-【ドリンク】————-

47.GypsophilA(ジプソフィラ) 飲む生酵素

48.メタボリック イースト×エンザイム ダイエットドリンク

49.ぎゅっと濃縮 飲む酵素

50.イースト×エンザイムダイエット ゼリー

 

 

この時点で、ドリンク・粉末タイプはほぼなくなってしまいましたね。

 

 

2.考慮した点その②

酵素・酵母は熱に弱いという特徴があり、基本的には47度以上で変性・失活します(中には70度までの熱にも耐えるものはありますが少数です)。

 

一般的に酵素と呼ばれている植物発酵エキスですが、粉末にするには冷却乾燥など特殊な技術を用いて製造したもの以外は、水分を蒸発させるための加熱処理が必要になります。

ということは、植物発酵エキス”末”を原材料とする商品は、熱によって酵素が既に失活している粉末である可能性が高く、酵素がしっかり働くのか信憑性に欠けてしまいますよね。

もし特殊な技術で非加熱製造しているのであれば、おそらく商品特長にあがるはずです。

 

試しに、「イースト×エンザイム」シリーズのお客様窓口に問い合わせてみましたが、原材料のトップに記載のある”植物発酵エキス末”は、やはり加熱処理したものを使用しているとのことでした。(ただし、この商品に関しては配合成分の酵母ペプチドのみで考えるとダイエット効果は期待できるので、ランキングには残すことにしました。)

 

また乾燥酵母に関しても、乾燥にする時点で加熱処理が行われる可能性が高いですが、失活した酵母でも酵母自体にビタミンやミネラルなどの栄養素が豊富な場合が多いため迷いました。

なので、今回の商品の中で唯一”乾燥酵母”の記載があった「ぱっくん分解酵母」シリーズのお客様窓口に問い合わせてみました。

原材料の乾燥酵母はいわゆるドライイースト(イースト菌)で2粒中に75mg含有しているとの返答。乾燥酵母という表記ですが、パン酵母と考えると発酵能力はありそうです。

ただ、個人的には含有量が少ないように感じます。用途が違うだけで似ている酵母であるビール酵母の有効性報告のそれぞれの用量と比べても少ないです。(ちなみに栄養補給が目的である有名な「エビオス錠」は乾燥酵母1日7125mgの用量設定です。)

http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail96.html

また、他の成分は良いものが配合されていますが、他の商品と含有量を比較すると若干劣っていると感じました。

 

加熱後も残る栄養成分があるとはいえ、酵素・酵母としての働きがあまり期待できず、加えて他に特化した特長がない商品は、今回のランキングからは外したいところです。

よって、”植物発酵エキス末”または”乾燥酵母”の表記がある下記の商品はランク外としました。

 

 

———-【錠剤・カプセル】———-

22.Diet 酵素

23.爽快酵素

36.クリーンイーティングサプリ

37.Veggie Dell

40.ぱっくん分解酵母

41.ぱっくん分解酵素

42.3倍ぱっくん分解酵母 プレミアム

45.飲む食べる私のサプリ

 

 

3.考慮した点その③

最終的に、残ったのがこの19商品です。

 

————–【粉末】—————

14.ドクターシーラボ 美禅食 ダイエットシェイク ゴマきな粉味

 

———-【錠剤・カプセル】———-

17.GypsophilA(ジプソフィラ) 生酵素

19.メタボリック イースト×エンザイムダイエット

20.イースト×エンザイムダイエット ビューティ

21.メタボリック イーストxエンザイムダイエット クリーンプラス

24.なま酵素美人

26.なかったコトに! カロリーバランスサプリ

27.なかったコトに!R40

28.なかったことに夜用ダイエットサプリ

29.なかったコトに! アデランスコラボサプリメント

30.夜遅いごはんでもDIET

31.夜遅いごはんでもDIET大盛り

32.夜遅いごはんでも DIET(ダイエット) +キレイ

33.夜遅いごはんでもDIET GOLD

34.プレミアム生酵素×ブラックジンジャー

35.プレミアム生酵素×スーパーフード

43.メタバリア スリム

44.メタバリア スリムプレミアム

46.食べてもDiet

 

成分は商品によって異なり、どの商品が良いかというのは人それぞれ目的によって異なります。

 

なので順位付けには悩みましたが、おそらく今回この文章を読んで下さっている方々の中にはダイエット目的の方が多くいらっしゃると思われるので、品質の信頼性を考慮した上で下記のようにランキングを決定いたしました。

 

それでは、ランキングの発表です。

 

 

4.酵母・酵素商品TOP10

第1位

夜遅いごはんでもDIET GOLD

内容量:5粒×30包(1日5〜15粒目安)

価格:4,298円

企業名:新谷酵素

 

口コミでも人気のある、新谷酵素の商品の上級版です。

加熱加工処理を行わない独自の酵素無菌水抽出法で作った、医学博士の新谷氏が開発に関わったとされる「活きている酵素」を使用。また、しっかりと成分量の記載がある点で、原材料の品質への信頼性が高いと評価しました。

標準商品に比べて若干コストは高いものの、5粒中に酵素量が640mg配合されている点が評価ポイントです。

主成分は、麹菌培養エキス-Ri(穀物発酵エキス)、その他、6種類のウコンが合計60mg、5種類のショウガが合計48mg配合されているのが特長。

また、1回分ずつが個包装になっているため飲みやすいと思います。

商品ページも酵素メーカーとしての熱い想いが感じられたので、今回は第1位に選定しました。

 

 

第2位

夜遅いごはんでもDIET大盛り

内容量:180粒(1日6〜18粒目安)

価格:3,758円

 

夜遅いごはんでもDIET(ダイエット) +キレイ

内容量:180粒(1日6〜18粒目安)

価格:3,758円

 

夜遅いごはんでもDIET

内容量:35粒(1日5〜15粒目安)

価格:1,058円

 

企業名:新谷酵素

 

第1位と同意見で、同シリーズを第2位にいたしました。

「夜遅いごはんでもDIET大盛り」と「夜遅いごはんでもDIET+キレイ」はどちらも、6粒中に酵素量が560mgです。

「夜遅いごはんでもDIET 大盛り」の商品は、標準商品に5種類のウコンと2種類のショウガを配合しているのが特長。

また、「夜遅いごはんでもDIET+キレイ」の商品は、標準商品にフィッシュコラーゲン、サメ軟骨抽出物、ザクロエキスなどの美容成分を配合しているのが特長です。

 

また、シリーズの標準商品である「夜遅いごはんでもDIET」は、5粒中に酵素量が400mgですが、ギムネマシルベスタエキス、有胞子性乳酸菌、酵母ペプチド、ジンジャーエキスなどが配合されています。

 

酵素量が多いに越したことはないですがコストを考えると標準商品でも十分だと思ったため、3商品が同立2位です。

 

 

第3位

メタボリック イースト×エンザイムダイエットクリーンプラス

内容量:60粒(1日2〜4粒目安)

価格:1,782円

 

イースト×エンザイムダイエット ビューティー

内容量:132粒(1日2〜4粒目安)

価格:3,890円

 

メタボリック イースト×エンザイムダイエット

内容量:132粒(1日2〜4粒目安)

価格:3,024円

 

企業名:メダボリック

 

上記で述べた通り、残念ながら一番含有量の多い植物発酵エキス末の酵素としての働きは期待できない商品です。

けれども配合されている酵母ペプチドに関しては、1日250mg以上摂取することでダイエット効果が期待できるという臨床データが韓国高麗大学のソ・ヒョンジュ教授により発表されています。

https://www.dnf10.info

どの商品も2粒中に酵母ペプチド125mgとパッケージ記載されているので、1日4粒の摂取をおすすめいたします。

個人的には標準商品の「イースト×エンザイムダイエット」で良いかと思いますが、肌荒れが気になる方は乳酸菌・セラミド・ハトムギ・ローズヒップがプラスされた「ビューティー」を、冷え性でむくみやすい方は、コーンシルク・ヒハツ・メリロートがプラスされた「クリーンプラス」をおすすめします。

 

4~6位は、いずれもダイエットに関与する主成分が違うので食生活の違いでおすすめする商品は変わりますが、脂質カットよりも糖質カットの商品、成分量が記載してある商品、という点を考慮して今回は順位付けしました。

脂質カットの方が糖質カットよりもカロリーを効率的にカットできてダイエットに効果的では?という話もありますが、カロリーを減らしても糖質をたっぷり食べているうちは痩せられません。

 

また、低糖質の食事と低脂質の食事では、低糖質の食事の方が心血管系の病気の発症率を抑えるというデータがあり、低脂質が必ずしも健康的とは限らないということで、アメリカの食事摂取基準では2015年から脂質摂取の上限に対する勧告は撤廃されています。

 

食事のバランスが大切ですが、ダイエットのために極端に脂質を減らす必要はないと考えます。

(ただし炭水化物は我慢できるけど脂っこいものを過剰に食べ過ぎてしまうという方には、脂質カットの商品がおすすめです。)

 

第4位

メタバリア スリム

内容量:120粒(1日8粒目安)

価格:2,179円

企業名:富士フィルム

 

医薬品も製造している富士フィルムの商品で、独自の特許技術を用いて錠剤化しています。

糖質の吸収を抑える働きがあるサラシア由来サラシノールが主成分。その他、含有量は不明ですが、多い順に、食物繊維、ケルセチン配糖体、クロム酵母、赤ワインポリフェノールが配合。

人数は少ないもののサラシアの臨床データがあるということで、機能性表示食品に指定。

炭水化物がお好きな方はおすすめの商品です。ただし、体質に合わない方もいらっしゃいますのでご注意を。

また、メタバリア スリムプレミアムの方が良いイメージがありますが、メタバリアスリムで十分ではないかと個人的には考えます。

 

「サラシア由来サラシノール0.8mg(スリム)」「サラシア濃縮エキス240mg(スリムプレミアム)」と、主成分表記がどちらも異なっているのでメーカーに問い合わせたところ、主成分のサラシノールの含有量は、ほぼ同じとの回答でした。

 

メタバリアスリムプレミアムは、糖だけではなく脂の吸収も抑えるのが特長ですが、海藻ポリフェノール・トウガラシエキス・ヒハツエキスが配合されている分、若干割高の価格です。

 

ただ、糖質ダイエットにおいては、良質な脂質の摂取は大切です。

なので、プレミアムではなくメタバリアスリムの方で十分だと判断しました。

 

 

第5位

なかったコトに!R40

内容量:360粒(1日4〜12粒目安)

価格:3,400円

企業名:グラフィコ

 

人気の「なかったコトに!」のシリーズです。他に「なかったコトに! カロリーバランスサプリ」「なかったことに!夜用ダイエットサプリ」「なかったコトに! アデランスコラボサプリメント」もあり、それぞれ成分が違うので迷いましたが、この「R40」は標準商品の成分に加えて108種の植物発酵エキス、ビタミン、アミノ酸などが配合されているので、上位にランク付けました。

糖質の吸収を抑える働きがある白インゲン豆エキスが主成分。他には、サラシア、ハス葉、α-リポ酸、L-カルニチン、L-オルニチンなどが配合されています。

また、GMP認定を受けた工場で徹底した品質管理のもとで製造しているとのこと。

コスパが良く、成分の配合としては良いものですが、含有量が明確でないためメタバリアスリムよりも下位にしました。(インターネット検索すると標準商品の成分量が載っている記事がありましたが、現在はメーカーの公式サイトには成分量の記載はありません。)

 

 

第6位

食べてもDiet

内容量:180粒(1日6粒目安)

価格:1,922円

企業名:井藤漢方製薬

 

製薬メーカーの商品ということもあり、成分量の記載はしっかりしていて、品質は信頼性のあるものだと思われます。

脂肪の吸収を抑える働きがある黒烏龍茶エキスが主成分。6粒中に160mg(タンニン58mg)。他には、ギムネマ・シルベスタ、白インゲン豆、ブラックジンジャー、スレンデスタ(ジャガイモエキス)、キトサンが配合。

炭水化物よりも油っこい食事を好まれる方にはおすすめのサプリメントです。

 

 

以下からは、生酵素の商品が並びます。

 

 

第7位

GypsophilA(ジプソフィラ) 生酵素

内容量:60粒(1日6粒目安)

価格:2,037円

企業名:ジプソフィラ

 

野菜・果物・野草・穀物など計222種類の天然素材を凝縮した植物発酵エキスが配合。コエンザイムQ10、Lーカルニチン、乳酸菌、ビタミンB1が配合されているのも特長です。

生酵素、ということで、国内の醸造元で熱をかけずに、より自然に近い状況のもと、水分とアルコールを飛ばして植物酵素を抽出。また、補酵素のビタミンB1により、酵素が活性化するといわれています。

NPO法人日本サプリメント評議会により”安心・安全サプリメント”として評価されています。

サプリメント管理士の資格を持つスタッフによるお客様サポート窓口があるのは安心な点です。

ただ、どの生酵素サプリメントにも当てはまることですが、原材料の含有量が明確でないため、上位商品よりも下位に位置づけました。

 

 

第8位

プレミアム生酵素×ブラックジンジャー

内容量:60粒(1日2粒目安)

価格:1,944円

企業名:ボーテサンテラボラトリーズ

 

プレミアム生酵素×スーパーフード

内容量:90粒(1日2粒目安)

価格:1,944円

企業名:ボーテサンテラボラトリーズ

 

どちらも230種類の植物を長期熟成発酵させた植物発酵エキスが配合。生酵素ということで、非加熱で製造しています。

 

種類の数としては第7位のジプソフィラ生酵素よりも若干多めですが、いずれの商品もエキス量が明確ではないので酵素に関しては大差ないと判断。ただ、他の配合成分と品質の保証といった点で、ジプソフィラ生酵素の方を上位にしました。

 

なお、スーパーフード配合の商品はビタミンB1が入っているため、栄養機能商品に分類されています。ブラックジンジャー配合の商品は、補酵素のビタミンB1は配合されていないため、酵素の働きを重視すると、スーパーフード配合商品の方が美容・健康に良いと期待できます。

 

ただ、ブラックジンジャーはダイエット効果も期待できるので、順位が付け難いということで同立8位にしました。(なお、ブラックジンジャー配合の方が価格は割高です。)

 

 

第9位

なま酵素美人

内容量:60粒(1日2粒目安)

価格:1,980円

企業名:Pinky plus

 

野菜・果物・野草類など合計80種類以上を使用し、1年〜1年半発酵・熟成させている生酵素です。

なお、着色料にカラメル色素の使用がありますが、危険性はないと考えます。

植物発酵エキス量が明確ではないため酵素に関しては大差ない可能性は高いのですが、第8位の商品よりも植物数は少ないため、第9位としました。

 

 

以下、気軽に継続できるかどうかという点でサプリメントよりも下位に設定しました。

 

 

第10位

ドクターシーラボ 美禅食 ダイエットシェイク ゴマきな粉味

内容量:462g(15.4g×30包)

価格:3,240円

企業名:ドクター・シーラボ

 

粉末タイプの中で唯一、人口添加物が入っていないものということで評価しました。

化粧品メーカーとして有名なドクターシーラボの商品です。

野菜、果物、穀物が合計30種類以上に加えて、コラーゲンやビタミンC、食物繊維が配合された健康食品で、1食置き換えダイエットされたい方におすすめの商品です。

味も重要ポイントですが、ゴマきな粉味は個人的には牛乳に混ぜると個人的には美味しかったです。

ちなみに、口コミではカカオ味が美味しいと人気でしたが、カカオ味の香料が特定できなかったので今回はランク外にしました。(メーカーに問い合わせたところ、植物性の油脂や植物由来のものが香料として想定されるけれども人工的なものの可能性もあります、との回答でした。)

 

 

5.おわりに

いかがでしたでしょうか?皆さんが注目されていた商品はランクインしていましたか?あくまで私個人の基準で決定したランキングですのでご了承下さい。

けれども、どの商品も良い宣伝文句ばかりで良質なものかどうかの見極めは非常に難しいと痛感しました。

何を重視するかでおすすめの商品は変わりますが、商品を購入される前に是非とも商品PR文だけでなく原材料もチェックしてみて下さい。

今回は、粉末タイプとドリンクタイプは人口添加物の点でランク外にしましたが、液体が良い方には自家製フレッシュジュースやスムージーを新鮮な生野菜や果物から作っていただくことをおすすめします。

また、ダイエットも健康保持も毎日の生活が基盤です。サプリメントの購入前に、まずは食生活の見直しから心掛けるようになさって下さいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。このランキングが酵素・酵母商品を選ぶ際の参考になりましたら幸いです。

 

 

参考:

スムージースペシャリスト資格取得講座テキスト

発酵の技法(著者:Sandor Ellix Katz、訳:水原文)

糖質オフと栄養の科学(監修:斎藤糧三医師・大柳珠美管理栄養士)

「健康食品」の安全性・有効性情報サイトhttps://hfnet.nih.go.jp(国立健康・栄養研究所)

 

 

 

執筆
薬剤師:響野 ユカ
この執筆者の記事をもっと見る